ニコンサロン年度賞 第45回「伊奈信男賞」 第22回「三木淳賞」受賞作品決定

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)および株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:北端 秀行、東京都港区)は、両社が運営する公募制の写真展会場「ニコンサロン」の年度賞として、第45回「伊奈信男賞」、第22回「三木淳賞」を決定しました。

第45回「伊奈信男賞」は、2019年8月~2020年12月において、ニコンサロンで開催された写真展の中から最も優れた作品に授与されます。

第45回「伊奈信男賞」 甲斐 啓二郎 写真展「骨の髄 / Down to the Bone」


賞品 : 賞状、正賞(佐藤忠良作「大きな帽子」)、賞金100万円
副賞 ニコンデジタルカメラ
https://www.nikon-image.com/activity/exhibition/salon/awards/ina/winners/45th/

また、第22回「三木淳賞」は、2019年8月~2020年12月において、ニコンサロンで開催された写真展の中から、新進作家で最も優れた作品に授与されます。

第22回「三木淳賞」 飯沼 珠実 写真展
「JAPAN IN DER DDR -東ドイツにみつけた三軒の日本の家」

賞品 : 賞状、正賞(山田朝彦作「無限」)、制作支援金 300万円
副賞 ニコンデジタルカメラ
https://www.nikon-image.com/activity/exhibition/salon/awards/miki/winners/22th/

若手写真家支援活動「Be a Photographer」の一環として、「三木淳賞」受賞者には、制作支援金として300万円が授与され、2年以内に写真展会場「ニコンサロン」において「受賞新作展」を開催することができます。

●ニコンサロン年度賞受賞作品展 第45回 伊奈信男賞 第22回 三木淳賞 受賞作品展
第45回「伊奈信男賞」 甲斐 啓二郎 写真展「骨の髄 / Down to the Bone」
展示期間:ニコンサロン / 2021年3月30日(火)~4月12日(月) 10時30分~18時30分

第22回「三木淳賞」 飯沼 珠実 写真展
「JAPAN IN DER DDR -東ドイツにみつけた三軒の日本の家」
展示期間:ニコンサロン / 2021年4月13日(火)~4月26日(月) 10時30分~18時30分

※日曜休館 / 最終日は15時までです。

ニコンサロン選考委員
委員長 池上博敬(株式会社ニコン 常務執行役員 映像事業部長)
委員 飯沢耕太郎 今森光彦 小髙美穂 佐藤時啓 港千尋
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ニコンIJ >
  3. ニコンサロン年度賞 第45回「伊奈信男賞」 第22回「三木淳賞」受賞作品決定