第5回Global Change Award:H&M Foundation、ファッション業界に変革を起こす5つの革新的なアイデアに約1億2000万円相当の賞金を授与

H&M
研究室で栽培できるコットン、タンパク質DNAを用いた繊維の製造、ブロックチェーン技術を活用したサステイナブルな繊維の追跡、汚水の分離・浄化、二酸化炭素を転換してサステイナブルなポリエステルを製造。これらは、「2020 Global Change Award(グローバル・チェンジ・アワード)」で受賞した5組のチームから生まれたイノベーション・アイデアです。サステイナブルなファッションにおけるノーベル賞とも呼ばれているGlobal Change Awardは、非営利財団H&M Foundation(H&Mファウンデーション)が主催するイノベーション・コンペティションで、今年で5回目を迎えます。H&M Foundationは、Global Change Awardを通して、これまで以上にサステイナブルな未来のための長期的な開発、イノベーション、起業家精神の支援を続けることを望んでいます。当アワードは、ファッションをよりサステイナブルに変革でき、従来の基準を打ち破るほど革新的な初期段階のアイデアを特定し、ファッション業界全体への変革につながるよう、スケールを拡大することを目的としています。



世界中で新型コロナウイルスのパンデミックによる影響を受け不確実な現状にある中、H&M Foundationは、私たちや次世代のためのよりサステイナブルな未来に貢献できるアイデアを見出し、それを推進していくことが一層重要であると感じています。2020 Global Change Awardの受賞者がイノベーションの発展を加速し、サステイナブルなファッションへと変化をもたらすために取り組みを続けられるよう、私たちは助成金とイノベーション促進プログラムを提供することで、受賞者を全力で支援します。
 
「H&M Foundationは新型コロナウイルスとの戦いを支援すると同時に、長期的なサステイナビリティに取り組む起業家やイノベーターを支援し続けます。Global Change Awardに寄せられるアイデアは毎年素晴らしいものばかりで、いつも驚かされています。これら革新的なアイデアは、私たちのファッションに対する考え方に問いかけを投げかけてくれます。私たちは循環型でない直線的な古い考え方を捨て去り、地球にポジティブに働くようなサステイナブルなモデルへともっと速く近づかなければなりません。受賞した革新的なアイデアが、私たちファッション業界が自らを改革することの一助となり、また、新たな解決策を見つけられるようなインスピレーションを他者にも与えることを願っています。」(H&M Foundation役員、カール・ヨハン・パーション)

Global Change Awardの審査員は、2019年8~9月の期間に175カ国から寄せられた5,893通のエントリーから5つを受賞アイデアとして選出しました。
 

Global Change Award 2020年度受賞アイデア

インクレディブル・コットン(Incredible Cotton)
バイオテクノロジーを利用し、研究室で栽培できるコットンを生産。
開発チーム:GALY(ブラジル)
助成金:30万ユーロ
https://www.youtube.com/watch?v=TJQKsL-ObJ8&feature=youtu.be

あまり考えたことはないかもしれませんが、コットンでできた皆さんのお気に入りのTシャツの製造には、実に多くの資源が投入されています。いろいろな意味で、本当に多くの資源が使われているのです。従来のコットンを使用した製品の製造には、大量の水、土地、あらゆる化学物質を含んだ大量の混合物が必要とされます。また相当な量の温室効果ガスの排出にもつながっています。これだけでも、コットンを作るもっと賢明な方法があればいいのにという気持ちにさせられますが、幸運なことにそんな方法が存在するのです!大きな農場ではなく研究室で、そして植物ではなく細胞からコットンを作る。このイノベーションは、誰もが愛するコットンと同じものを、これまでとは違う方法で育てることを可能にします。この、研究室で製造できるコットンは、土壌や天候の条件に左右されることなく、そして地球を疲弊させることなく、どこでも育てることができます。この手法を用いると、従来のコットンと比べ10倍速く製造ができ、水と土地の使用量は80%以下で、温室効果ガスの排出もごくわずかとなります。そして価格も、現在の市場に出回っている高品質コットンと同等で製造できるでしょう。
ふわふわした話に聞こえますか?そう、これはコットンのように軽くてふわふわした話ですが、夢物語ではなく、私たちのより素晴らしい、よりサステイナブルな未来も形作るのです。

「Global Change Awardの受賞は、自社のビジョンの認知と信用を裏付けるものとなり、新たなパートナーシップ、技術、行動のきっかけという業界全体に向けた新たな扉へとつながります。私たちのビジョンを実現するために、懸命に取り組みを続けていますが、今回の受賞はそのために最も重要なステップの一つであると信じています。」(GALY創業者兼CEO、ルチアーノ・ブエノ)


