世界ランキング1位 プロ車いすテニスプレーヤー国枝慎吾選手に「麗澤フェロー第1号」

永遠の友情の証としての称号 2021年4月2日 授与

麗澤大学(千葉県柏市/学長:徳永澄憲)は、2021年4月2日に執り行われた入学式において、本学の卒業生で現在、世界ランキング1位のプロ車いすテニスプレーヤーである国枝慎吾選手に「麗澤フェロー第1号※」の称号を授与しました。
※「麗澤フェロー」とは:政治、経済、文化、スポーツ等の各界において国内外で活躍し、「麗澤」を代表する者に授与する今年度より新設された称号。フェローの名のとおり、永遠の友情・仲間という意味も含む。

国枝選手はプロとして4度パラリンピックに出場し、金メダル3個、銅メダル2個を獲得。また、グランドスラム シングルス28勝、年間グランドスラムを5回獲得するなど国内外から高い評価を受ける日本を代表する選手です。また国枝選手の活躍は、車いすテニスの普及・発展に留まらず、同じような境遇の人々、そして子どもたちにとっての大きな希望となっています。麗澤の名を高め、麗澤精神の体現者として多大な貢献があったことを認め、この度「麗澤フェロー」の称号を授与することとなりました。

授与式は1年ぶりに開催された麗澤大学入学式において実施しましたが、新型コロナウイルス感染防止の観点から、入学式ならびに授与式への参加は入学者ご本人および教職員に限らせていただき、保護者・ご家族の皆様には式典の様子をライブ配信にてご覧いただきました。

式典にて国枝選手は「大変栄誉ある麗澤フェローの称号を授与していただき心より御礼申し上げます。麗澤フェローとして皆様に少しでも元気を届けられるような活動を今後ともしていきます。麗澤大学はあなたの頑張りたいことをきっと応援してくれます。大学4年間の中で自分の何かひとつ胸を張れることが見つかれば今後の人生に素晴らしいものが待っていると思っています。皆様の大学生活が有意義なものになることを願っています。」と挨拶の言葉と新入生への激励の言葉を述べました。
 

 

【国枝慎吾 (くにえだ しんご)選手プロフィール】
プロ車いすテニスプレーヤー。1984年東京都出身。麗澤高校、麗澤大学国際経済学部(現在の経済学部)卒業。在学中に開催された2004年アテネパラリンピックにて車いすテニスダブルス金メダルを獲得。卒業後は本学職員として2年間勤務。その後も3度のパラリンピックに出場。2021年3月時点でITFランキング 車いす男子シングルスランキング1位、ダブルスランキング5位。

【取材について】
国枝選手への個別取材はお受けできません。あらかじめご了承ください。
「麗澤フェロー」についてのお問い合わせはお受けしております。
ご希望の方は下記【本件に関するお問合せ先】へご連絡ください。

【麗澤大学について】
麗澤大学は昭和10年、創立者の廣池千九郎(法学博士)が「道徳科学専攻塾」を現在のキャンパス(千葉県柏市光ヶ丘)に開塾したことから始まります。心豊かな人間性を養い、国際社会に貢献できる人材の育成をめざし、今では大学・高校・中学・幼稚園を開設しています。また留学生の受け入れも積極的に行っており、キャンパスには世界約30の国・地域から留学生が集まり、さまざまな言語が飛び交っています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 麗澤 -Reitaku- >
  3. 世界ランキング1位 プロ車いすテニスプレーヤー国枝慎吾選手に「麗澤フェロー第1号」