本州&九州縦断!いつでもどこでも“ミヂカ”で“ベンリ”

新青森駅〜鹿児島中央駅間の東北・東海道・山陽・九州新幹線全駅にタイムズカーシェア設置

 タイムズ24株式会社(本社:東京都品川区、社長:西川光一)は、7月29日(月)より、九州新幹線の筑後船小屋駅において、カーシェアリングサービス「タイムズカーシェア」を開始いたします。これにより、新青森駅から鹿児島中央駅までを結ぶ東北・東海道・山陽・九州新幹線の停車駅全てに「タイムズカーシェア」の設置が完了いたします。
 2019年6月末現在、「タイムズカーシェア」は全国47都道府県で12,192件のステーションに25,611台の車両を配備、約122万名の会員の皆様にご利用いただいている国内最大のカーシェアリングサービスです。2009年のサービス開始以来、“ミヂカ”“オトク”“ベンリ”をコンセプトに、車両数や展開エリアの拡大に努めてまいりました。展開エリアは多岐にわたり、住宅街や繁華街、オフィス街などの他、観光や出張時の移動拠点となる鉄道駅や空港などへも積極的にクルマを配備しています。

 特に、新幹線駅周辺へのクルマ配備を強化しており、既に国内の新幹線107駅のうち、8割以上の駅周辺にステーションを設置しています。これにより、駅からの二次交通による行動範囲の拡大や柔軟なスケジュールの組立てが可能となったため、観光およびビジネス双方のご利用者から好評いただいております。
 また、鉄道とカーシェアリングを組合せて移動する「レール&カーシェア」の活用により、渋滞回避や運転時間の短縮に繋がることから、労働時間の短縮、業務効率化をはじめとする働き方改革に取組む法人会員様のご利用も増加傾向にあります。 

 このたびの筑後船小屋駅へのステーション開設により、東北新幹線・東海道新幹線・山陽新幹線・九州新幹線の全ての停車駅(68駅)でカーシェアリングサービスをご利用いただけるようになりました。今後は、この4路線以外の新幹線全駅および在来線全駅へのステーション開設を目指してまいります。 

 タイムズ24はこれからも、より効率的かつ快適な移動の実現に向けて、鉄道駅や空港、港など、あらゆる交通結節点への車両配備を積極的に進め、「タイムズカーシェア」のさらなる利便性向上に努めてまいります。

■各ステーションでの活用事例


 【参考】
タイムズカーシェア概要(2019年6月末現在)

 “ミヂカ”“オトク”“ベンリ”をコンセプトに、47都道府県に12,192ステーション・25,611台を展開する国内最大のカーシェアリングサービスです。24時間365日いつでも、15分という短時間から利用できる手軽さが評価され、現在では約122万人の方にご利用いただいています。


■タイムズカーシェア利用方法
1.携帯電話やパソコンなどで予約をしてカーシェアリングステーションへ
2.リアガラス等にあるカード読み取り部分に会員カードをかざし、車両のドアロックを解除
3.助手席の前のグローブボックス内にあるキーボックスから、クルマのキーを取り出す
4.通常のクルマと同じ操作方法で運転。返却は借りたカーシェアリングステーションへ

-----------------------------------------------------------
【サービス】
・カーシェアリングなら「タイムズカーシェア」
https://share.timescar.jp/

・レンタカーなら「タイムズカーレンタル」
https://rental.timescar.jp/

・駐車場をお探しなら「タイムズ駐車場検索」
https://times-info.net/

・ポイントがたまる「タイムズクラブ」
https://www.timesclub.jp/
-----------------------------------------------------------
  1. プレスリリース >
  2. パーク24株式会社 >
  3. 本州&九州縦断!いつでもどこでも“ミヂカ”で“ベンリ”