激戦の末、大会賞金総額1億円のタイトルを制したのは、前代未聞のキャラピックで勝利を手にした「どんどんススムンガ」!!

- モンストグランプリ2019 アジアチャンピオンシップ イベントレポート -

株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長:木村 弘毅)のXFLAG™ (エックスフラッグ)は、スマホアプリのひっぱりハンティングRPG「モンスターストライク」(以下、モンスト)のアジアNo.1チームを決めるeスポーツ大会「モンストグランプリ2019 アジアチャンピオンシップ」の決勝大会を本年7月13日(土)、14日(日)に幕張メッセ 国際展示場ホールにて開催しました。

「チャンピオンシップ」として5回目を迎える今大会は、日本国内に留まらず、台湾、香港のユーザーも参加可能な大会へと進化し、全参加チームの中から、各会場の予選を勝ち上がった10チームが決勝大会に出場しました。大会の賞金総額は昨年の6,000万円から、モンストグランプリ史上最高額となる1億円へと増加し、グーグル合同会社の「Google Play」、トヨタ自動車株式会社「COROLLA SPORT」、株式会社文藝春秋の雑誌「Sports Graphic Number」など6社に特別協賛として、また5社に協賛として大会を支援していただくなど、スケールアップした大会となりました。

 

激戦の末、中部予選大会Bブロックを制覇した「どんどんススムンガ」が栄冠を勝ち取り、優勝賞金4,000万円を手にしました。​​

本決勝大会では、1日目の7月13日(土)にタイムアタックRoundと称し、各チームがそれぞれ定められたステージに挑戦、クリアタイムによってトーナメント表の位置を決定しました。2日目の14日(日)には、最大3本勝負を行い、2本先取で勝敗を決定(BO3)するトーナメント形式のバトルRoundを行い、勝ち抜いたチームが優勝を飾ります。


■ ジュニアグランプリ世代の最年少チーム「Cats」が、波乱づくめのタイムアタックを制し、好位置に。

初日のタイムアタックRoundの対戦ステージは「機甲の蒼将」。対戦枠の選定は勝敗を左右するポイントであるため、各チームのメンバーは真剣な眼差しでタイムアタックRoundに臨みます、唯一のプロチームである「アラブルズ」や、元M4(モンストうまい4人組)のS嶋選手を擁する「LMBulldozer」が思った通りのプレイができず好タイムを出せずにいるなか、そのタイムを上回る立ち回りで観客を驚かせたのが、関東予選Aブロック代表で平均年齢20歳の若手チーム「Cats」と、関西予選Aブロック代表で常に斬新なプレイで観客を沸かす「AliceWithAce」の2チーム。タイムアタックRoundの順位を受けて、1位のチームからバトルRoundで使用するトーナメント表の対戦枠を選定し、翌日のバトルRoundに備えました。(トーナメント表は後述)

■ 約8,000人の観衆が見守るなか、アジアNo.1を決める熱い闘いが開幕

1回戦の第一試合は、事前の優勝予想アンケートで1位の「LMBulldozer」と、モンストのプロ選手もお墨付きの実力者・ふうや選手率いる「早撃ち0.3秒」が対戦する好カードに。リスク覚悟で攻めたステージ「光腕の巨神」でDownし敗北した「LMBulldozer」が、勢いをつけた「早撃ち0.3秒」に第二試合を取られストレート負けを喫し、人気チームが予選1回戦で幕張を去る波乱の幕開けとなりました。また、予選1回戦の第二試合では、香港からの刺客「台妹愛港彈」が「とろけるフレンチトースト」に一矢報いる展開に。会場の約8,000人※の観客は盛り上がりを見せ、アジアチャンピオンシップのという名にふさわしい決勝大会の1回戦となりました。

※メインステージの座席数(約2,500人)+立ち見(約5,500人)を含んだ総数

 

