スマートフォンで最も閲覧するのは、10代は「ゲーム」、20代は「動画」

『動画&動画広告 月次定点調査(2019年4月度)』


~10代、20代の約4割が、動画コンテンツを日常的にシェア~
 株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『動画&動画広告 月次定点調査(2019年4月度)』の結果を発表します。本調査は、17歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。
 また、集計データとしてまとめた全69ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。


【調査結果の概要】         
                                              
■10代がスマートフォンで最も閲覧するのは「ゲーム」、20代は「動画」
スマートフォンで最も閲覧頻度が高い情報(コンテンツ)として、一番多くのスマホユーザーから挙がったのは「ニュース」(16.4%)、次いで「友人や知人からのメッセージ」(13.9%)、「気温や天気などの情報」(10.8%)でした。10代に限ってみると「ゲーム」が最も多く(14.0%)、次いで「動画」(11.6%)、20代は「動画」が最も多く(15.0%)、次いで「友人や知人からのメッセージ」「友人や知人のSNSのタイムライン」(ともに、11.1%)でした。

■10代、20代の約4割が、動画コンテンツを日常的にシェア
週に1回以上、動画コンテンツを視聴する人のうち、動画を「頻繁にシェアする」人は8.2%、「ときどきシェアする」人は16.6%、「あまりシェアしない」人は22.7%、「シェアしたことはない」人は47.3%でした。10代に限ってみると「頻繁にシェアする」人は12.3%、「ときどきシェアする」人は24.7%、20代では「頻繁にシェアする」人は15.0%、「ときどきシェアする」人は26.3%でした。10代と20代の約4割は、日常的に動画コンテンツをシェアしているようです。

■動画を最もシェアするのは「YouTube」。次いで、「Twitter」
動画コンテンツを「頻繁にシェアする」「ときどきシェアする」人に、シェアするサービスを聞いたところ、「YouTube」が最も多く(61.8%)、次いで「Twitter」(54.2%)、「LINE」「Instagram」(ともに、41.7%)、「Facebook」(41.0%)でした。男女差が最も大きかったのは「Instagram」で、男性が35.4%に対し、女性は50.0%でした。※複数回答あり。
  
■20代の約2割が、「花見の動画」をSNSに投稿
2019年の花見で「画像をSNSに投稿した」人は11.5%、「動画をSNSに投稿した」人は7.3%でした。花見の動画をSNSに投稿した人の割合を年代別に見てみると、10代(14.0%)と20代(19.0%)が他の年代に比べて高いことがわかりました。また、花見の動画を投稿したSNSとして最も多くの人から挙がったのは「Instagram」(58.8%)、次いで「Twitter」(47.5%)、「LINE」(46.2%)、「Facebook」(41.2%)でした。※複数回答あり。
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジャストシステム >
  3. スマートフォンで最も閲覧するのは、10代は「ゲーム」、20代は「動画」