ニコンミラーレスカメラ「Z シリーズ」の最新ファームウェアを4月26日から公開

ファームウェアのアップデートで使いやすさがさらに向上!

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)は、ミラーレスカメラ「ニコンZ 7II」「ニコンZ 6II」のファームウェアVer. 1.20、「ニコン Z 7」「ニコン Z 6」のファームウェアVer.3.30、「ニコンZ 5」のファームウェアVer. 1.10および「ニコン Z 50」のファームウェアVer.2.10を4月26日15時に公開します。
「Z 7II」「Z 6II」用のファームウェアVer. 1.20では、AF性能が向上します。低輝度撮影時のAFにおいて、合焦時間が短縮。さらに、スピードライトを装着した場合に、顔、瞳を検出しにくかったシーンでの検出性能と、ファインダーや画像モニターでの被写体の視認性が向上し、AF使用時の使い勝手が良くなりました。また、顔、瞳、ターゲット追尾AFの追尾枠の追従性も良くなり、撮影時のストレスを軽減し、より快適で安定した撮影を実現します。

「Z 6」用ファームウェアVer.3.30では「音声メモ入力/再生機能」が追加※されます。

「Z 5」用のファームウェアVer. 1.10 では、「ローライトAF」で低輝度時のAF検出速度が向上し、使い勝手が良くなります。

また、ピント合わせを行った後にカメラの電源をOFFにして再度ONにした場合もピント位置を保持する機能として「Z 7II」「Z 6II」に搭載し好評をいただいている「フォーカス位置の記憶」も、「Z 7」「Z 6」「Z 5」「Z 50」の最新のファームウェアで対応します。

※今後のファームウェアアップデートで「Z 6II」へも音声メモ入力/再生機能の追加を予定しております。

ニコンでは、今後も変化するユーザーニーズに柔軟に対応し、お客さまの創作意欲を刺激する映像体験を提供し続けます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ニコンIJ >
  3. ニコンミラーレスカメラ「Z シリーズ」の最新ファームウェアを4月26日から公開