フィーチャー・ファイバー(Feature Fibres)
タンパク質DNAから自然な色や伸縮性、その他の特徴を持つ繊維を製造。
開発チーム:Werewool(アメリカ)
助成金:25万ユーロ
https://www.youtube.com/watch?v=_ub8qPFMlUM&feature=youtu.be

私たちは皆、服に多くのことを求めます。見た目がおしゃれで自分好みの色というだけでなく、お手頃だけど丈夫で長持ちもして、着心地も良く、人前にも着ていけて、防水機能がありながら通気性もほしい。しかし、このような私たちの望みには、犠牲が伴います。染色、コーティング、仕上げなど私たちの服が経る製造工程はしばしば有害で、環境に大きな害を与えます。それは多くの水と化学物質を要するからです。
このイノベーションは、地球そのものからヒントを得ています。私たちが望む様々な特質をDNAレベルで生地に組み込み、実現する革新的な繊維です。生産時に含まれる生物を傷つけることなく、サンゴ、クラゲ、イソギンチャク、カメ、カキ、さらには牛乳に含まれるタンパク質を使用して、人々が望む色、伸縮性、撥湿性、撥水性のある素材を作ることができます。追加の処理を要することなく、他の有機物と同様に当然、生物分解性を備えています。あなたは1枚の服に何を求めますか?ぜひ私たちに教えてください。あなたのためにデザインします。

「私たちが愛する業界から、自分たちの成果が認められたことに感激しています。そして服の製造方法を革新し、変化させることができるチャンスにとてもワクワクしています!Global Change Awardの受賞によって、私たちの成果は研究室を超えて産業レベルへと拡大し、この業界を循環型経済へと推進させるソリューションへと加速させることができます。また、助成金よって私たちの会社が成功するために必要な成長を継続することもできます。GCAが提供してくれる業界内における交流と、非常に貴重なフィードバックや助言をいただくことを本当に楽しみにしています。GCA受賞者の一員に加わることと、そして過去と今回の受賞者と交流を通して、彼らの様々な経験から学ぶことにワクワクしています。私たちは繊維の開発プラットフォームを拡大し続け、市場で採用されるようになることを願っています。」(Werewool共同創業者、チュイリアン・リー)


トレーシング・スレッド(Tracing Threads)
透明性と信頼性のあるブロックチェーン技術を通じて、サステイナブルな繊維を追跡。
開発チーム::TextileGenesis(インド)
助成金:15万ユーロ
https://www.youtube.com/watch?v=_9qSiPRnk9E&feature=youtu.be

サステイナブルな繊維製品への需要は増加しています。これはすばらしいことです。しかし、使用している素材がサステイナブルに製造されていることを保証するのは、それに対していかに熱心なファッションブランドであっても、難しいことなのです。サステイナブルなビスコースとリサイクルポリエステルでは特にそうです。肝心な情報は、仮に手に入ったとしてもとても限られていることが多いからです。
ブロックチェーン技術を使うことで、このイノベーションはよりサステイナブルな未来への大きな一歩となっています。より透明性が高まり、繊維の製造から販売に至るまでの過程で常にサステイナブルな繊維が約束通り使用されていることを、簡単に確かめることができます。各素材のひとまとめごとに対となる「ファイバーコイン」が発行され、その素材の出所が証明できます。それらの指紋のような役割を果たすデジタルクーポンが照合可能であることにより、その素材ごとの独自のデジタルIDがサステイナブルに生産されたことを証明します。これはデジタル会計システムのようなもので、操作や変更、改ざんも一切できず、記録された履歴は永久的に残ります。どれだけ多くの回数にわたって素材が使用され、リサイクルされたとしても、信頼できる情報だけを確かめることができるのです。これはファッションブランドにとっても、消費者にとっても、地球にとってもすばらしいことです。

「GCA受賞は私たちのスタートアップの道のりにおいて重要な節目です。この受賞は私たちの商業的と技術的の両方における計画を”早送り”してくれるでしょう。GCAのイノベーション促進プログラムを通して、「新生スタートアップ」から「グローバルなチェンジメーカー」に成長したいと思います。」(TextileGenesis CEO兼創業者、アミット・ゴータム)


ゼロ・スラッジ(Zero Sludge)
汚水を分離・浄化し、埋め立て地の有害なスラッジ(汚泥)をなくす。
開発チーム:SeaChange Technologies(アメリカ)
助成金:15万ユーロ
https://www.youtube.com/watch?v=HSSQirA_gSk&feature=youtu.be


