緊急事態宣言が全国に拡大した「4月後半の国内消費動向指数」を公開。

~消費のデジタルシフトが進む中、家電消費はオフライン、オンライン共に増加~

JCB
株式会社 Finatextホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:林 良太)の子会社で、ビッグデータの解析・分析を行う株式会社ナウキャスト(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:辻中 仁士、以下:ナウキャスト)、及び株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役会長兼執行役員社長:浜川 一郎、以下:JCB)は匿名加工されたJCBのクレジットカードの取引データを活用して、“現金も含むすべての消費動向を捉える国内消費動向指数「JCB消費NOW」”を提供しています。
本日、JCB消費NOWの4月後半(4月16日~4月30日)、4月全体(4月1日~4月30日)の速報値の一部を公開します。また、現在ナウキャストとJCBでは、新型コロナが消費に与える影響をより詳しく分析するため「参考系列」データを算出しており、1月後半の新型コロナウイルス感染症拡大前に比べて足元の消費がどう変化しているかも併せて公開します。
なお、「EC」の消費動向をより詳細に把握できるよう、今回からECの小項目も一部公開します。人々の消費スタイルの変化について、JCB消費NOWを使って、ナウキャスト技術顧問・東京大学大学院教授の渡辺努らが「オンライン消費動向」に関する研究・分析も行いました。ぜひご参考ください。

 

【4月後半・概況(参考系列)/1月後半(コロナ感染拡大前)からの消費変化】
・「総合消費指数」は、1月後半比-33.3%と、4月前半の1月後半比(-29.2%)からさらに悪化。
・「サービス総合」は、1月後半比-51.0%と4月前半の1月後半比(-43.6%)よりも下げ幅拡大。連休頭を含む4月後半も、「外食(-71.9%)」、「旅行(-95.2%)」、「交通(-54.8%)」、「娯楽(-72.1%)」、「宿泊(-93.0%)」といった”レジャー消費“は一段と悪化。一方で、「電気・ガス・熱供給・水道(+35.3%)」や「コンテンツ配信(+23.7%)」は大幅に増加。
・「小売(財)総合」は、1月後半比-10.4%と低調が続く。ミクロ分類別では、百貨店含む「各種商品小売業(-21.3%)」や「織物・衣服・身の回り品小売業(-33.8%)」はさらに悪化。家電を含む「機械器具小売業(+18.1%)」、「EC(+24.2%)」は伸びを拡大。「スーパー(+22.8%)」、「酒屋(+14.3%)」は引き続き好調だが、「コンビニエンスストア(-27.9%)」は低調。
・「業種別消費指数<小売財>」の「EC」の項目別では、ECモールなどの「EC:各種商品小売業(+15.7%)」が引き続き好調。「EC:織物・衣服・身の回り品小売業(+33.6%)」、「EC:飲食料品小売業(+56.3%)」などの専門ECの伸びも目立ち、家電を含む「EC:機械器具小売(+75.4%)」は4月前半(+36.7%)から2倍近く増加。

※参考系列については、後述の「『JCB消費NOW:参考系列』について」をご覧ください。

※1月後半と4月後半の消費指数の比較においては、各期の前年比差異を見ているので、季節性による変化は含まれておりません。
※「EC」項目はオンライン消費のみ。「EC」以外の「業種別消費指数」はオフライン消費とオンライン消費どちらも含んでいます。
※JCB消費NOWはJCBグループのカード会員様のうち、無作為に抽出した約100万人分の決済データを活用して作成しています。国内会員に絞っているためインバウンド消費を含みません。
※当計数は一部を抜粋したものになります。データをご活用される場合は、ナウキャストもしくはJCBにご連絡ください。
※グラフ等引用される際は、出所:JCB/ナウキャスト「JCB消費NOW」と必ず記載ください。

【4月後半(4月16日~4月30日)】

プレスリリース詳細はこちら
https://prtimes.jp/a/?f=d11361-20200515-5377.pdf
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JCB >
  3. 緊急事態宣言が全国に拡大した「4月後半の国内消費動向指数」を公開。