神戸市が行う「市内企業と学生の交流促進事業」の運営サポートをスタート  神戸市内企業の人材確保を支援

株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:新留正朗)は神戸市が行う「神戸市内企業と学生の交流促進事業」の運営をサポートいたします。神戸市内の企業の人材確保を目的として、学生との交流の場やイベントを通して、企業の魅力の発見の場を提供していきます。4月16日(月)から参加企業の募集が開始されます。
「神戸市内企業と学生の交流促進事業」は、企業の人材確保支援を目的とする神戸市の事業の1つで、神戸市内の企業と学生の日常的な交流を促進し、学生の市内企業への理解と関心を深めることを目指すものです。
2018年4月から2019年3月末まで、神戸市が実施する市内企業と学生等との接点を生み出す様々な施策の運営を弊社はサポートしてまいります。今回募集するのは、「VISITS OB」(VISITS Technologies株式会社)を活用し、神戸市内の企業で働く社員と学生との接点づくりの施策となります。

【「神戸市内企業と学生の交流促進事業」実施概要】
■参加企業の募集について
・募集企業数 20社程度
・募集期間 2018年4⽉16⽇(⽉)から2018年5⽉25⽇(⾦)まで
・詳細につきましては、以下の神戸市役所ホームページの該当ページにてご確認ください。
http://www.city.kobe.lg.jp/life/livelihood/kobejobport/koyounushi/event_info006.html

■募集に関するお問い合わせ先
株式会社ディスコ関⻄⽀社内 神⼾市事業運営務局
電話番号:06-6228-0983
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. DISCO >
  3. 神戸市が行う「市内企業と学生の交流促進事業」の運営サポートをスタート  神戸市内企業の人材確保を支援