バトルRoundベスト8では、「AliceWithAce」と「アラブルズ」、「どんどんススムンガ」と「早撃ち0.3秒」、「Cats」と「邊緣肥宅」、「ろくまる◢⁴」と「とろけるフレンチトースト」というマッチアップとなり、対戦ステージ「蛍夜の夏少女」「焔旗の獣人姫」「緑剣の支配者」で2本先取の闘いが繰り広げられました。キャラクターピックの駆け引きや、見たことのない絶妙な位置取りなど、多くの盛り上がりを見せるなか、「どんどんススムンガ」が「早撃ち0.3秒」との2/100秒の差での大接戦を勝ち上がり、会場の注目は一気に「どんどんススムンガ」に集まります。また、「アラブルズ」は、タイムアタックRoundで好タイムを残せなかった影響から後攻となり、攻略に有利なキャラクターを取られるなど苦境を強いられるなか、ファンや同士であるモンストのプロチームの声援を背に、勢いのある若手「AliceWithAce」をストレートで退け、ベスト4に進出しました。ベスト4には「アラブルズ」、「どんどんススムンガ」、「Cats」、「ろくまる◢⁴」の4チームが駒を進めましました。

 

■ どこが優勝するか想像もつかないハイレベルな準決勝

準決勝、「アラブルズ」と「どんどんススムンガ」の一戦では、圧倒的なプレイをする「どんどんススムンガ」にストレートで破れてしまった「アラブルズ」。リーダーのKEVIN選手が言葉も出ないほどの圧巻のプレイを見せた「どんどんススムンガ」リーダーのぴよまる選手は「夢にまで見た決勝戦まで来ました。すごい楽しい試合でした!」とコメントしました。もう一方の準決勝「Cats」と「ろくまる◢⁴」戦では、第一試合、最速手を目指すためにミスが許されないステージ「機甲の蒼将」で、若手で勢いに乗る「Cats」がキャラクターピックで不利とされる後攻を強気に選択、見事勝利し、会場を驚かせます。第二試合は強豪チームもDownの末敗退していった「光腕の巨神」。序盤、順調に進み勝利を目の前にした「Cats」もまさかのDownとなりますが、もつれ込んだ第三試合を手堅く勝ち取り、決勝進出を決めました。

 

■ 決勝まで隠しきった誰も見たことのないキャラクターピックで「どんどんススムンガ」が初優勝!

決勝に進出したのは、タイムアタックRound1位の「Cats」と3位の「どんどんススムンガ」。「Cats」リーダーの♡るんるん♡選手は「勢いであれば僕らの方があるので、全力で勝たせてもらう」とコメントすると、「どんどんススムンガ」リーダーのぴよまる選手は「準決勝の勢いのまま、中部にトロフィーを持ち帰ります。」と応酬し第一試合を迎えました。そして、決勝の一番のざわつきは第一試合「焔旗の獣人姫」の後攻最終ピックに突然起こりました。「どんどんススムンガ」は4体目に、今まで誰も選んだことのないキャラクター「山を守りし雪女 こゆき」をピックし、会場だけでなく、解説も驚かせる展開に。誰もが立ち回りを予想できないなか、このキャラクターが大ダメージを与え、誰も見たことのない大車輪の活躍を見せます。結果、現状の最速手数である10手でフィニッシュし、会場内に地鳴りのような歓声が巻き起こりました。決勝まで隠してきた大技で「Cats」を寄せ付けず、流れをそのままに第二試合も「どんどんススムンガ」が勝ち取り、モンストグランプリ2019 アジアチャンピオンシップ大会を制しました。

 

リーダーのぴよまる選手は、「今まで(グランプリ優勝を)夢見て挑戦してきましたが、やっと叶って嬉しいです。こゆきは他のチームのあるメンバーと一緒に考えた立ち回りで、それで優勝できて本当に嬉しい。」とコメント。解説のタイガー桜井氏が「モンストスタジアムが競技として本格化してきている。」と、2015年から開催している「モンストグランプリ」史上に残るハイレベルな戦いになったこと、また、今後のさらなる戦いの激化を予想しながら大会は幕を閉じました。

そして。日本eスポーツ連合(JeSU)にプロライセンスの発行を推薦される権利を獲得したのは、上位4チーム「Cats」、「ろくまる◢⁴」、「AliceWithAce」、「どんどんススムンガ」となりました。


国内外のさまざまな企業が大会をサポート!
試合終了後の表彰式では、「どんどんススムンガ」には優勝賞金4,000万円と、副賞が贈呈されました。

また、さまざまな企業に本大会をサポートいただきました。

 

