デルタ航空、需要動向に応じて国際線および米国国内線の輸送量を調整

デルタ航空は、今週発表したとおり(https://news.delta.com/delta-actions-address-financial-impact-covid-19-JP)、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により需要の低下が予想されるため、国際線および米国国内線の輸送量を調整します。

全世界の輸送量を、当初の計画より15ポイント削減します。地域別の削減率は以下のとおりです。​
・国内線:10-15%
・中南米路線:5%
・大西洋路線:15-20%
・太平洋路線:65%

デルタ航空は、お客様と従業員の安心と安全を守ることを最優先に考え、今後も必要に応じてフライトの調整をしていきます。また航空機の消毒、清掃を強化し、機内の共有部分の表面をEPA認証の高品質の消毒剤をフォギング(霧状散布)という手法を用いて消毒しています。この消毒剤は、新型コロナウイルスを含む多くの感染症に効果があるとされています。フォギング後には、清掃員がテーブルや個人モニター、トイレなどの表面を徹底的に清掃しています。
新型コロナウイルスに対するデルタ航空の対応についてはこちらをご覧ください。https://news.delta.com/coronavirus (英語)

予約便変更方法
ご旅程に影響するご予約をお持ちのお客様は、デルタ航空ホームページdelta.comの「旅程」にアクセスしていただくと、オプションをご確認いただけます。他のデルタ便への変更、4月30日以降の出発便への変更、他の航空会社またはパートナー航空会社への変更、払い戻し、その他の方法について相談する、などがあります。
フライトスケジュールの変更に加え、引き続き変更手数料の免除をしています。詳しくはこちらをご覧ください。https://ja.delta.com/jp/ja/advisories/other-alerts/coronavirus-travel-updates 

米国国内線
米国内線では、便数の多い路線を中心に座席供給量を10-15%削減します。これにより、引き続き業界をリードする乗り継ぎの利便性を維持することができます。

中南米路線
中南米路線では、便数の多い路線を中心に輸送量を5%削減します。5月2日から8月16日まで、ニューヨーク-JFKーメキシコシティ線を毎日1往復、ロサンゼルスーメキシコシティ線を毎日2往復し、アエロメヒコ航空をサポートします。

大西洋路線


アジア太平洋路線

 

デルタ航空について
デルタ航空(NYSE: DAL)は、米国に本社を置き、プロダクトとサービス、テクノロジー、運航の信頼性、顧客エクスペリエンスにおいて業界をリードするグローバル航空会社です。世界で8 万人超の従業員を擁し、顧客の旅行エクスペリエンスの向上と、株主への利益還元、および従業員に対し、数十億ドル規模の投資を続けています。投資、革新、拡張の継続的な推進により、デルタ航空は現在総収益で世界トップの航空会社となっています。
・50カ国以上300都市以上のグローバルネットワークを有し、年間2億人近いお客様にご利用いただいています。
・アトランタに本社を置き、1日の出発便数は5,000便以上、デルタ航空が創設メンバーである「スカイチーム」のパートナー航空会社を含めると、1日15,000便以上の出発便を運航しています。
・エールフランス-KLM、アリタリア-イタリア航空、ヴァージン アトランティック航空、ウェストジェット、アエロメヒコ航空、ゴル航空、大韓航空、中国東方航空、ヴァージン オーストラリア航空と、革新的な提携関係を構築しています。
・アトランタ、ボストン、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、ソルトレイクシティ、シアトル、アムステルダム、パリ(シャルルドゴール)、ロンドン(ヒースロー)、サンパウロ、メキシコシティ、ソウルおよび東京を、ハブ空港または主要マーケットの空港と位置づけています。
・ フォーチュン誌の「世界で最も賞賛される企業」航空業界部門で、10 年間で9 回1位に選ばれているほか、「世界で最も賞賛される企業トップ50社」にも入選。米ビジネストラベルニュース誌調査では史上初の9年連続トップ。ファーストカンパニーによる「世界で最も革新的な企業」にも2年連続で選ばれています。
・グラスドアなど複数の人事組織から、最も女性が働きやすい職場、最も軍人が働きやすい職場として毎年認定されています。エド・バスティアンCEOは、フォーチュン誌の2018年「世界で最も偉大なリーダー」に選出されました。
・社会的責任(CSR)はデルタ航空のコアバリューとコア・コンピテンスの両方に関わると考え、従業員が住み、働き、フライトを運航している地域社会に対し、時間と人材と年間利益の1%を投資しています。
・ダイバーシティとインクルージョンは、デルタ航空の企業文化の根幹であり、従業員、取引先、お客様への対応、世界中の路線計画など、すべてに反映されるべきと考えます。
・ 詳細については、ホームページdelta.com、デルタニュースハブhttps://news.delta.com/、ツィッター @DeltaNewsHub Facebook.com/deltaをご覧ください。 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. デルタ航空 >
  3. デルタ航空、需要動向に応じて国際線および米国国内線の輸送量を調整