【カヤック初】自治体向け視察ツアーを4月1日から開催

〜 鎌倉での取り組みから学ぶ「まちづくりのジブンゴト化」〜

株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤大輔、東証マザーズ:3904)は、3月24日(木)から、自治体向けに提供する鎌倉視察ツアーの募集を開始いたします。本ツアーでは、カヤックが展開する働く人のコミュニティ形成をサポートする社員食堂や保育園事業、起業家を支援する地域拠点事業などを担当者とともに視察いただきます。
ウィズコロナ/ポストコロナで高まる地元への関心を地域活性化につなげるヒントになればと考え、本ツアーを企画いたしました。ぜひご注目ください。
▼鎌倉視察ツアーURL : https://special.machino.co/kamakuratour-2021

 
  • カヤックの原動力「ブレスト」体験で、アイデア力をアップ
カヤックでは、これまでも自治体や企業からの視察依頼を多くいただいており、都度、広報担当者などで対応していましたが、今回の視察ツアーでは実際に地域とのつながりづくりや自治体とのまちづくりに携わる「ちいき資本主義事業部」の担当者がご案内いたします。そのため、カヤックの取り組みだけに限らず、各自治体の地域課題解決に向けた取り組み事例もお話できます。また担当者と共に行うカヤック流のブレストワークショップに参加いただくことで、次の日からすぐに実践できるアイデアを出す方法を身に付けることができます。

<視察コンテンツ一例>
まちのコイン体験
「まちのコイン」は、使えば使うほど、人と人が仲良くなるコミュニティ通貨(電子地域通貨)サービスです。鎌倉では「クルッポ」という名前で、神奈川県と鎌倉市のSDGsつながりポイント事業として展開しています。実際に「まちのコイン」をインストールして鎌倉の店舗でクルッポを利用してみたり、店主からお話を伺うことができます。

HATSU鎌倉
神奈川県から委託を受けてカヤックが企画・拠点開発・運営する、起業支援拠点。起業準備者が地域コミュニティとつながりをもち、地域の支援を受けながら、文化や自然豊かな鎌倉をテストフィールドに新たな商品やサービスを生み出せる場所を目指しています。

まちの保育園かまくら
まちの保育園 かまくらは、鎌倉で働く人・暮らす人のための地域に根ざした保育園です。株式会社豊島屋とカヤックが共同で2018年4月に開園しました。子どもたちと地元の自然との触れ合いや、地域の方々との関わりについて、お伝えします。

まちの社員食堂
鎌倉に拠点を持つ企業・団体31社が手を取り合ってつくった、鎌倉で働く人限定の「まちの社員食堂」です。鎌倉にある50のお店が週替わりで、鎌倉で働く人のために、健康的でおいしいメニューをふるまいます。

ブレストワークショップ
ブレインストーミング(brainstorming)。略して、ブレスト。既存の枠にとらわれず革新的なアイデアを出すために有効な手法です。このブレストこそが、カヤックの原動力。カヤック社員と一緒にブレスト体験が可能です。

<ツアー例>

ツアー例ツアー例


<担当者紹介>
  • ちいき資本主義事業部 部長 兼 HATSU鎌倉プロデューサー 宮瀬 忍 鎌倉在住
  • ちいき資本主義事業部 部長 兼 まちのコインプロデューサー 長谷川 裕子 逗子在住
  • ちいき資本主義事業部 ディレクター 兼 SMOUTディレクター 中村圭二郎 長崎出身
  • ちいき資本主義事業部  まちのコイン ディレクター 來島 政史 逗子在住
  • ちいき資本主義事業部  まちのコイン担当 功刀 悠花 横浜在住
 
  • 面白法人カヤック代表取締役 柳澤 大輔のコメント
面白法人カヤックの本社は2002年から鎌倉にあります。経済合理性を考えれば都内の方が効率的ですが、僕らは「面白さ」の定義を「多様性」とし、企業もその地域の特色を生かしながら共に活躍していきたいと考えました。社員が地域コミュニティの一員となり、ボランティア活動などを推進しています。その中で、地域には地域固有の魅力、"地域資本"があると考えるようになりました。経済的な豊かさを表す経済資本、自然や文化などの地域環境資本、人のつながりやコミュニティなどの地域社会関係資本。この3つの資本を増やすことで、多様性のある魅力的な地域になる。それがカヤックの提唱する「地域資本主義」です。今、僕らは鎌倉を「地域資本主義」最初のテストフィールドとして「鎌倉資本主義」を模索しています。
今回のツアーでは、そんな「鎌倉資本主義」を直に感じていただけたらと思います。
 
  • 視察ツアー概要
開催概要 4月1日〜 日時ご希望を伺って応相談(平日10:00〜17:00)
タイムスケジュール 最初の30分に簡単なオリエンテーションを実施。
その後、ご希望のコンテンツを順番に訪問し、 最後にカヤックのオフィスにて振り返りとご希望に応じてブレインストーミングの会。
定員 各回1〜5名まで
参加費 1人1万円〜(2名以下の場合は1組3万円)
参加方法 Webサイトの「お申し込み」より必要事項を記入の上参加申し込みをしてください
連絡先 reginal-info@kayac.com

====== 
株式会社カヤック
https://www.kayac.com/
固定概念にとらわれない発想力・企画力、形にしていく技術力を強みに、ゲームアプリや広告・Webサイト制作を始め、最新テクノロジーとアイデアを掛け合わせた新しい体験をユーザーに提供しています。社員の9割にあたる約270名がデザイナーやプログラマーなどのクリエイター人材で「つくる人を増やす」を経営理念に多様性を生かしたユニークな人事制度や経営を行なっています。

設立 2005年1月21日
代表者 代表取締役 柳澤大輔 貝畑政徳 久場智喜
所在地 神奈川県鎌倉市御成町11-8
事業内容 日本的面白コンテンツ事業
====== 
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社カヤック >
  3. 【カヤック初】自治体向け視察ツアーを4月1日から開催