プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

17LIVE株式会社
会社概要

<イベントレポート>お笑い芸人のくっきー!がゲストで登場!17LIVE(イチナナ)「アリスのお茶会–Live in Wonderland-」優勝はMEGさん

~くっきー!がイチナナライバーの絵を審査&ご自身の個性的な絵も披露!「不思議の国のアリス」の世界観を味わう、豪華なお茶会イベントを開催~

17LIVE株式会社

17LIVE株式会社が運営する日本最大級のライブ配信アプリ「17LIVE(イチナナ)」は、「17LIVE」アプリ内のオンラインイベントを勝ち抜いたライバー40名が一堂に会し、リスナーから贈られたギフトポイント数を競い合うイベント「アリスのお茶会-Live in Wonderland-」を2023年1月25日(水)に開催し、「MEG」さんが初優勝いたしました。また、本イベントではスペシャルゲストとしてお笑いコンビ 野性爆弾のくっきー!さんが審査員を務め、ライバーが描いた絵を審査をしてイベントを盛り上げました。

「17LIVE」では、イチナナライバーが一堂に集結するリアルイベントを定期的に開催しています。今回の「アリスのお茶会–Live in Wonderland-」は、「不思議の国のアリス」をテーマにしたイベントで、今回が4回目の開催となります。イベントに参加したライバーは、「アリスのお茶会」をテーマに、アフタヌーンティータイムに相応しくドレスアップした装いでライブ配信を行い、上位入賞を目指してバトルを繰り広げました。


今回のイベントの重要な鍵を握るのは、スケッチバトルの審査員である野性爆弾のくっきー!さん。建設作業員のような風貌にオレンジ色のサングラス、そして警察官の帽子という出立ちに、登場とともに会場内は笑いとどよめきが起こります。くっきー!さんの登場を受けて、序盤から大盛況のなかイベントがスタート。

最初のスケッチテーマは「ウサギ」。お題の発表とともに、各ライバーが一斉にペンを取り、スケッチブックに絵を描き始めます。くっきー!さんは、会場内を回り、各ライバーが描いた絵を審査。この審査結果がイベント上位入賞への鍵となります。各ライバーはリスナーとリアルタイムでコミュニケーションを取りながら、絵を描いてライブ配信を行う、リアルイベントならではの白熱した配信バトルが繰り広げられました。

審査の途中では、ライバーが描いたくっきー!さんに似せた絵をみて「たしかに俺っぽい!ただ歯がスカスカやないか!」とつっこむ場面も。アーティストとしても活躍するくっきー!さんならではの目線で審査してくれたことに、各ライバーも嬉しそうにスケッチバトルを楽しんでいました。各ライバーの絵を見た後には、くっきー!さんご自身も絵を披露。「卯崎先パイ」と題したくっきー!さんらしい絵で、会場は爆笑の渦に包まれました。続いてのスケッチバトルは、猫の形のパンケーキをデコレーションするパンケーキアレンジバトル。ペンではなくチョコペンを使って、パンケーキ上にそれぞれオリジナルの「猫」を描きました。くっきー!さんが作ったパンケーキは、眼が沢山描かれている猫で、タイトルは「多眼猫」。くっきー!さんらしい個性的な絵で会場を沸かせました。

またイベント内では、ライバーが自慢の衣装で真っ赤なランウェイを歩く衣装コンテストも実施。衣装コンテストで優勝した 「さとのん」さんは、イベント全体を通じた最終結果でも2位となり、ダブルでの表彰となりました。

締めくくりとなる表彰式では、くっきー!さんがプライズ(賞品)のプレゼンターを務め、イベントを振り返り「40人が競り合い、順位が決まる様子は映画を見ているようでした。」とコメントしました。

■受賞ライバープロフィール ・受賞コメント
<1位>
MEG( https://17.live/ja/profile/r/338266

<受賞コメント>
今回、「アリスのお茶会–Live in Wonderland-」イベントへの参戦が遅かったので、楽しめたらいいと思っていましたが1位を獲れてとても嬉しいです。
ありがとうございました。

