デルタ航空、米フォーチュン誌「2020年世界で最も称賛される企業」で19位にランクイン

*本リリースは2020年1月21日にデルタ航空ウェブサイトのニュースハブに掲載された記事の翻訳です。
https://news.delta.com/innovation-social-responsibility-land-delta-no-19-worlds-most-admired-list
デルタ航空は、社会的責任、革新性、企業文化などにおけるリーダーシップが評価され、米フォーチュン誌「2020年世界で最も称賛される企業」で19位となり、7年連続でトップ50社に入りました。また、「航空会社ランキング」においては、過去10年間で9度目の1位を獲得しました。

デルタ航空の最高経営責任者(CEO)のエド・バスティアン(Ed Bastian)は、従業員向けのメモで、「この評価はお客様や同僚に対する皆さんの献身や情熱が直接結果として現れたものです。」と、記しています。

「世界で最も称賛される企業」リストは、業界にかかわらず世界で最も尊敬に値し、評判の高いブランドを、数千人の取締役、専門家、アナリストを対象とした調査に基づいてランキングしたものであり、航空会社リストは、航空業界のリーダーを対象とした調査結果に基づいています。

デルタ航空は、「最も称賛される企業」の他にも様々な賞を受賞しており、最近では3年連続でウォール・ストリート・ジャーナル紙による「アメリカのトップエアライン」(Wall Street Journal's top U.S. airline)に選出されたほか、バロンズ紙による「最も持続可能性のある米国企業100」(100 Most Sustainable U.S. Companies)、フォーチュン誌による「最も働きたい企業100」(100 Best Companies to Work For)と「ミレニアル世代にとって働きがいのある企業100」(100 Best Workplaces for Millennials)、ファストカンパニー誌による「最も革新的な企業」(Most Innovative Company)をはじめ、数多くの賞を受賞しています。

世界最大のデジタル見本市「CES2020」で、デルタ航空は、サルコス・ロボティクス(Sarcos Robotics)社が設計した、世界初のフルボディ、自己動力式着用型ロボット「Guardian XO」の導入を発表しました。このロボットは、PCMag.comから新興技術賞とベストロボット賞を受賞したほか、WIRED 誌から CESで最もスマートなテクノロジーの1つであるというの評価を受けました。

ミスアプライド・サイエンス(Misapplied Sciences)社が開発したPARALLEL REALITY™(パラレル・リアリティ)を使ったデルタ航空のデモは、ニューズウィーク誌の「ベスト・オブ・CES(Best of CES)」に選ばれ、テクノロジー系サイトのTechlicious Tom’s Guide、Mashableにより、CESで最大の見どころに選ばれました。

デルタ航空が「最も称賛される会社」に選ばれた理由
トップ50社は、下記の9項目に対する各業界のリーダーの評価に基づきランキングされています。
・革新性​
・人材管理
・法人資産運用
・品質管理
・社会的責任
・財務健全性
・長期的投資価値
・製品とサービスの質
・国際競争力


デルタ航空について
デルタ航空(NYSE: DAL)は、米国に本社を置き、プロダクトとサービス、テクノロジー、運航の信頼性、顧客エクスペリエンスにおいて業界をリードするグローバル航空会社です。世界で8 万人超の従業員を擁し、顧客の旅行エクスペリエンスの向上と、株主への利益還元、および従業員に対し、数十億ドル規模の投資を続けています。投資、革新、拡張の継続的な推進により、デルタ航空は現在総収益で世界トップの航空会社となっています。

・50カ国以上300都市以上のグローバルネットワークを有し、年間2億人近いお客様にご利用いただいています。
・アトランタに本社を置き、1日の出発便数は5,000便以上、デルタ航空が創設メンバーである「スカイチーム」のパートナー航空会社を含めると、1日15,000便以上の出発便を運航しています。
・エールフランス-KLM、アリタリア-イタリア航空、ヴァージン アトランティック航空、ウェストジェット、アエロメヒコ航空、ゴル航空、大韓航空、中国東方航空、ヴァージン オーストラリア航空と、革新的な提携関係を構築しています。
・アトランタ、ボストン、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、ソルトレイクシティ、シアトル、アムステルダム、パリ(シャルルドゴール)、ロンドン(ヒースロー)、サンパウロ、メキシコシティ、ソウルおよび東京を、ハブ空港または主要マーケットの空港と位置づけています。
・フォーチュン誌の「世界で最も賞賛される企業」航空業界部門で、9 年間で8 回1位に選ばれているほか、「世界で最も賞賛される企業トップ50社」にも入選。米ビジネストラベルニュース誌調査では史上初の8 年連続トップ。ファーストカンパニーによる「世界で最も革新的な企業」にも2年連続で選ばれています。
・グラスドアなど複数の人事組織から、最も女性が働きやすい職場、最も軍人が働きやすい職場として毎年認定されています。エド・バスティアンCEOは、フォーチュン誌の2018年「世界で最も偉大なリーダー」に選出されました。
・社会的責任(CSR)はデルタ航空のコアバリューとコア・コンピテンスの両方に関わると考え、従業員が住み、働き、フライトを運航している地域社会に対し、時間と人材と年間利益の1%を投資しています。
・ダイバーシティとインクルージョンは、デルタ航空の企業文化の根幹であり、従業員、取引先、お客様への対応、世界中の路線計画など、すべてに反映されるべきと考えます。
・詳細については、ホームページdelta.com、デルタニュースハブhttps://news.delta.com/、ツィッター @DeltaNewsHub Facebook.com/deltaをご覧ください。 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. デルタ航空 >
  3. デルタ航空、米フォーチュン誌「2020年世界で最も称賛される企業」で19位にランクイン