ロボット競技やゲーム競技に子どもから大人までが親しめる複合イベント「Robot&Game STADIUM」開催!11/30(土)-12/1(日)

けいはんなオープンイノベーションセンター/けいはんなロボット技術センター(京都府木津川市木津川台9丁目6番地 京都府相楽郡精華町精華台7丁目5番地1)

  • 開催日時
11月30日(土)、12月1日(日)<事前予約不要>
(詳細スケジュール:https://www.pref.kyoto.jp/sangyo-sien/robotgamestadium2019.html
  • 開催場所
けいはんなオープンイノベーションセンター/けいはんなロボット技術センター
(京都府木津川市木津川台9丁目6番地 京都府相楽郡精華町精華台7丁目5番地1)
  • 「RoboMaster 2019 Japan Winter Camp」参加チーム決定!
全国5チームの参加が決定しました。競技、交流会を通じて技術向上を図ります。

 

OOEDO SAMURAI【関東】
在籍人数
 
8人
在籍校
電気通信大学、東京大学、早稲田大学など
チームPR
東京の学生を中心に構成されたチームです。多くのロボットコンテスト経験者が集まっているので、そこで培った経験を活かしサムライソウルで頑張ります。



 

NAGOYA SHACHIHOKO【中部】
在籍人数

12人
在籍校
名古屋工業大学、中部大学、金沢工業大学など
チームPR
中部地方を拠点として活動しています。全員が明確な目標をもった強いチームです。平均年齢18.5歳の若さと柔軟な発想力を武器に戦っていきたいと思っています。


 

Scramble【関西(京都)】
在籍人数

21人
在籍校
奈良高専、富山高専、舞鶴高専、豊橋技科大など
チームPR
けいはんなロボット技術センターを拠点とし、メンバーは各種ロボットコンテストで実績がある粒ぞろいのロボット好きです。ホームで優勝目指して頑張ります。


 

FUKUOKA NIWAKA【九州】
在籍人数

49人
在籍校
九州大学、九州工業大、北九州高専、久留米高専など
チームPR
日本では唯一、世界大会の出場を経験。活動目的は中国本戦の優勝を目指すことと、ロボット競技を通じての若手エンジニアの育成に貢献することです。



 

KYOTO Challenge【関西(京都)】
チームPR

京都近隣の学生・社会人に呼びかけ、緊急に結成した即席チームです。主催者からロボットの無償提供を受けて参加のハードルを下げて、体験することにより、RoboMasterの参加者のすそ野拡大を図る試みです。イベント当日は中国・四国地方で活動するSetouchi Salamanderのメンバーも加わって試合に臨みます


 

 

<競技ルールとロボット>
約12m×約8mのフィールド内で、1チーム3台の走行型ロボットを駆使し、相手ロボット・相手陣地に球を当て合います(自動ジャッチ、試合時間5分)。各チームは、主催者提供の基本設計データ、パーツ等を用いながら、レギュレーションの範囲内で高い性能を発揮するロボットに仕上げる必要があり、チームワーク、ゲーム戦略、技術課題に関する問題解決能力、理論的な知識を実践に生かす能力、資金調達力等が複合的に試されます。
 

 <ロボット操作>
ロボットを操縦するオペレーターは、直接ロボットやフィールドを目視で確認することはできず、ロボットからPCに送られてくる映像を頼りに操縦をします
 
  • eスポーツ大会in KICK「ガレリア杯」(競技タイトル:ぷよぷよ通) ゲストプロゲーマー決定!
ぷよぷよ世界大会優勝経験の実績を持つ、史上初のJeSU((一社)日本eスポーツ連合)公認女性プロゲーマー、Tema(テマ)さんが、ゲストプロゲーマーとして、ぷよぷよ「技」講座を開催します。
(11時45分~、13時45分~の2回)
  • ぷよぷよコラボカフェ「ぷよぷよ茶屋」メニュー決定!

ぷよぷよラベルのドリンクや、西陣のわらび餅、伏見のおあげを使ったいなりずしなど「ぷよぷよっぽい」軽食等を提供します。



 
  • お問い合わせ
京都府商工労働観光部ものづくり振興課(担当:足利) tel:075-414-5100
  1. プレスリリース >
  2. 京都府 >
  3. ロボット競技やゲーム競技に子どもから大人までが親しめる複合イベント「Robot&Game STADIUM」開催!11/30(土)-12/1(日)