モエ・エ・シャンドンがモエ アンペリアルの150年 アニバーサリーを記念しフランス・エペルネにてセレブレーション イベントを開催しました!

2019年5月21日(現地時間)フランス・エペルネにて、モエ・エ・シャンドン社は、モエ アンペリアルの150周年を祝うイベントを開催。かねてより親交の深いセレブレティやインフルエンサーが祝杯をあげました。

 

ハリウッド女優ナタリー・ポートマン、ユマ・サーマン、ファッションアイコン ケイト・モス、2012年よりブランド アンバサダーを務めるテニスプレーヤー ロジャー・フェデラー、また日本からは、音楽プロデューサー兼“AMBUSH®”のクリエイティブディレクターVERBALらが登場し、セレブレーションに華を添えました。

ケイト・モス、ユマ・サーマン、ロジャー・フェデラー、そしてナタリー・ポートマン。 メゾンの迎賓館「シャトー・ド・サラン」をバックに。ケイト・モス、ユマ・サーマン、ロジャー・フェデラー、そしてナタリー・ポートマン。 メゾンの迎賓館「シャトー・ド・サラン」をバックに。

左から ナタリー・ポートマン ケイト・モス ロジャー・フェデラー VERBAL左から ナタリー・ポートマン ケイト・モス ロジャー・フェデラー VERBAL

 

美しくよみがえったメゾンの邸宅「シャトー・ド・サラン」

 

この度、修築を終え5年ぶりにお披露目された「シャトー・ド・サラン」この度、修築を終え5年ぶりにお披露目された「シャトー・ド・サラン」

モエ アンペリアル 150年アニバーサリーの会場となったのは、モエ・エ・シャンドンのブドウ畑を見渡す丘に建つ「シャトー・ド・サラン」。1801年よりメゾンが所有し、かつては狩猟小屋だったこのシャトーは、モエ家の邸宅になったのち、1860年からはメゾンのホスピタリティーを体現する場として、数々のゲストをもてなしてきました。この度、数年にわたる修築ののちに装いも新たになり、その美しい姿が披露されました。

モエ・エ・シャンドンの社長 兼 CEO ステファン・バスキエラは、「今宵、この美しく蘇ったシャトー・ド・サランにゲストを迎え、モエ アンペリアルの誕生150年を盛大に祝い、メゾンの歴史に新たな幕開けの瞬間を刻めることを喜ばしく感じています」と語りました。


世界中で愛されるシャンパン モエ アンペリアルにふさわしい、食の体験

ディナー会場は、この日の為だけにブドウ畑の中に設けた鏡張りの空間。ディナー会場は、この日の為だけにブドウ畑の中に設けた鏡張りの空間。

「シャトー・ド・サラン」でのエレガントなカクテルパーティーの後は、ブドウ畑の中に、この日の為だけに特別に設けられた鏡張りの空間でディナーが行われました。2014年以来、メゾンのアンバサダーシェフを務めるヤニック・アレノと、サンフランシスコの3つ星レストラン「アトリエ・クレン」の共同オーナー 兼 シェフのドミニク・クレンによる未だかつてないコラボレーションが実現し、スペシャルメニューがふるまわれました。

ディナーメニューディナーメニュー

2007年にミシュラン3つ星を獲得し、2014年にモエ・エ・シャンドンのアンバサダー シェフに就任したヤニック・アレノ。パリにある自身のレストラン「パヴィロン・ルドワイヨン」では、大胆で実験的な料理と、モエ・エ・シャンドンのペアリングを楽しむことができます。本イベントのディナーでアレノ氏は、味わい深くクリエイティヴな4品を開発。中でも、イラン産ブラックレモンとオレンジパウダーを散りばめ、スモーク・スカモルツァチーズを添えた、蒸しアミガサダケの一品は注目を集めました。

ディナーの様子ディナーの様子

もう一人のシェフは、サンフランシスコの3つ星レストラン「アトリエ・クレン」の共同経営者 兼 シェフのドミニク・クレン。フランス・ブルターニュ育ちというバックグラウンドに、フランス料理に独自の現代的解釈を加えたクレン氏は、その想像力溢れる料理で、2018年にアメリカの女性シェフとして初めてミシュラン3つ星を獲得しました。アペタイザーに生ワカメを添えたラングスティーヌのタルタルを、それに続いて銀ダラにフレッシュハーブとセロリのムースを添えた一品で、舌の肥えたゲストをを唸らせました。

モエ アンペリアル 150 年 セレブレーションを彩った #MOETMOMENT の数々

左 ディナーでサーブされたのは モエ アンペリアル 150年 アニバーサリー ボトル            右 会場で披露されたエレガンスの象徴 シャンパンタワー左 ディナーでサーブされたのは モエ アンペリアル 150年 アニバーサリー ボトル            右 会場で披露されたエレガンスの象徴 シャンパンタワー

「シャトー・ド・サラン」とそのすそ野に広がるブドウ畑の上に打ちあがる花火 セレブレーションのクライマックス「シャトー・ド・サラン」とそのすそ野に広がるブドウ畑の上に打ちあがる花火 セレブレーションのクライマックス

「モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル 150 年 アニバーサリー」 商品情報

 

1869年に、モエ・エ・シャンドンをこよなく愛した皇帝ナポレオン1世の生誕 100 年を記念し、皇帝(アンペリアル)の名を冠して誕生したモエ アンペリアル。その 150 年アニバーサリーという極めて 大切な節目を記念して、「Impérial (アンペリアル)」の頭文字「 Ⅰ 」を刻んだ限定ボトルを発売します。「 Ⅰ 」の文字はモエ アンペリアルの 150 年にわたる歴史に対し、最高の敬意を表するもの。ボトルの中では、モエ・エ・シャンドンを代表するシャンパンが、乾杯される瞬間を待っています。

モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル   150年 アニバーサリーモエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル   150年 アニバーサリー

商品名: モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル 150年 アニバーサリー
アッサンブラージュ: シャルドネ 20-30%、ピノ・ノワール 30-40%、ムニエ 30-40%
ドザージュ: 9.0 g/l  セラーでの熟成期間: 24カ月  内容量: 750 ml 
希望小売価格: 6,500 円(税抜)販売開始日: 6月5日より順次発売

モエ・エ・シャンドンについて
1743年の創業以来、成功とエレガンスの象徴として愛され続けてきたモエ・エ・シャンドン。「シャンパンの魔法を 世界中に」という願いのもと、洗練されたシャンパンを人々に届け、魅了してきました。モエ・エ・シャンドンは、祝福と称賛のシンボル、華やかでラグジュアリーといったシャンパンのイメージそのものを創造し、人々に定着させてきたのです。時代を超え、様々なセレブレーションシーンを彩り続けるモエ・エ・シャンドン。高い品質と豊かな泡立ち、美しく芳醇な味わいで、モエ・エ・シャンドンは276年にも及ぶ伝統を重んじながら技術革新を牽引し、未来へと続く持続可能なシャンパン造りを続けています。

【オフィシャル動画(YouTube)】
https://youtu.be/aWiW7xYlaIs

モエ・エ・シャンドン公式サイト: https://moet.jp/
公式LINEアカウント: https://moet.jp/line/
Facebook: https://www.facebook.com/moet.jp
Instagram: https://www.instagram.com/moetchandon/
#MOETMOMENT #モエモーメント
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社 >
  3. モエ・エ・シャンドンがモエ アンペリアルの150年 アニバーサリーを記念しフランス・エペルネにてセレブレーション イベントを開催しました!