ニューノーマルの働き方へ オンライン・コミュニケーションをより快適にする「TELECUBE by アイリスチトセ」を共同開発

 アイリスグループのアイリスチトセ株式会社(本社:仙台市、代表取締役社長:大山 富生、以下アイリスチトセ)とテレキューブ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:間下 浩之、以下テレキューブ)は、新型コロナウイルス感染症の長期化に伴う働き方の変化に対応するため、Web会議等のオンライン・コミュニケーションの快適性を向上すると同時に、ソーシャルディスタンスを保ち業務に集中できるフルクローズ(完全密封)型のスマートワークブース「TELECUBE(テレキューブ)by アイリスチトセ」を共同開発し、2021年2月15日より発売を開始します。


 アイリスチトセは、新型コロナウイルス感染症防止対策として、オフィスなどのデスクに簡易に設置することで対面での会話による飛沫を防げる「デスクスクリーン」やテレワークでのオンラインによるコミュニケーションをより快適にする「スタンド式液晶モニター」を相次いで発売し、様々な感染拡大防止ソリューションを提供しています。テレキューブは、働き方改革推進のためにいつでもどこでも仕事のできる環境を作り出し日本における国民の生産性向上に寄与するとともに、未来のドアを開拓し社会に貢献できる企業を目指しています。この度、新型コロナウイルス感染症の長期化に伴う働き方の変化で個室ブースの需要が高まるなか、テレキューブの個室ブースのノウハウとアイリスチトセの商品開発力を掛け合わせることで個室ブースの普及拡大に向け協業します。

 今回発売する「TELECUBE(テレキューブ)by アイリスチトセ」は、様々な場所に容易に設置できるフルクローズ(完全密封)型のスマートワークブースです。内部にはテーブルとイス、電源コンセントなどがあり、Web会議等のオンライン・コミュニケーションの快適性の向上と、ソーシャルディスタンスを保ち業務に集中できる環境を提供します。また、標準装備の天井照明に加えて、左右のフロントコーナー部にLED照明(※1)を設置することでオンライン・コミュニケーションの際の顔の表情を鮮明に映せます。更に壁付液晶モニター(※1)を使用することでマルチ・ディスプレイ※2環境を実現し作業効率を向上できます。

 当社は今後も、アイリスグループの総合力を活かし、幅広い新型コロナウイルス感染予防・防止ソリューションを提案していきます。

■商品特長
1. 優れた遮音性

 遮音性に優れた設計で、周囲を気にすることなく、業務により集中できる環境を提供します。


2. LED照明で顔の表情がはっきり映る
 標準装備の天井照明に加えて、左右のフロントコーナー部にLED照明(※1)を設置することでオンライン・コミュニケーションの際の顔の表情を鮮明に映せます。



3.壁付液晶モニターで作業効率を向上
 フロントパネルに壁付液晶モニター(※1)を取り付けることでマルチ・ディスプレイ(※2)環境を実現し作業効率を向上できます。また、天板のコンセントは2口(※3)で複数の機器を同時に使用できます。



4.優れた通気性
換気ファンを搭載することで、ブース内の空気と外の空気を循環させて快適な環境を保ちます。ファンフィルターは、簡単に脱着可能で、お手入れも簡単です。

 

 



※1 別途オプション料金がかかります。
※2 1台のPCに複数のディスプレイを接続して同時利用すること。
※3 フロント照明取り付け時。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アイリスオーヤマ株式会社 >
  3. ニューノーマルの働き方へ オンライン・コミュニケーションをより快適にする「TELECUBE by アイリスチトセ」を共同開発