Sony Bank WALLET ご利用動向調査に関するお知らせ

ソニー銀行株式会社(代表取締役社長:住本 雄一郎/本社:東京都千代田区/以下 ソニー銀行)では、9 月 14 日(月)より口座開設で Garminデバイスが当たるキャンペーンを実施しています。これを受けて Garmin Pay などの非接触決済をはじめとする、Visaデビット付きキャッシュカード「Sony Bank WALLET」の利用動向を調査しましたので、お知らせいたします。

概要
対象:2020 年 7 月末時点有効口座(約 70 万件)集計期間:2020年 1 月~ 2020 年 7 月

サマリー
・ Sony Bank WALLET の 1 回あたりの利用単価は「500 円以上 3,000 円未満」が半数以上。約 2 割のかたは月に 21 回以上利用されており、日常のさまざまなシーンで利用いただいている。
・ 2020年 7月の非接触決済の取引件数は、5月対比でほぼ倍増。気軽な普段使いとしてスマートウォッチを含めた非接触決済が今後さらに普及し、現金に代わる決済方法として確立するトレンドか。
・ 利用加盟店別ではコンビニや ECサイトが上位を占める。緊急事態宣言下では非対面取引が活発になり、ECサイトにおける取引件数は 2020 年 1 月から約 3 割増加。

TOPICS ① Sony Bank WALLET のアクティブユーザーは20 ~40代。利用単価は「500円以上 3,000円未満」が半数以上を占め、約 2 割のかたは月に 21 回以上利用。
Sony Bank WALLET の発行枚数は 2020年 7月末時点で、約 70万枚(有効口座)となっています。
保有者を世代別に見ていくと、40代が 26%と最も多く、次いで 30代が 24% と、30代 ~ 40代のかたを中心に、ご利用いただいていることがわかりました。20代や50代のかたもそれぞれ約 20% いらっしゃり、幅広い年代のかたにご利用いただいています。

                                                                  年代別保有割合

1 回あたりの利用単価では、「500円以上 3,000 円未満」が半数以上を占めました。クレジットカードに関する調査(*1)では、1 回あたりの平均的な支払金額として半数以上のかたが「500 円以上 5,000 円未満」と回答しており、デビットカードである Sony Bank WALLET もクレジットカードと同様の使い方をされていることがわかります。
 また、1 ヶ月あたりの利用頻度は、約 4 割のかたが 1 ~ 5 回である一方、約 2 割のかたは月に21 回以上利用されており、日常のさまざまなシーンで利用いただいていることがうかがえます(国内の Visa加盟店で Sony Bank WALLET をご利用いただくと利用額の最大 2%を毎月キャッシュバックしています)。
(*1)出典:楽天インサイト株式会社「キャッシュレスに関する調査」(2020 年 7 月 2 日)  

 スマートフォンで利用できる「Sony Bank WALLET アプリ」では、Visaデビットご利用時にプッシュ通知でお知らせするほか、利用状況の確認や残高確認も可能です。さらに、不正利用対策として Visaデビットの一時停止・再開や海外利用・ネットショッピングの個別制限、利用限度額も変更できるなど、セキュリティレベルを維持しながら便利にご利用いただけます。

                                                     利用単価(円 / 回)別割合

                                         利用頻度(1 ヶ月あたり)別口座数割合

TOPICS ② 非接触決済の取引件数は、5 月・7 月対比でほぼ倍増。気軽な普段使いとしてスマートウォッチを含めた非接触決済がさらに普及し、現金に代わる決済方法として確立するトレンドか。
 ソニー銀行では、2019 年 9月発行分から Sony Bank WALLET に「Visa のタッチ決済」機能を搭載し、カードをリーダーにタッチするだけでお支払いが可能になりました。同年 11 月には Google Pay™、2020 年 4 月に Garmin Pay、同年 7 月にFitbit Pay ™ に対応するなど、非接触決済デバイスへの対応を拡大させてきました。
 2020年 7月の非接触決済の利用率は、20~ 40 代が約 75%を占める結果となりました。非接触決済の取引件数で見ると、2020年5月と比べて 2020年7月の利用件数は約 2 倍に増加しています。これは、Visa のタッチ決済加盟店や対応デバイスが拡大していることに加えて、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から非接触決済の利用を選好する動きもあったと推察されます。

                                                      非接触決済の年代別利用率

TOPICS ③ 利用加盟店別ではコンビニや ECサイトが上位を占める。緊急事態宣言下では非対面取引が活発になり、ECサイトにおける取引件数は 2020年 1 月から約 3 割増加。
 Sony Bank WALLET について利用加盟店別に見ていくと、コンビニや ECサイトでの利用が多く、日常のさまざまなシーンで利用されていることがわかります。また、緊急事態宣言下(2020年 4 月7日から 5 月 25日まで)では政府による不要不急の外出自粛要請を受けて、Amazon をはじめ、iTunes Store や UBER EATS、メルカリなどが利用加盟店上位に入り、非対面取引が活発になりました。緊急事態宣言解除後の 6 月以降は、イオンなど実店舗での利用が増加しています。
 次に Sony Bank WALLET の利用先を ECサイトに絞って調べると、EC市場での取引件数は 2020年 1 月から7月の間で約 3 割増加していることがわかりました。経済産業省の調査(*2)では、2019 年の日本国内の B to C-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は 19.4 兆円(前年 18.0 兆円、前年比 7.65%増)に拡大しており、今後もECサイトにおける Sony Bank WALLET の利用は増加することが予想されます。
(*2)出典:経済産業省「令和元年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業(電子商取引に関する市場調査)」(2020 年7 月22日)
                                                        利用加盟店上位(順不同)

ご参考:口座開設+10万円入金で、50人に 1 人に Garminデバイスが当たるキャンペーン実施中!
 ソニー銀行では 9 月14日( 月)より、「Garminデバイスが当たる!口座開設キャンペーン」を実施しています。Garmin Pay に Sony Bank WALLET を登録することにより、今回のキャンペーンの特典である Garminデバイスをリーダーにタッチするだけでお支払いが可能です(Visa のタッチ決済加盟店でご利用いただけます)。 Garmin Pay でのお支払いも、Sony Bank WALLET でのお支払いと同様に、ご利用代金がお客さまの口座から即時に引き落とされるため、事前のチャージは不要です。この機会にぜひソニー銀行の口座開設をご検討ください。

詳細ならびにご注意事項等につきましては、サービスサイトのキャンペーンページをご覧ください。







 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソニー銀行株式会社 >
  3. Sony Bank WALLET ご利用動向調査に関するお知らせ