独自の「蓄冷材」を応用したトップアスリート向け商品を開発

スポーツシーンで、深部体温の上昇抑制効果が期待できる業界初(※1) TEKION暑熱対策グローブ と 業界初(※2) TEKIONアイススラリー(※3)BOX

シャープは、独自の「蓄冷材」を応用した2種類の新規商品を創出すべく、スポーツトレーニング分野で実績を持つ株式会社ウィンゲート(東京都板橋区、代表取締役:遠山健太、以下ウィンゲート)と取り組んでおります。

1点目は、デサントジャパン株式会社(東京都豊島区、代表取締役社長:小川典利大、以下 デサント)を含めた3社が共同開発した、深部体温の上昇抑制効果が期待できる業界初のTEKION暑熱対策グローブです。新規に開発した着脱しやすい専用グローブの内側ポケットに、冷たすぎず、かつ快適で冷却効果の高い12℃の蓄冷材を装着。手のひらを適切な温度に冷やすことで深部体温の上昇を抑制する効果が期待でき、ランニングやウォーキングをはじめとしたスポーツシーンでの暑熱対策グッズとしてご使用いただけます。早期実用化を目指して、世界のトップアスリートが活躍するマラソンや競歩などの国内外競技大会で、今秋より実証実験を進めます。

2点目は、当社とウィンゲートが暑熱対策グッズとして共同開発した、微細な氷の結晶を含んだ飲料「アイススラリー」を電源なしで簡単につくれる業界初のクーラー容器 TEKIONアイススラリーBOXです。「アイススラリー」は氷が体内で融ける際に大量の熱を奪うため、冷蔵庫などで冷やした飲料よりも効果的に体を冷やすことができます。TEKIONアイススラリーBOXは、現在、株式会社セレッソ大阪(大阪府大阪市、代表取締役社長:森島寛晃)や株式会社楽天野球団(宮城県仙台市、代表取締役社長:立花陽三)の東北楽天ゴールデンイーグルスといったプロスポーツチームにて実証実験中です。

当社が長年にわたる液晶材料の研究で培った技術を応用した「蓄冷材」は、「-24℃~+28℃(※4)で融け始める氷の状態で蓄冷(※5)できる」という特長を持ちます。当社は、社内ベンチャー「TEKION LAB(テキオンラボ)」を中心に、これまでの「美食」分野に加え、「スポーツ」「美容」「医療」「物流」などの分野での商品創出やサービス提供に取り組んでまいります。

■ 主な特長
1.手のひらを冷やすことで深部体温の上昇抑制効果が期待できる業界初 TEKION暑熱対策グローブ
2.微細な氷を含んだ飲料を電源なしでつくれる業界初 TEKIONアイススラリーBOX

※1 手のひらを冷やすことで深部体温の上昇抑制効果が期待できるスポーツ用品のグローブとして。
※2 スポーツ用品のクーラー容器として。
※3 微細な氷と液体が混合した、胃腸への負担が少ない冷却飲料。
※4 開発中の温度帯のものを含みます。
※5 本「蓄冷材」は特定の温度で融け、固体から液体に変化します。この時、周囲の熱を吸収することにより、材料自体のみならず、その周囲の空気や接触している対象物を特定の温度に保持する機能を有します。保持できる温度や時間は、蓄冷材の使用量や使用条件によって異なります。

※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
   ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
https://corporate.jp.sharp/news/190913-b.html

【プレスリリース全文(PDF版)】
https://corporate.jp.sharp/news/190913-b.pdf
  1. プレスリリース >
  2. シャープ >
  3. 独自の「蓄冷材」を応用したトップアスリート向け商品を開発