町田啓太さん、カツセマサヒコさんの熱い感想コメントに注目!! オープンリーゲイとして創作を続ける現代歌人協会賞受賞作家・小佐野彈の自伝的青春小説が本日発売。

恋に恋せよ! 少年の戸惑いと悩みを赤裸々綴った内容に共感の声続々!

「親ガチャ」大当たり! なのに、どうしてこんなにつらいんだろう。
有名企業の経営者一族に生まれ、何不自由ない学生生活を送る「僕」。性愛の対象が同性であることに気付いたとき、それまで抱えていた違和感が明確になっていく。超美少女に告白されても応えられない自分への焦り、意中の男性に告白しては振られてばかりの高校生活、絶対的な味方だと思っていた母との軋轢──オープンリーゲイとして創作を続ける著者が描く、セクシャリティに戸惑う少年のリアルな青春。

 性愛の対象が同性であることに気付いたのは、中学生の頃だった。「グループ企業の御曹司」として生まれ、「幼稚舎から慶應」のセレブ人生。はたから見れば順風満帆な人生でも、「BLみたいな恋がしたい!」という唯一の夢だけが叶わない。BLマンガのようにはならなかった初恋、出会い系サイトでの冒険、大失恋に家族への露見――。数々の出会いと別れを経て、「お金持ちのダンくん」は、歌人・小佐野彈へと成長していく。

 触れないでください、胸に割れそうな水風船を隠しています 

 抱き合えばきっとどちらもやわらかい あなたの胸も僕の背中も

 憐れみと迷いと愛をぐちゃぐちゃに混ぜればできる 青という色

 胸を焦がす切ない思い詰め込んだ短歌とともに綴られる青春物語を、俳優・町田啓太さんや『明け方の若者たち』の著者でWEBライターのカツセマサヒコさんも絶賛。芥川賞作家の上田岳弘さんは「誰しもがいろいろなものを失う、けれど誰しもが歌えるわけではない」(「波」2021年12月号より)と評している。

 青春のきらめきと鮮やかさ、切なさと残酷さを濃縮した、恋愛小説の新たな傑作が誕生しました!
 


■あらすじ
性愛の対象が同性であることに気付いたのは、中学生の頃だった――。
 有名企業の経営者一族に生まれ、何不自由ない学生生活を送っているフリをしていた「僕」だったが、ある日、同級生男子への思いを綴った「妄想ノート」がクラスの女子に見つかってしまい……。同級生への初恋、出会い系サイトでの冒険、そして人生初の大失恋に想像もしなかった形でのアウティング――。折々で胸に沸き起る狂おしいほどの恋情を歌にしながら、「恋に恋する」ゲイの「僕」が、出会いと別れを経て大人になっていく過程を、瑞々しい短歌と90年代カルチャー満載で描く自伝的青春小説。

 

■著者紹介
小佐野 彈(オサノ ダン)

1983年東京・世田谷生まれ。1997年、慶應義塾中等部在学中に作歌を始める。慶應義塾大学経済学部卒。大学院進学後に台湾にて起業。現在、台湾台北市在住。2017年「無垢な日本で」で第60回短歌研究新人賞受賞。2018年、第一歌集『メタリック』(講談社)刊行。2019年第12回「(池田晶子記念)わたくし、つまりNobody賞」、第63回現代歌人協会賞受賞。2019年6月に初の小説『車軸』(集英社)刊行。また、俵万智、野口あや子との共編書に『ホスト万葉集』『ホスト万葉集 巻の二』がある。最新歌集は『銀河一族』(短歌研究社刊11月30日発売)。
 

■書籍データ
【タイトル】僕は失くした恋しか歌えない
【著者】小佐野彈 
【造本】四六版(272ページ)
【価格】1870円(税込み)
【発売日】2021年11月29日
【URL】https://www.shinchosha.co.jp

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社新潮社 >
  3. 町田啓太さん、カツセマサヒコさんの熱い感想コメントに注目!! オープンリーゲイとして創作を続ける現代歌人協会賞受賞作家・小佐野彈の自伝的青春小説が本日発売。