〈特別協賛〉

グーグル合同会社「Google Play」
大会公式端末および決勝大会進出チームへの賞品として「Google Pixel™️ 3」を提供、決勝大会の会場にブースを出展するなど大会を盛り上げる企画を実施。

トヨタ自動車株式会社「COROLLA SPORT」
優勝チームの副賞として「COROLLA SPORT」を基に制作されたオリジナルコラボカー1台を贈呈。また、決勝大会の会場で同コラボカーを展示。※コラボカー制作は別途専門業者にて実施。

株式会社文藝春秋「Sports Graphic Number」
モンストをeスポーツとして捉え、「Number」で「モンストグランプリ2019 アジアチャンピオンシップ」に関する記事を掲載する施策などを実施。

コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社
決勝大会の会場でブースを出展し、来場者にエナジードリンク「コカ・コーラ エナジー」を数量限定で提供。
デサントジャパン株式会社「UMBRO」決勝大会進出チームが着用するユニフォームを制作、提供。

三井住友カード株式会社「三井住友カード」
決勝大会の会場で「モンスターストライクVISAカード」に入会できるブースを出展。

会場で申し込みをされた来場者に会場限定特典(非売品)をプレゼント。


〈協賛〉
エコバックスジャパン株式会社
優勝チーム、準優勝チームの副賞として水拭きもできるロボット掃除機「DEEBOT OZMO930」を贈呈。

株式会社ロジクール「Logicool G」
決勝大会進出チームの副賞として「G331ステレオゲーミングヘッドセット」を贈呈。

カルビー株式会社「じゃがりこ」
優勝チームの副賞として「じゃがりこ(お好きな味)」1年分を贈呈。

第一屋製パン株式会社
決勝大会の会場で「モンストパン」セットが購入できるブースを出展。

また、イベントスタッフへ「モンストパン」を提供。

テックウインド株式会社「AKRacing」
大会出場選手が使用する機材として、ゲーミングチェアブランド「AKRacing」のハイエンドモデル「Premiumシリーズ」を提供。

 

「モンストグランプリ2019 アジアチャンピオンシップ」 タイムアタックRound結果

1分41秒714  「Cats」(関東Aブロック代表)
1分46秒566  「AliceWithAce」(関西Aブロック代表)
1分58秒185  「どんどんススムンガ」(中部Bブロック代表)
1分59秒901  「ろくまる◢⁴」」(九州代表)
2分03秒388  「アラブルズ」(関西Bブロック代表)
2分04秒861  「邊緣肥宅」(台湾代表)
2分11秒158  「台妹愛港彈」(香港代表)
2分21秒690  「とろけるフレンチトースト」(中部Aブロック代表)
2分50秒071  「早撃ち0.3秒」(北海道・東北代表)
4分41秒430  「LMBulldozer」(関東Bブロック代表)


「モンストグランプリ2019 アジアチャンピオンシップ」 バトルRound トーナメント表


「モンストグランプリ2019 アジアチャンピオンシップ」 大会結果

※順位はバトルRoundにおける最終順位


■ 優勝チーム:「どんどんススムンガ」(ぴよまる/グヲタ/おりがみ/ごーず)

 

 

「モンストグランプリ2019 アジアチャンピオンシップ」中部予選大会 Bブロックを勝ち抜き、決勝大会に進出。「モンストグランプリ」には2017年からエントリーし、2018年の「モンストグランプリ2018 チャンピオンシップ」では中部予選大会の決勝で敗退、苦杯を喫した。メンバー全員が中部地方出身で、友人や職場の仲間同士で結成したチーム。
 

[主な実績]
・モンストグランプリ2018 チャンピオンシップ 中部予選大会 準優勝

・モンストグランプリ2019 アジアチャンピオンシップ 中部予選大会 Bブロック 優勝

・モンストグランプリ2019 アジアチャンピオンシップ 決勝大会 優勝

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ミクシィ >
  3. 激戦の末、大会賞金総額1億円のタイトルを制したのは、前代未聞のキャラピックで勝利を手にした「どんどんススムンガ」!!