東急レクリエーション、バルスと事業提携ライブビューイング網の共同開発やXRライブ興行の共同企画・運営

 株式会社東急レクリエーション(東京都渋谷区/代表:菅野 信三)とバルス株式会社(東京都千代田区/代表:林範和)は、リアルとバーチャルの融合で新たな体験を創造するために2020年3月23日付で事業提携をすることをお知らせいたします。
 なお、詳細については2020年3月23日に東急株式会社が開催する『東急アクセラレートプログラム2019 Demo Day』に登壇し発表いたします。

■事業提携内容
この度の事業提携では、以下3点を中心に双方協力体制のもと事業を推進していく予定です。

① 「109シネマズ」でのバーチャルアーティストのライブ拡大
東急レクリエーションが19箇所で運営するシネマコンプレックス「109シネマズ」で、これまで大阪と川崎の2箇所にてバーチャルアーティストのライブを実施してきました。この度の事業提携により実施劇場を全国に拡大していきます。まずは名古屋をはじめとし広島ほか、順次実施劇場を全国にて拡大予定です。

 

109シネマズ川崎で実施したライブ画像109シネマズ川崎で実施したライブ画像

② ライブビューイング網の共同開発
バルスが運営する遠隔ライブシステム『SPWN』では、会場や場所を選ばず、多拠点で同時にインタラクティブにライブを実施することが可能です。この度の事業提携では「109シネマズ」に加え、全国の劇場を結び、より多くの拠点で同時にインタラクティブなライブを実施できるようライブネットワークを拡大・開発していきます。
このネットワークと通常回線での低遅延高画質映像伝送技術により、バーチャルアーティストのライブだけでなく、リアルのアーティストのライブビューイングも小規模から大規模まで幅広い規模の開催を可能としていきます。

③ ライブ事業の共同興行
バルスと東急レクリエーションは、今後、東急グループが持つ渋谷等の施設での展開を想定し、XR技術を活用した新しいライブエンターテインメント・コンテンツの企画及び製作を共同で実施していきます。

■バルス株式会社について
リアルとバーチャルの融合による新しいエンターテインメント体験を目指すXR Techカンパニーです。
AR/VR技術を使い、誰でも何処からでも世界中に向けてライブを開催・参加できるライブプラットフォーム「SPWN」を運営しています。チケットや物販、ライブの配信などのアーティストとファンとの接点をワンストップで提供しています。バーチャルキャラクターの裾野を広げるキャラクター制御技術を開発しています。

※XR Techとは※
AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、MR(複合現実)、SR(代替現実)などをはじめとする先端技術の総称

■会社概要
バルス株式会社
本社:東京都千代田区外神田五丁目2番2号 セイキ第1ビル6階
設立:2017年
代表取締役:林範和
事業内容:ライブプラットフォーム「SPWN」の運営、XRコンテンツの企画・制作及び運営
URL:https://balus.co/

※ ニュースリリースの情報は、発表日現在のものです。発表後予告なしに内容が変更されることがあります。
あらかじめご了承ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社東急レクリエーション >
  3. 東急レクリエーション、バルスと事業提携ライブビューイング網の共同開発やXRライブ興行の共同企画・運営