CマウントカメラにニコンFマウントレンズを取付可能にするアダプター

産業用・監視用でのCマウントカメラでの使用に最適。

株式会社ケンコー・トキナー(本社:東京都中野区、代表取締役社長:山中 徹)は、監視カメラなどで使用されているCマウントカメラに、ニコンFマウントレンズを取り付け可能にする変換アダプター「Cマウントアダプター ニコンF用」の販売を、2016年7月より開始いたします。希望小売価格は5,980円(税別)。
Cマウントアダプター ニコンF用
ニコンFマウントのレンズが、監視カメラ等で使用されているCマウントカメラに取付可能に。(絞りリング付レンズを推奨)

 

ニコンの一眼レフ用レンズをCマウントカメラに変換するアダプター。
Cマウント採用の産業用カメラに、ニコンFマウントレンズを取り付けられるようになります。

 

絞りの設定を行う場合は、レンズ側の操作が必要です。そのため、レンズ後部に「絞りリング」が付いたレンズをお使いください。

外装仕上げ:半艶黒色塗装

JANコード:4961607500071
希望小売価格:¥5,980(税別)

長さ:約32mm
最大径:60mm
重量:約85mm
 

 

■Cマウントとは(JISB7127)

Cマウントは下記寸法ねじマウントで、CCDカメラ、ビデオカメラ、16mmカメラの一部機種に採用されているマウントです。
【レンズ取付ねじ】 外径基本寸法:25.4mm、ねじ山数(25.4mmにつき)32
【フランジ焦点距離】 17.526mm
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ケンコー・トキナー >
  3. CマウントカメラにニコンFマウントレンズを取付可能にするアダプター