最も使われている電動歯ブラシは、「ブラウン」

『口腔ケアに関する実態調査』

定期的なプロフェッショナルケアの年間費用は「1~5万円」
株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『口腔ケアに関する実態調査』の結果を発表します。本調査は、20歳~69歳の男女1000名を対象にしています。
 また、集計データとしてまとめた全24ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。



【調査結果の概要】
                                                       
■電動歯ブラシの利用率は、約2割
1日1回以上歯磨きをする人に、歯磨きに利用しているツールを聞いたところ、「歯ブラシ(非電動)」が最も多く(75.5%)、次いで「マウスウォッシュ、デンタルリンス」(31.3%)、「歯間ブラシ」(28.8%)、「デンタルフロス」(28.4%)、「電動歯ブラシ」(19.5%)でした※。
※複数回答あり。
                   
■電動歯ブラシの利用のきっかけは、約4割が「楽に磨けそう」
電動歯ブラシを利用するようになったきっかけを聞いたところ、「楽に磨けそうだと思った」という回答が最も多く(42.6%)、次いで「磨き残しが気になっていた」(30.1%)、「技術がなくてもしっかり磨けそうだと思った」(28.4%)、「歯垢・歯石が気になっていた」(27.3%)でした※。
※複数回答あり。

■最も使われている電動歯ブラシのメーカーは、「ブラウン」
電動歯ブラシの利用者に、現在利用している電動歯ブラシのメーカーを聞いたところ、「ブラウン(オーラルB)」が最も多く(27.3%)、次いで「フィリップス(ソニッケアー)」(18.6%)、「パナソニック(ドルツ)」(16.9%)でした。

■口腔ケアを普段から意識している人は、約5割
口腔ケアを「普段から意識している」人は49.5%、「あまり意識していない」人は35.0%、「意識していない」人は11.1%でした。「普段から意識している」人のうち、歯科医や歯科衛生士などによる口腔ケア(プロフェッショナルケア)を「定期的に行っている」人は47.8%、「不定期に行っている」人は26.1%でした。73.9%の人が「プロフェッショナルケア」を利用していることがわかりました。

■定期的なプロフェッショナルケアの年間費用は「1~5万円」
定期的にプロフェッショナルケアを利用している人に、その年間費用を聞いたところ、「1~5万円未満」の人が最も多く(49.1%)、次いで「1万円未満」(32.9%)でした。「5万円以上」の人は13.6%でした。一方、1年間にプロフェッショナルケアにかけられる金額を聞いたところ、「1万円未満」(45.5%)が最も多い結果となりました。

調査期間:2019年6月27日(木)~6月29日(土)
調査対象:Fastaskのモニタのうち、20歳~69歳の男女1,000名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジャストシステム >
  3. 最も使われている電動歯ブラシは、「ブラウン」