自分に合う動画広告が配信されるのは、「Instagram」

『動画&動画広告 月次定点調査(2019年9月度)』


~動画広告の配信頻度が高いと感じるメディアは、「YouTube」~
株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『動画&動画広告 月次定点調査(2019年9月度)』の結果を発表します。本調査は、17歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。
 また、集計データとしてまとめた全74ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。


【調査結果の概要】                                                        
                                        
■自分に合う動画広告が配信されるのは、「Instagram」
9月に動画広告を視聴した人に対して、自分の趣味嗜好に合った動画広告が配信されていると感じたアプリ・サイトについて聞いたところ、最も割合が高かったのは「Instagram」(70.2%)、次いで「MixChannel」(67.6%)、「Facebook」(61.5%)、「YouTube」(57.9%)でした。一方、自分の趣味嗜好とかけ離れた動画広告が配信されていると感じたアプリ・サイトとして挙げた人の割合が最も高かったのは「その他のスマートフォンアプリ※1」でした(32.1%)。 
※複数回答あり。
※1 YouTube、LINE、Facebook、Instagram、Twitter、MixChannel、TikTok、ニコニコ以外のスマートフォンアプリ。

■約7割が、「YouTubeの動画広告配信は、頻繁すぎる」
9月に動画広告を視聴した人に対して、動画広告の配信が頻繁すぎると感じたアプリ・サイトを聞いたところ、最も割合が高かったのは「YouTube」でした(68.8%)。一方、動画広告の配信頻度が気にならなかったアプリ・サイトについては、「LINE」を挙げた人の割合が最も高く(29.9%)、次いで「Twitter」(19.3%)、「その他のスマートフォンアプリ」(18.9%)でした。
※複数回答あり。

■Instagramユーザーの約半数が、「IGTV」を認知
Instagramを現在利用している人のうち、最長60分の動画を投稿できるInstagramのアプリ「IGTV」を使って、「投稿をしたことがある」人は14.2%、「知っているが、投稿をしたことはない」人は33.2%でした。Instagramユーザーのうち、47.4%が「IGTV」を認知していました。年代別に認知率を見てみると、10代(59.0%)、20代(61.2%)、30代(52.3%)、40代(28.6%)、50代(34.1%)、60代(37.3%)でした。10代と20代は、約6割が認知していました。

■Facebookユーザーの約2割に、「Watch」の視聴経験
Facebookを現在利用している人のうち、オリジナル動画コンテンツを視聴できるサービス「Watch」を「視聴したことがある」人の割合は、18.0%でした。2018年9月度調査(6.8%)と比較すると、11.2ポイント増加していました。

調査名:『動画&動画広告 月次定点調査 (2019年9月度)』
調査期間:2019年9月19日(木)~2019年9月26日(木)
調査対象:17歳~69歳の男女1,100名

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジャストシステム >
  3. 自分に合う動画広告が配信されるのは、「Instagram」