COVA - 200年もの歴史を持つLVMHグループのイタリアンメゾンと東急電鉄がパートナーシップ GINZA SIX・渋谷スクランブルスクエアに出店

 東京急行電鉄株式会社(以下、東急電鉄)は、ミラノを代表する名門パスティッチェリア(菓子店)の1つ「COVA(コヴァ)」の日本における独占ライセンス契約を締結し、9月に旗艦店舗としてGINZA SIX店、11月に渋谷スクランブルスクエア店の2つのカフェをオープンします。COVAの国際戦略の一環で今回のプロジェクトが実現しました。
 COVAは、1817年創業の、ミラノを拠点とするイタリアンラグジュアリーブランドで、カフェやレストラン、菓子類やペストリーなどを取り扱っており、今日世界の7都市で展開しています。長年受け継がれた職人技とクリエイティヴィティを誇り、優れた製品、卓越したサービス、エレガントで洗練された空間が魅力です。
 今回オープンする銀座、渋谷の店舗は、ミラノ本店を再現し、マホガニー木材や大理石を使った店内には煌めくシャンデリアを設置し、ラグジュアリーで落ち着いた雰囲気を創りあげています。
 カフェでは定番のエスプレッソやカプチーノをはじめ、人気のリゾットを楽しめるランチ、COVAのアイコンメニューのザッハトルテやミモザケーキなどケーキ類を味わえるアフタヌーンティ、カクテル類も豊富に揃ったアペリティーボまで、さまざまな場面でお楽しみいただけます。
 また、ギフトコレクションも充実しており、華やかで洗練されたパッケージが魅力のチョコレートボックスや、ジャム、コーヒー、紅茶などを種類豊富に取り揃えています。特に、ホリデーシーズンの象徴的な存在となっているパネトーネは、19世紀初頭から続く門外不出のレシピで現在も作られており、世界中のお客さまから愛される味となっています。なお、今後は、カフェに加えて、ギフトショップ、デリバリーサービスなども展開していく予定です。
 ファッショナブルでエレガントな人々が集うミラノ本店の哲学を受け継ぎ、温かく洗練されたイタリアンホスピタリティでお迎えします。是非お立ち寄りください。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 東急 >
  3. COVA - 200年もの歴史を持つLVMHグループのイタリアンメゾンと東急電鉄がパートナーシップ GINZA SIX・渋谷スクランブルスクエアに出店