「iF DESIGN AWARD 2021」を受賞

ドキュメントスキャナーや工作機械のUIなど4件

ブラザー工業株式会社(社長:佐々木一郎)は、ドキュメントスキャナーや工作機械のUI(ユーザーインターフェース)など合計4件において、「iF DESIGN AWARD 2021」を受賞した。

iF DESIGN AWARD 2021受賞製品iF DESIGN AWARD 2021受賞製品

*DS-940DW / DS-740D / DS-640は日本未発売

「iF DESIGN AWARD 2021」では、過去最高となる約10,000件の応募が世界52の国と地域からあった。ブラザーは、1982年に欧文タイプライターが初めて選定されて以来受賞を重ね、受賞件数は今回を含めて累計78件、2008年から14年連続の受賞となった。

iF賞は、ドイツ・ハノーバー工業デザイン協会(iF–International Forum Design Hannover)によって1953年に設立された国際的なデザイン賞。外観だけでなく、UIや環境への配慮などさまざまな視点から審査されているため、受賞製品は国際的に高い評価を獲得している。

ブラザーは今回の受賞を励みとして、今後も顧客視点に立ったデザインを追求し、優れた価値を提供し続けていくとしている。


 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ブラザー工業株式会社 >
  3. 「iF DESIGN AWARD 2021」を受賞