【すみだ水族館】約50メートルの桜のインタラクティブアートで春のお花見を体感 「桜とクラゲ」 を開催

桜とクラゲが調和した万華鏡トンネルの体験型展示  2019年3月16日(土)~

すみだ水族館(所在地:東京都墨田区、館長:名倉 寿一)は、2019年3月16日(土)から2019年4月25日(木)の期間、春とクラゲのインタラクティブアート「桜とクラゲ」を万華鏡トンネルにて開催しますのでお知らせします。

 

春とクラゲのインタラクティブアート「桜とクラゲ」イメージ春とクラゲのインタラクティブアート「桜とクラゲ」イメージ

 

 

 

 


「桜とクラゲ」は、長さ約50mのスロープの壁と天井が約5000枚の鏡で囲まれた万華鏡トンネルで、展示空間に投影された桜の映像とふわふわと漂うクラゲが調和した体感型展示です。
クラゲ水槽には、都会の桜の景色をイメージした映像を投影し、ひらひらと舞い散る花びらと一緒にクラゲが浮遊する万華鏡トンネルならではの光景をご覧いただけます。
さらに、床には舞い散った花びらで埋めつくされた桜の絨毯が現れ、鮮やかに彩ります。
床の映像には、人の動きに反応して映像が変化するインタラクティブな演出を取り入れており、桜の絨毯の上を歩くと花びらが舞い、映し出された水面の上を歩くと波紋が広がるなど、まるで桜のトンネルを歩いているかのような没入感をお楽しみいただけます。

また、映像は「桜のシーン」と「水のシーン」で切り替わり、雪解けから命が芽吹く春の訪れまでの季節の移り変わりを感じていただける演出になっています。
展示空間には、桜を中心とした春のそよ風や穏やかな陽気をイメージしたオリジナルアロマが香り、クラゲの拍動のゆったりとしたリズムをベースにした春らしく明るい音楽も流れます。
さまざまな演出によって常に表情が変化する空間全体で春の訪れを感じながらゆったりとクラゲを観賞していただけます。

桜色に染まった万華鏡トンネルで、クラゲと一緒に春の雰囲気に包まれる新しいお花見体験を、ぜひお楽しみください。


【展示】 春とクラゲのインタラクティブアート 「桜とクラゲ」
展示期間:2019年3月16日(土)~4月25日(木 )
展示場所:万華鏡トンネル
展示内容:長さ約50mのスロープの壁と天井に約5000 枚の鏡を貼りつめた万華鏡トンネルで、クラゲ水槽や壁面には都会の桜景色をイメージした映像を、床には舞い散った花びらで埋め尽くされた桜の絨毯を投影します。
映像演出は「桜のシーン」と「水のシーン」で切り替わり、雪解けから命が芽吹く春の訪れを感じながら、クラゲ展示を楽しめます。
また、映像が人の動きに合わせて変化するインタラクティブな演出も取り入れています。
そのほか、春の陽気をモチーフにしたオリジナルアロマによる香りの演出や、クラゲのゆったりとした拍動のリズムを楽曲のテンポに採用した春の訪れを感じる明るい音楽など、新しいお花見体験を水族館でお楽しみいただけます 。
機材協力:キヤノンマーケティングジャパン株式会社
企画・制作 :株式会社ワントゥーテン(1→10)

 

水の上を歩くと波紋が広がる(過去開催のようす)水の上を歩くと波紋が広がる(過去開催のようす)

 

 


※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. オリックス株式会社 >
  3. 【すみだ水族館】約50メートルの桜のインタラクティブアートで春のお花見を体感 「桜とクラゲ」 を開催