大学野球の日本一決定戦、2年ぶりの開催!6/7(月)開幕「第70回 全日本大学野球選手権記念大会」J SPORTSで全試合を生中継・LIVE配信!!

国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局、株式会社ジェイ・スポーツ(本社 東京都江東区、代表取締役社長 長谷一郎、以下「J SPORTS」 ※1)は、6/7(月)に開幕する「第70回 全日本大学野球選手権記念大会」を試合開始から試合終了まで全試合生中継いたします。また、 PC、スマホ、タブレットで見られる動画配信サービス 「J SPORTSオンデマンド」※2でも全試合LIVE配信でお届けいたします。
昨年は新型コロナウイルス感染拡大により中止となった「全日本大学野球選手権大会」が2年ぶりに開催されます。本大会は神宮球場と東京ドームを舞台に6月7日(月)から13日(日)まで7日間に渡って開催、全国26大学野球連盟の春季リーグ戦を勝ち抜いた27の代表校により、大学野球日本一をかけて争われます。前回大会の2019年は現・広島東洋カープ・森下暢仁投手と現・横浜DeNAベイスターズ・伊勢大夢投手が力投した明治大学が38年ぶり6度目の優勝を飾りました。今年は70回目の記念大会。初出場の國學院大學(東都大学野球連盟代表)、3年ぶり12回目・慶應義塾大学(東京六大学野球連盟代表)、前回大会(2019年)準優勝の佛教大学(京滋大学野球連盟代表)など、初出場から常連校まで全国の強豪校が日本一の座をかけて熱い戦いを繰り広げます。

今年の中継では、本大会に出場経験があり、学生野球資格を持つ森繁和氏(駒澤大学出身)・齋藤明雄氏(大阪商業大学出身)・井端弘和氏(亜細亜大学出身)が解説者として初めて大学野球中継に出演します。出場当時の思い出や元プロ野球選手という視点から専門的に学生野球を分析します。

また、本大会の中継のみならず、 本大会に出場経験のあるプロ野球選手の当時の貴重な映像をはじめ、中日ドラゴンズ大野雄大投手(佛教大学/2010年出場)と広島東洋カープ・森下暢仁投手(明治大学/2019年出場)が当時を振り返ったインタビューをJ SPORTS公式YouTubeチャンネルで無料配信し、大会を盛り上げていきます。さらに、大会期間中は、J SPORTS 野球好き Twitterにて、各試合のスーパープレーとハイライトを連日投稿し、大学野球選手権の魅力を多くの野球好きに発信いたします。

多くのプロ野球選手も出場した「全日本大学野球選手権大会」。ぜひJ SPORTSでお楽しみください。

本大会に出場経験のあるプロ野球選手のインタビュー。当時の貴重な映像も必見!!
■中日ドラゴンズ 大野雄大投手・・・佛教大学/2009年、2010年出場
■広島東洋カープ 森下暢仁投手・・・明治大学/2016年、2019年出場

■放送/配信日程・対戦カードなど詳細はJ SPORTS総合サイト内「大学野球特集ページ」をチェック!
https://www.jsports.co.jp/baseball/daigaku/
■各試合のハイライトはJ SPORTS公式YouTubeチャンネルをチェック!
https://www.youtube.com/jsports
■公式SNSでも随時情報発信中!!
野球好きTwitter→@jsports_yakyu、野球好きインスタグラム→@jsports_yakyu

<J SPORTSオンデマンド 野球パック>
【1,980円(税込)/月、U25割(25歳以下)990円(税込)/月】では「第70回 全日本大学野球選手権記念大会」全試合LIVE配信!詳しくはJ SPORTSオンデマンド配信ページ「大学野球」をチェック!https://jod.jsports.co.jp/baseball/daigaku

※1 J SPORTSはJ:COMなど全国のケーブルテレビ、BS放送(スカパー! )で約630万世帯が視聴する国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局です。
※2 J SPORTSオンデマンドは有料サービスとなります。詳細は、「J SPORTS オンデマンド」で検索ください。

 

 

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. J SPORTS >
  3. 大学野球の日本一決定戦、2年ぶりの開催!6/7(月)開幕「第70回 全日本大学野球選手権記念大会」J SPORTSで全試合を生中継・LIVE配信!!