【発売即増刷!】話題の絵本『ママはかいぞく』(光文社刊)の読み聞かせ動画がSBSテレビ公式YouTubeチャンネルで公開!

日本テレビ『世界一受けたい授業』で、芥川賞作家&芸人・又吉直樹さんのお薦め絵本として紹介!

光文社より2020年3月25日(水)に発売され話題となっている絵本『ママはかいぞく』の読み聞かせ動画が、SBSテレビ(静岡放送)の公式YouTubeチャンネルで、「おうち DE 絵本 SBSアナ読み聞かせ」のシリーズの一つとして公開されました。

●おうちDE絵本 「ママはかいぞく」
https://youtu.be/ZcgQN-DLAsY

 

また、5月16日(土)に放送された『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)の特集“外出自粛が続く今だからこそ読みたい! 大人も子どもも楽しめる絵本!”で、芥川賞作家&芸人・又吉直樹さんのお薦めする絵本として紹介されました。
 

 

【内容】
ぼくのママは かいぞくなんだ。
ふねのなまえは 〈カニなんてへっちゃら〉ごう。
もう なんかげつもまえから ママは たからのしまを めざして、
かいぞくなかまと そのふねで たびをしている。
たびから かえってくると、ママは いつも とてもつかれているみたい。

このえほんには、もうひとつのおはなしがかくれています。

主人公の少年のママは、日々、海賊の仲間たちと宝島を目指して航海に出かける。
帰宅すると具合が悪そうにぐったりするママ……。日に日に元気がなくなり、
食欲も落ちていくが、宝島を見つけた日を境に元気を取り戻していく。
一見、たわいないストーリーだが、裏の真のストーリーに気づいたとき、
感動が押し寄せてくる。フランスで話題になった、類のない大人も楽しめる仕掛け絵本。

 

【著者略歴】
カリーヌ・シュリュグ(Karine Surugue)
リールのビジネススクール(EDHEC)で修士号を取得したのち、フリーのコンサルタントとなる。現在はモンテッソーリ教育法の教師を務めながら、絵本を執筆。パリ在住。四児の母でもある。

【訳者略歴】
山本知子(やまもと ともこ)
フランス語翻訳家。絵本から政治・経済系ノンフィクションまで幅広いジャンルの翻訳を手がける。児童向けの訳書に『カバくんのおしり』(ソニーマガジンズ)、『旅するヤギはバラードを歌う』(早川書房)、『おばあちゃんに会いたい』(サンマーク出版)、『どうぶつピラミッド』(NHK出版)、『タラ・ダンカン』シリーズ全12巻(共訳、KADOKAWA/メディアファクトリー)などがある。

【書籍詳細】
書名:『ママはかいぞく』
文:カリーヌ・シュリュグ
絵:レミ・サイヤール
訳:山本知子
発売:光文社
発売日:2020年3月25日
定価:本体1,500円+税
判型:A4判変形ハードカバー
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社光文社 >
  3. 【発売即増刷!】話題の絵本『ママはかいぞく』(光文社刊)の読み聞かせ動画がSBSテレビ公式YouTubeチャンネルで公開!