ティファニー、アーティストのケンドリック・ラマーとカスタムメイドの「クラウン・オブ・ソーンズ(いばらの冠)」を製作

ティファニーは、アーティストのケンドリック・ラマーとのコラボレーションを発表いたします。ラマーは、長年のクリエイティブ コラボレーターであり、pgLangの共同設立者であるデイヴ・フリーと共に、チタンとパヴェダイヤモンドを使用したカスタムメイドのクラウンの製作をティファニーに依頼しました。ニューヨークにあるティファニーの工房で、10か月間にわたって熟練した職人たちの手により、意義と象徴に満ちたクラウンに命が吹き込まれたのです。このデザインは、ティファニーの最新の革新的なパートナーシップの象徴として、デザイナーや職人が誇る技術とアートの世界をつなぐものです。ラマーは、2022年6月26日にグラストンベリーで開催されたヘッドライナー公演で、このクラウンを着用して登場しました。

「ケンドリック・ラマーは、2世紀近くにわたってティファニーを定義してきた芸術性、リスクを恐れない創造性、そして絶え間ない革新性を体現するアーティストです。このたび、優れた先見の明の持ち主であるケンドリックと共に、彼がイメージするクラウンのビジョンを形にできたことを誇りに思うと同時に、とてもエキサイティングな気持ちでいっぱいです」ティファニーのプロダクト&コミュニケーション部門のエグゼクティブ バイス プレジデントを務めるアレクサンドル・アルノーはこのように語っています。

ケンドリック・ラマーとデイヴ・フリーは、2021年に「いばらの冠」をインスピレーションソースとするヘッドピースのアイデアをもって、ティファニーのデザインチームにアプローチしました。宗教的図像の象徴として最も広く認識されているシンボルのひとつである「いばらの冠」は、芸術面での優れた能力、謙虚さ、そして忍耐力を表すメタファーとなっています。ラマーにとって、ティファニーによるこの唯一無二のデザインは、多作な先輩アーティストたちへの敬意を表するものであると同時に、音楽や文化へのラマーの影響力と貢献を力強く表現するものでもあります。

ラマーとフリーは、クラウンのデザインについて明確なビジョンと意図を持っていました。「いばらの冠」を参照したことに加え、両アーティストは、ジャン・シュランバージェが1956年にティファニーに入社する前の1947年に制作したアイコニックな「いばら」のブローチからもインスピレーションを受けました。18Kイエローゴールドで作られたとげのような突起が47カラットのサファイヤを取り囲むデザインのこのブローチは、現在ロンドンで8月19日まで開催中のティファニーのブランドエキシビション「Vision & Virtuosity(ビジョン&バーチュオシティ)」で展示されています。

ジャン・シュランバージェによる「いばら」ブローチジャン・シュランバージェによる「いばら」ブローチ

ラマーとフリーが魅力を感じたデザインは、さまざまなサイズのダイヤモンドが無数に並ぶ石畳のようなマイクロパヴェセッティングでした。最大限の輝きが引き出されるようにすきまなくセットされたパヴェダイヤにより、この作品に自然主義的なクオリティが生まれています。ダイヤモンドはひとつひとつ手作業でセットされ、プロングも手作業で作られました。プロングは鋳造で作られるのが通常のところ、この作品では、職人がまずはダイヤモンドを固定したあとに、金属をカットして上から折り返してプロングを作るという、ハイジュエリーだけに見られる工程を踏んでいます。ティファニーでは、19世紀後半から特別なヘッドピースの数々を、手作業で製作してきました。

·         製作時間:10ヵ月、1,300時間を超える作業時間を経て、ティファニーの4人の職人が一丸となってこのデザインを実現しました。
·         重量と素材:クラウンの重さは約200g。入念に研磨したチタンを素材とし、14個の鋳造部品を1つのピースに組み立てました。
·         ダイヤモンドの数:8,000石以上、総カラット数137カラット超
·         とげの数:ストレートなとげ、太いとげ、細いとげ、そしてバラをイメージしたとげの合計50本
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク >
  3. ティファニー、アーティストのケンドリック・ラマーとカスタムメイドの「クラウン・オブ・ソーンズ(いばらの冠)」を製作