※結婚相談所の【登録会員6万人以上から生まれた成婚データ】を全公開※ 結婚しやすい年齢・年収・職業・婚姻歴など、成婚データをお伝えします。

株式会社IBJ(https://www.ibjapan.jp/

IBJ
婚活会員数No.1(※1)日本最大級の結婚相談所ネットワーク「日本結婚相談所連盟」を運営する株式会社IBJ(代表取締役社長:石坂茂、本社:東京都新宿区、東一:6071)は、登録会員6万名による成婚データを全公開致します。

IBJ成婚白書 完全版:https://www.ibjapan.com/information/20190801/

 
  • 背景
    日本国内の課題である「人口減少問題」が日々深刻化する中で、婚活事業を展開する当社のミッションは「結婚カップルを生み出すこと」にあると考えています。創業以来「成婚主義」の信念を貫き、2018年には日本の成婚組数1%を実現しました(※2)。さらに、日本で最も多くの婚活会員を抱える当社の成婚データを公開することで、結婚を望む方や、ひいては企業・自治体等の婚活サポートにお役立ていただけるのではないかと考え、この度のデータを公開させていただきます。

■IBJ成婚データによる「2018年度 成婚白書」
TOPIX(全国の典型的な成婚者像 / 年齢・年収・学歴・職業別成婚のしやすさ / 婚活と「婚姻歴」の関係性)
  • 全国の典型的な成婚者像

2018年度、全国における成婚者の中で、典型的とも言える最頻値(最も頻度の高い値)を算出しました。結婚相談所の在籍日数では、男女ともに180~210日と、およそ半年という短い期間で成婚へ至るケースが多いです。お見合い回数をみても、男女ともに5~9回が最多と、10回以下のお見合い回数でご希望のお相手と巡り合われています
エリア別の特徴は以下です。

(関東)全国平均と比較して、関東男性の年収は100万円程高く、男女とも成婚までのサイクルが短い。
(東海)全国平均と比較して、男性会員比率が最も高く、申込数と申受数の平均値が他エリアよりも少ない。
(関西)全国平均と比較して、成婚までのサイクルが相対的にゆるやか。

早期に成婚が実現する理由として、仲人による細やかなサポートが、効率的に素敵な結婚相手と出会える確率を高めています。
 
  • 「年齢別」成婚のしやすさ

続いて、成婚者を年齢別に算出しました。活動会員に占める年齢は男性40代前半・女性30代後半が最も多くなるものの、成婚者に占める割合は男性30代後半・女性30代前半が多くなることから、結婚を望む場合は早めに行動へ移すことで成婚へ至りやすくなると言えます。 在籍期間では、おおよその年代が在籍1年以内で成婚しており、年齢を重ねるに連れ活動が長引く傾向が。

さらに、成婚者をお相手との年齢差別に算出しました。男性は若い世代ほどお相手(女性)との年齢差が少なく、反対に女性は、世代が上がるにつれ年齢差が縮まっています。女性は若い世代ほど年齢差を気にせず、男性は世代が上がるにつれ若い女性を選ぶ傾向があるようです。
 
  • 「男性の年収別」成婚のしやすさ

続いて、男性の年収別に成婚割合を算出しました。すると、年齢を重ねるごとに求められる年収は高くなる傾向が。参考として、年収1,500万円台の50代前半男性と、年収300万円台の20代後半男性の「成婚のしやすさ」はほぼ同程度となっています。

※エリア別の傾向はこちらからご覧ください※
https://staic.blob.ibjs.ibjapan.com/media/PDF/marriagedata2018.pdf
 
  • 「学歴別」成婚のしやすさ

続いて、学歴別に成婚割合を算出しました。男性は学歴が高いほど成婚しやすくなり(大卒60%、院卒20%、高卒10%)年代が上がるほどその傾向が顕著に。反対に女性は、学歴による偏りは見受けられず、若さが重視される傾向がありました。
 
  • 婚活における「婚姻歴」の関係性

成婚者と婚姻歴の関係性を分析すると、初婚者(男性83.4%、女性88.6%)が最も多くなるものの、再婚者も10%を超えており、全成婚者のおよそ10人に1人は「再婚以上」であることが分かります。活動会員に占める再婚以上の割合と比較しても、必ずしも婚姻歴が活動の足かせになるわけではないと言えます。
 
  • 「職業別」成婚のしやすさ

最後に、職業別に成婚割合を算出しました。男性は、金融系職種(銀行・証券・その他金融)や士業等、高度資格系の方が成婚へと至りやすい傾向があるようです。一方女性は、職種による全体的な偏りは見受けられませんでしたが、看護師のみ162%と高実績なことから、成婚しやすい職業と言えそうです。
※グラフには、数値が高い職業を一部抜粋し掲載しております。
 
※より詳しいデータは下記からご覧いただけます※
IBJ成婚白書 完全版 URL:https://www.ibjapan.com/information/20190801/


当社では、これまで蓄積した成婚ノウハウにより、効率的に素敵な結婚相手と巡り合う確率や、交際から結婚へと至る可能性を高めています。その中で「ご自身の現状を顧みること」は、成婚へと至る可能性が高まると分かっています。本データが、少しでも結婚を望む皆様のお役に立ちましたら幸いです。
 

  • 調査対象:日本結婚相談所連盟の登録会員63,125名(※2018年12月時点)
  • 集計期間:2018年1月~12月
 

 
【データの引用・転載に関するお願い】
本データの著作権は当社が保有します。調査データの引用・転載時には、必ずクレジット「結婚相談所ネットワーク IBJ日本結婚相談所連盟」を明示くださいますようお願いいたします。また、Webサイト(http://www.ibjapan.jp/)(https://www.ibjapan.com/)へのリンクも貼っていただけますと幸いでございます。
MAIL:pr@ibjapan.jp(株式会社IBJ 広報担当:椎名 麻里)

 

  • IBJ日本結婚相談所連盟とは
    全国2,102社(2019年6月実績)の結婚相談所が加盟し、約65,000名の会員様をつなぐ国内最大級の結婚相談所ネットワークです。「成婚主義」のもと、日本の成婚組数59万組の1%にあたる6,132組の成婚を創出(※2)。結婚相談所の開業支援も行っており、各地域に根差した結婚相談所網を広げることで、相互協力しながら成婚の幸せを生み出しています。
  • URL:http://www.ibjapan.com/

※1 日本マーケティングリサーチ機構、2019年1月調査、相談所連盟における順位
※2 厚生労働省、平成30年(2018)人口動態統計の年間推計に基づく、2018年のIBJ成婚実績
 

 

【株式会社IBJ(https://www.ibjapan.jp/)】 
婚活業界のリーディングカンパニーとして、ITプラットフォームを活用したIBJ独自のシステムと、人だけが提供できるハンズオンサービスの両輪で、お客様のライフスタイルや婚活フェーズに合わせたサービスの提供を行っています。
代表者 :代表取締役社長 石坂 茂
所在地 :東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト 12階
上場市場:東証一部(証券コード6071)
事業内容:結婚相談所、婚活ITプラットフォーム、連盟ネットワーク、コミュニティ、イベント、ライフデザインサポート等

 
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. IBJ >
  3. ※結婚相談所の【登録会員6万人以上から生まれた成婚データ】を全公開※ 結婚しやすい年齢・年収・職業・婚姻歴など、成婚データをお伝えします。