インド、ベンガルールに工作機械の新ショールームが完成

3月31日、インドのベンガルール市に工作機械のショールーム「ブラザーテクノロジーセンター ベンガルール(英文表記:Brother Technology Center Bengaluru)」が完成しました。同センターは既存のテクノロジーセンターを移転して拡張されたもので、延べ床面積は約1,200㎡の2階建てとなっており、工作機械の展示のほか、各種セミナーの開催などに活用される予定です。

ブラザーテクノロジーセンター ベンガルール外観ブラザーテクノロジーセンター ベンガルール外観

■建物の概要
所在地:SB-111-112, 1st Stage, 2nd Cross, Peenya Indl Estate, Bengaluru, Karnataka, India 560058
施設用途:工作機械の展示、セミナー開催等
建設面積:977㎡
建設延べ床面積:1,180㎡

13億人以上の人口を抱え、中長期的に経済成長が続くと思われるインドは、ブラザーの工作機械ビジネスにとって重要な市場の一つです。今後の自動車関連向けを中心としたさらなる工作機械需要の高まりに備えて、このたびショールームを移転、拡張することとなりました。

4月から運用を開始する新ショールームの展示エリアは、従来施設の約7倍の面積となる300㎡になりました。工作機械の展示台数を増やし、さらに周辺機器やファクトリーオートメーションに関する展示も行うことで、お客様に対して工作機械だけでなくソリューションも含めてご提案していきます。

ショールームエントランスショールームエントランス

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ブラザー工業株式会社 >
  3. インド、ベンガルールに工作機械の新ショールームが完成