アクロディア、興和株式会社の『アドバンス健康経営プログラム事業』に抗体パスポートのシステムをライセンス提供

株式会社アクロディア(本社:東京都新宿区 代表取締役:篠原 洋 以下、「当社」)は、興和株式会社(本社:愛知県名古屋市 代表取締役社長:三輪 芳弘 以下、「興和」)と、興和が推進する、従来からの健康経営サービスを刷新した、根拠に基づいた「アドバンス健康経営プログラム(商標出願中:商願2021-021254)」事業(以下、「本サービス事業」)に当社の抗体パスポートのシステムをライセンス提供することとなりましたのでお知らせいたします。
 本サービス事業の中には、当社の「抗体パスポート」サービスをベースとして開発される、新型コロナウイルス感染症対策が可能なスマートフォンアプリ「MAIパスポート(商標出願中:商願2021-021264)」が含まれております。MAIパスポートアプリは抗体パスポートのシステムを興和にライセンス提供した上で、新たな機能の追加等を行う形で当社が開発するもので、興和が2021年1月に開設した富士検査センター、および順次開設予定の東京、名古屋、大阪の4検査センターで実施するPCR検査との連携も可能となっております。今後は、新型コロナウイルス感染症に限らない様々なウイルス等の感染症や免疫・アレルギー性疾患に関する検査との連携も可能にしてまいります。また、特定感染症を対象として発売予定の保険とも連携し、日々の総合的な健康サポートによる感染症対策から、PCR検査結果の確認、万が一の感染症リスクに備えることが可能となる新型コロナウイルス感染症に対する一気通貫型のサービスを提供します。さらに、今後は総合的な健康サポートに加え、健康相談サービスにより、陽性者に対し近隣の保健所や医療機関を紹介する等のサービスを展開するとともに、各種情報ネットワークを構築してまいります。
 なお、本サービス事業においては、広く社会に展開されている健康アプリ、サービス等を統合的に組み合わせ、個々に最適な健康サービスを提供し、品質の標準化も行っていくとともに高度なデータ連携および活用により、より効果的な健康経営の実践を目指してまいります。

【スマートフォンアプリ「MAIパスポート」について】

(商標出願中:商願2021-033382)
・MAI (Management of Allergy and Infectious disease)パスポート
 アレルギー性疾患と感染症に対して科学的根拠に基づいた管理をしているという証
 

<主な機能>
・KOWAハピネスダイレクト※を介した、新型コロナウイルスPCR検査の申込み(購入)およびその検査結果の確認。
・日々の体温および体調の記録管理。

※KOWA ハピネスダイレクト
興和が運営する通販サイトです。詳細はこちらをご覧ください。
https://www.happiness-direct.com/



 なお、本件にともなう2021年8月期の業績予想の修正はありませんが、今後の当社業績に与える影響については現時点では未定であり、今後の事業の展開に応じて適時かつ適切に開示してまいります。
 

【興和株式会社】
本社所在地:愛知県名古屋市中区錦三丁目6番29号
創業:1894年12月
代表者:代表取締役社長 三輪 芳弘
事業内容:
【商社部門】
 繊維、機械、建材、船舶、鉱物資源、化成品原料、生活関連物資などの輸出入、三国間貿易および国内販売
【メーカー部門】
 OTC・医療用医薬品・医療用機器の研究開発・製造販売、LED照明機器・再生可能エネルギー発電システム・光学機器の研究開発・製造販売・輸出入
 ウェブサイト:https://www.kowa.co.jp/index.html

 
【株式会社アクロディア】
所在地:東京都新宿区愛住町22 第3山田ビル
設立:2004年7月   上場:2006年10月 東証第二部(3823)
代表者:代表取締役社長 篠原 洋
事業内容:スマートフォン向けのサービス・ソリューションの提供、その他
ウェブサイト:https://acrodea.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アクロディア >
  3. アクロディア、興和株式会社の『アドバンス健康経営プログラム事業』に抗体パスポートのシステムをライセンス提供