多くの人にとって、新しい季節は新しいトレンドカラーを意味します。しかし、最新のファッションアイテムがあなたの目に留まるまでに、そのアイテムはおそらく工場で大規模な染色と仕上げの処理を経てきています。そしてこの工程は、非常に多くの温室効果ガスを排出し、水を汚染するのです。それだけではありません。汚染水はやがてどろどろとした有害な汚泥になり、その処理はとても難しいとされています。毎日、アパレル業界は膨大な量のどろどろとした汚泥をつくりだし、それらはほとんどの場合、埋め立て地に捨てられます。私たちの生み出したソリューションは、既存のシステムにスマートガジェットを組み合わせたものです。
このイノベーションは、力強いジェットタービンを用いて有害物質と水を分離させます。その結果、汚泥はゼロになるのです!有害物質は、きれいで取り扱い可能な粉末に分離され、クリーンな水は放出または再利用が可能な霧状になります。この工程は、二酸化炭素の排出量も著しく削減します。有害な汚泥とはおさらば。これはきれいな水のようにはっきりしています!

「Global Change Award受賞の一報には感動しました。このようなすばらしい団体から評価をいただけたことに非常に心躍り、光栄に思います。私たちはH&M Foundationと協力して地球に大きな、前向きな変化を生み出すことにやる気がみなぎっています。」(SeaChange Technologies創業者兼CEO、ディパク・マハト)


エアウェアー(Airwear)
温室効果ガスを転換し、サステイナブルなポリエステルを生産。
開発チーム:Fairbrics(フランス)
助成金:15万ユーロ
https://www.youtube.com/watch?v=LJvcp3DCVeg&feature=youtu.be

皆さんは、自分が何を着ているかご存知ですか?普通の人なら、おそらく少なくとも1つはポリエステルが使用されているものを身に着けているでしょう。ポリエステルは現代のファッション業界で最もよく使われる素材の一つです。
従来のポリエステルは非常に多くの温室効果ガスを排出する製法で、石油から作られます。残念なことに、地球が二酸化炭素の増加レベルに耐えることができないのは科学的に証明された事実です。繊維の製造を、環境問題ではなく、逆にそのソリューションの一部に変える方法があったらすばらしいと思いませんか?
嬉しいことに、それは存在するのです!このイノベーションにしてみれば、空気は資源で溢れています。二酸化炭素を空気中に排出する代わりに、閉じ込め、活性化した後、サステイナブルなポリエステルの粒子に変換させます。そしてそれはやがて、通常のポリエステルと見た目も手触りも変わらないサステイナブルなポリエステル生地となるのです。私たちが糸を作れば作るほど、地球にも優しくなれるのです。これは未来のためのファッションのお話です。

「Global Change Awardの受賞は、Fairbricsを起業し、実現するために私たちが毎日行ってきた努力と、私たちに対するすばらしい評価となりました。GCAコミュニティーへの参加と、ファッション業界をサステイナブルにするという共通の目標を持つ才能ある方々と長期的な関係を築くことをとても楽しみにしています。」(Fairbrics創業者、ベノイト・イリー)


H&M Foundationは、受賞者に100万ユーロの助成金を授与し、受賞者が参加できる1年間のイノベーション促進プログラムを開催します。当プログラムはアクセンチュアおよびスウェーデン王立工科大学(KTH)の協力により運営されており、受賞者とファッション業界をつなぎ、受賞したイノベーション・アイデアがファッション市場で活用されるようプロセスを加速させることを目的に設計されています。

 本アワードは2015年に開始以来、200以上の国や地域から20,000件以上の応募があり、この5年間で25のサステイナブルな革新的アイデアに500万ユーロの助成金を授与しています。多くのアイデアがファッション界における最大級のブランドと協働し、世界的な商品やサービスとなって活用されています。


メディア向け補足

イノベーション促進プログラムの主要パートナーからのコメント:

「透明性が求められる新時代において、それぞれの価値観を基に買い物をするようになってきている消費者を惹きつけ、魅了し続けるために、小売業者は責任を持って運営することが求められています。調査によると毎年30万トン以上の服が焼却されるか埋め立て地に送られており、企業が責任を果たせる方法で戦略を策定し、製品・サービスを設計することが非常に重要となっています。Global Change Awardは、引き続きファッション業界においてサステイナビリティを促進するための重要なプラットフォームであり続けるでしょう。」(アクセンチュア シニアマネージングディレクター兼小売部門責任者、ジル・スタンディッシュ)


