今年も日本一広いテーマパークにブルーベリー農園が登場!サマーフェスティバルで味わえるブルーベリーグルメと夏グルメを紹介|Huistenbosch Gourmet Times

季節ごとのグルメ情報を中心にご紹介するレター「Huistenbosch Gourmet Times」。
今回は、先日はじまった「サマーフェスティバル」で味わえる、ハウステンボス産のブルーベリーを使ったグルメや暑い夏にぴったりの夏グルメをご紹介します。
実はハウステンボスでは2019年から広い敷地を生かして、野菜やブルーベリーの栽培を行っているんです。
なかでもブルーベリーは7月〜8月ごろに旬を迎え、今がもっとも美味しい時期になっています。

 

イメージイメージ


ハウステンボス産ブルーベリーの特徴

・無農薬で安全・安心
・大粒でとっても甘い!
・クリーンエネルギーも同時に発電

写真1写真1

写真2写真2

写真3写真3

ハウステンボスで栽培しているブルーベリーは露地栽培ではなく、養液を使用して温度や湿度を常に安定させることができるポット栽培(写真1)を行っています。栄養たっぷりの養液がムラなくいきわたることで、大粒で甘いブルーベリー(写真2)になります。無農薬なので安心して食べられます。さらに、栽培中のブルーベリーの上で太陽光発電を行う「ソーラーシェアリング」(写真3)というシステムを使用しています。ブルーベリーは強い日光に弱いので、発電設備が適度に日光を防いでくれて、まさに一石二鳥です。

ハウステンボス産ブルーベリーを使った夏グルメ!
ハウステンボス産のブルーベリーは場内でしか食べられません!ぜひハウステンボスで育った旬のブルーベリーを味わってください!
ハウステンボスのブルーベリー展開店舗:
ロード・レーウ、エルマーソ、ピノキオ、パレスティーサロン、カフェデリプリュ、ベーカリーカフェ、アンカーズラウンジ (ホテルヨーロッパ)

●ブルーベリーのマリトッツォ(ベーカリーカフェ)
話題のマリトッツォにブルーベリーをたっぷりトッピング。


●ブルーベリータルト(ベーカリーカフェ)
バターたっぷりのタルト生地と爽やかなブルーベリーがよく合います。

●ブルーベリーのティラミスパフェ(エルマーソ)
大粒のブルーベリーを心ゆくまで堪能したい人におすすめ!


●ブルーベリーのブルスケッタ(ピノキオ)
はちみつとチーズの相性がバツグンです。


●ブルーベリーのスイーツセット(パレスティーサロン)
冷たいソーダとケーキで歩き疲れた体に糖分補給!

サマーフェスティバルで味わう夏グルメ!
ハウステンボス場内のお店やホテルレストランで楽しめるグルメをご紹介。プールサイドでも気軽に食べられるワンハンドグルメや歩き回って疲れた体に嬉しい、冷たいスイーツを楽しんで!

●黒毛和牛のロコモコ カレーソース(ホテルアムステルダム アクールベール)
旨味たっぷりの和牛ハンバーグが味わえるロコモコ。セットで可愛い動物のジュースも。


●まるごとグレープフルーツジュレ(カフェデリプリュ)
食感が違う2種類のジュレを使用。見た目も楽しい夏スイーツ!


●パイナップルのフランベ(ホテルヨーロッパ アンカーズラウンジ)
目の前でパイナップルをフランベ!バニラアイスと一緒にどうぞ。


●シャリシャリ食感の五目かき氷冷麺(悟空)
夏の定番・中華冷麺をシャリシャリしたかき氷状のたれで味わえます。 暑い季節にぴったりの一品。


●スペシャルドッグ(ガーデンプール屋台)
プールサイドでも食べやすいホットドッグ。フライドオニオンの食感が楽しい♪


●光るフルーツタワージントニック/カラフルカルピスクリームソーダ(光のカフェ&バー)
フローズンフルーツやアイスを使った夏ならではのドリンク!


※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ハウステンボス株式会社 >
  3. 今年も日本一広いテーマパークにブルーベリー農園が登場!サマーフェスティバルで味わえるブルーベリーグルメと夏グルメを紹介|Huistenbosch Gourmet Times