<2位>
さとのん( https://17.live/ja/profile/r/8375859

<受賞コメント>
去年参加したウィンターローズガーデンというイベントでは1位を獲れて、今回も2位ということでここまで(リスナーの皆様に)連れてきてもらえてとても嬉しいです。
ありがとうございます。

<3位>
鈴愛AI( https://17.live/ja/profile/r/351278

イベント当日オンライン参加だった鈴愛AIさんに 画面越しにくっきー!さんが表彰するシーンイベント当日オンライン参加だった鈴愛AIさんに 画面越しにくっきー!さんが表彰するシーン

<受賞コメント>
初めて3位になれて、とても嬉しいです。
(イベントはオンラインでのご参加のため)まさか3位になれると思わなかったので、会場で参加したかったです。

■イベントの様子

お題に沿って絵を描くくっきー!さんお題に沿って絵を描くくっきー!さん

ライバーの描いた絵を審査する様子ライバーの描いた絵を審査する様子

妊娠されている女性ライバーの お腹の赤ちゃんに話しかけるくっきー!さん妊娠されている女性ライバーの お腹の赤ちゃんに話しかけるくっきー!さん

表彰式での様子表彰式での様子

「ウサギ」をテーマにご自身が描いた絵を発表 (タイトル:「卯崎先パイ」)「ウサギ」をテーマにご自身が描いた絵を発表 (タイトル:「卯崎先パイ」)

くっきー!さん作の猫のパンケーキのアレンジ (タイトル:「多眼猫」)くっきー!さん作の猫のパンケーキのアレンジ (タイトル:「多眼猫」)

※写真素材を使用いただく際には「©︎17LIVE(イチナナ)」の記載をお願いいたします

■くっきー!(野性爆弾) プロフィール

1976年3月12日生まれ、滋賀県出身。

日本のお笑い芸人。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属
コンビ・野性爆弾として活動。
ネタ作りからコントの小道具まで全て自身が手掛けている。
彼の生み出す作品は、日本では他に類を見ない、オリジナリティあふれている。
彼の作品は、モノクロや色を多く使った作品まで多岐にわたる。
彼の絵の描き方は、油性マジックとアクリル絵の具を使う。
誰かに習ったわけではなく、全て独学。
陰影のつけ方も見事に描かれている。時には自分の顔面をキャンバスにし、
日本だけでなく海外の著名人・有名人の顔を真似たメイクを施した、写真作品も制作。似てないようで似ている作品の数々は、その独特な作品にはまる人も多い。
日本各界のクリエイター・タレント・著名人などに、幅広くファンを持つほどに多数存在している。

■「17LIVE」視聴方法
以下より無料の「17LIVE」アプリをダウンロードし、アカウントをご登録ください。(※1)
アプリダウンロード:https://17apps.onelink.me/i7CY/17LivePR

※1 アプリ内には一部有料のメニュー・コンテンツがあります。なお、通信料はお客様のご負担となります。

■「17LIVE(イチナナ)」について
“「ライブ」テクノロジーを通して、人と人のつながりを豊かにすること。”をミッションに掲げる「17LIVE(イチナナ)」は、日本最大級のライブ配信プラットフォームです。ひとつの空のもと、七つの大陸を舞台に、すべての瞬間を楽しむことができる世界を目指しております。世界で5,000万に上る登録者数(2021年9月時点)を達成しています。2022年1月には、著しい成長を遂げたスマホアプリを表彰する「App Ape Award 2021」において「BEST 100 Apps」に選出されました。

「17LIVE」 公式HP: https://jp.17.live/
Twitter: https://twitter.com/17livejp
Facebook: https://www.facebook.com/17LIVEJP/
Instagram: https://www.instagram.com/17livejp/
YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCFf5qroAMTQ6x32YVjOcQBw

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
ビジネスカテゴリ
スマートフォンアプリ芸能
関連リンク
https://jp.17.live/
ダウンロード
プレスリリース.pdf
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

17LIVE株式会社

72フォロワー

RSS
URL
https://jp.17.live/
業種
情報通信
本社所在地
東京都渋谷区円山町3-6 E・スペースタワー12F
電話番号
-
代表者名
ジョセフ・フア
上場
海外市場
資本金
-
設立
2017年06月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード