博報堂生活総研 [来月の消費予報・3月](消費意欲指数)

3月の消費意欲指数は、前月比・前年比ともに増加。 コロナ禍でも春に向けた意欲は健在。

株式会社博報堂(本社·東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表しています。※2月1-4日に調査(詳細はP5)
2021年3月の消費意欲指数は46.5点。前月比+4.8pt、前年比+1.4ptで、ともに増加しています。



Point 1 : 季節的な要因と自粛の反動で、消費意欲指数は前月から回復

季節や年度の変わり目である3月は、行事やイベントが多く消費意欲指数が高まる月です。今年も前月から+4.8ptと大きく増加し、前年と比べても+1.4ptの増加となりました。

消費意欲指数の理由(OA)をみると、消費にポジティブな回答は前月から増加し(21年2月203件→21年3月330件)(以下、西暦略)、ネガティブな回答は減少しています(2月1,103件→3月948件)。

具体的には、「新生活、新年度の準備」、「春物などの服が欲しい」など、この時期ならでは回答が前月から大きく増えています(2月39件→3月107件)。加えて「欲しいものがある」(2月92件→3月131件)や「コロナで自粛していた反動で買い物したい、外出したい」(2月8件→3月31件)も前月から増えています。

また、消費意欲指数の理由でコロナ禍に関する回答のうち、消費にネガティブな回答は1月に増加して以来、高止まりの状態が続いていますが(1月253件→2月260件→3月268件)、消費にポジティブな回答も前月からやや増えています(2月19件→3月46件)。コロナ禍は気にしつつも、季節柄の消費や今までの自粛の反動が、生活者の消費意欲を動かしているようです。

Point 2 : 多くのカテゴリーで前月を上回るも、前年と比べてイエナカ消費目立つ
「特に買いたいモノ・利用したいカテゴリーがある」人は28.1%で、前月比+8.0pt、前年比+2.1ptと、ともに増加しており、3月としては過去5年間で最高値となりました。

カテゴリー別の消費意向では、「ファッション」、「外食」、「旅行」、「理美容」など、16カテゴリー中13カテゴリーが前月から20件以上増加しています。また、前年と比べると、「書籍・エンタメ」、「日用品」など、家の中で利用するカテゴリーが20件以上増える一方、「旅行」、「レジャー」は2月に引き続き20件以上減っています。

前月より全般的に消費意向が高まっているものの、前年と比べてイエナカ消費にシフトした状況は続きそうです。

リリースの詳細はこちらから
https://www.hakuhodo.co.jp/news/newsrelease/88807/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社博報堂 >
  3. 博報堂生活総研 [来月の消費予報・3月](消費意欲指数)