「新しい技術やソリューションが、よりサステイナブルなファッション業界を作るポテンシャルは非常に大きく、Global Change Awardはその改革の中心に位置付けています。イノベーション促進プログラムは、受賞した革命的なアイデアを正確に軌道に乗せる要であり、その道のりの中で、スウェーデン王立工科大学(KTH)における私たちの専門知識が極めて重要な役割を果たしていることをうれしく思います。」(スウェーデン王立工科大学(KTH) イノベーション責任者、リサ・エリクソン)


Global Change Award 2020の概要:                                                                                                                     

・今年は、175カ国から5,893件の応募がありました。

・応募件数上位10カ国はインド、ナイジェリア、パキスタン、アメリカ、イギリス、中国、ガーナ、エチオピア、ケニヤ、バングラデシュでした。
・資金調達が引き続き課題となっている一方、ファッション業界の変革を可能にするアイデアの実現には新技術も非常に重要であると認識しています。
 ・イノベーターに最も多く言及される技術分野は、アプリ、AI、ブロックチェーン、機械学習、アナリティクスです。その他新興技術には、ビッグデータ、VR(仮想現実)、IoT(モノのインターネット)などがあります。
・Global Change Awardのイノベーションに関するデータからは、消費者行動に関する起業家の注目点について地域差が見て取れます。アフリカの起業家は北米の起業家の2倍もリサイクルに注目し、チャリティー、製品サービス、社会的責任についてもより注目度が高いことが窺えます。北米の起業家は、アフリカの起業家の2倍も循環性に注目し、さらにはクラウドファンディングの認知度がアフリカよりずっと高いことも示しています。

詳しくはGCA Trend Report 2020をご覧ください: globalchangeaward.com/media-library


GLOBAL CHANGE AWARD 2020 審査員:

本アワードの5つの受賞チームは、ファッション、環境、循環型社会、起業家精神、イノベーションに関する広範な知識を持つ国際的専門家による審査員によって選出されました。審査員のコメントはこちら:https://globalchangeaward.com/the-expert-panel/

·       アブリマ・エルウィア:Studio One Eighty Nine共同創設者兼社長
·       ベテルヘム・デシ―:iCog Anyone Can Code CEO、Solve IT プロジェクトアドバイザー
·       バラク・カマク:パーソンズ美術大学ファッション学部長
·       マリン・アッカーマン:女優、サステイナビリティ・インフルエンサー
·       ロザリオ・ドーソン:女優、Studio One Eighty Nine共同創設者
·       ソーナム・カプール:女優
·       タリク・ファンシー:Rumie創設者兼会長、BlackRock サステイナブル・インベストメント最高投資責任者
·       ヴァネッサ・チャン:The Mills創設者
·       ワンジラ・マータイ:Wangari Maathai Foundation会長
·       ウィリアム・マクドノー:McDonough Innovation最高責任者、Fashion For Good 共同創設者

Global Change Awardについて

Global Change Awardは2015年にH&M Foundationが始めたイノベーション・コンペティションです。その目的は、環境に付加の少ない革新的なアイデアを通じて、地球の天然資源を保護し、ファッションにおける循環を達成することです。毎年5つのアイデアを選考し、受賞5チームは100万ユーロの助成金を分配され、また、H&M Foundation、アクセンチュア、スウェーデン王立工科大学 (KTH) が提供する1年間のイノベーション促進プログラムに参加します。ファッション業界に変革をもたらすことを第一の目的としており、非営利財団のH&M Foundation及びH&Mグループは、考案されたイノベーションから権利や知的財産権を得ることはありません。H&M FoundationはH&Mの創設者であり主要オーナーであるステファン・パーション一族が個人的に資金を提供しています。H&M Foundationは、国連サミットで採択された持続可能な開発目標(SDGs)に向けて、2030年までに各プログラムの実現を加速させることを目標としています。H&M Foundationは世界中の重要な組織と提携し、「教育」、「清潔な水」、「平等性」、「地球の保護」という4つの分野に注力しています。詳細は、globalchangeaward.comおよびhmfoundation.comでご覧いただけます。

Global Change Awardに関する詳細:https://globalchangeaward.com/
メディア向け素材:https://globalchangeaward.com/media-library/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. H&M >
  3. 第5回Global Change Award:H&M Foundation、ファッション業界に変革を起こす5つの革新的なアイデアに約1億2000万円相当の賞金を授与