トリップアドバイザー「インバウンドトレンド調査」を発表

~高まる中国人旅行者の日本への関心、 日本の都道府県で最も外国人旅行者からの関心が高まった県は石川県~

世界最大の旅行口コミサイト「TripAdvisor®」(トリップアドバイザー、本社:マサチューセッツ州ニュートン、NASDAQ:TRIP、CEO:ステファン・カウファー、日本語版サイト:http://www.tripadvisor.jp/)は、トリップアドバイザーの日本のページへの海外からのアクセス状況等をベースに、訪日意欲が高いと思われる国や、世界の旅行者から注目を集める県を示す「インバウンドトレンド調査」を発表しました。他の国を遥かにしのぐ中国からの訪日旅行の関心度の高さが顕著になったほか、石川県などが特に注目を集め始めていることが分かりました。

 

中国が日本に更なる観光ブームをもたらす

海外のトリップアドバイザーユーザーの日本のページへのアクセス状況をもとに前年と比較したセッション数の増加率を算出し、訪日旅行関心度が高い国と地域を10位までランキング化したところ、他に抜きん出た中国人旅行者の関心度の高さが顕著になりました。

日本政府観光局(JNTO)が今年1月に発表したデータによると、2015年には過去最高となる1973万人の訪日外国人旅行者が日本を訪れていていますが、そのうち499万人は中国からの旅行者で、中国人旅行者は今や訪日外国人旅行者全体の4分の1を占めるまでになりました。トリップアドバイザーのデータを見ると、2015年3月から2016年2月にかけて、日本のサイトを閲覧していた中国人ユーザーのセッション数は前年に比べ130%も増加。このデータは、日本に関心を持ち、訪日旅行を検討・計画している中国人の数が非常に多いことを示しており、2016年も中国が日本に更なる観光ブームをもたらすことが予想されます。

 その他に日本への関心度が高かったアジアの国・地域は、シンガポール、インドネシア、台湾などでした。また、カナダやスペイン、イタリア、イギリスといった長距離旅行者の間でも訪日旅行の関心は高まっています。

 

セッション数から見る日本への関心度が高まった国・地域トップ10

※2014年3月1日から2015年2月28日の1年間と、2015年3月1日から2016年2月29日の1年間のトリップアドバイザーのデータを比較し、日本のページを閲覧したユーザーのセッション数の増加率を算出。小数点以下は四捨五入しています。少なくとも50万以上のセッションを期間内に記録した「国と地域」を対象としています。

石川県が、グローバル旅行者から関心を集める

海外のトリップアドバイザーのユーザーのアクセス状況を分析したところ、外国人旅行者の関心が最も高まった日本の都道府県は石川県でした。海外からの石川県へのセッション数は、前年に比べ59%も増加。次いで茨城県、富山県、鳥取県、佐賀県、岐阜県などにも関心が高まってきていることが分かりました。


セッション数から見る、外国人からの関心が高まった都道府県トップ10

※ 2014年3月1日から2015年2月28日の1年間と、2015年3月1日から2016年2月29日の1年間のトリップアドバイザーのデータを比較し、日本の各都道府県のページを閲覧した海外ユーザーのセッション数の増加率を算出。小数点以下は四捨五入しています。


高く評価される日本の観光施設・観光地

トリップアドバイザー上では旅行に関わる情報が、「泊まる」(宿泊施設)、「観る・遊ぶ」(観光施設・観光地・ツアー)、「食べる」(飲食施設)の3カテゴリに分けて掲載されていますが、海外の旅行者からの関心度が高まった上位10県について、各カテゴリの海外からの旅行者の口コミ評価点の平均を比較してみました。

 結果を見ると、「宿泊施設」「観光施設」「飲食施設」の中では「観光施設」についての口コミ評価点が全10県において最も高い事が分かりました。その中でも最も「観光施設」の評価点が高かったのは宮崎県で、平均評価点は5点満点中4.14点でした。「飲食施設」が最も高く評価されていたのは石川県で、平均評価点は3.92点。そして「宿泊施設」で最も高い評価を受けていたのは3.97点の平均評価点を受けていた兵庫県でした。

 


なお、2015年3月から2016年2月に投稿された外国人旅行者の口コミ評価点・口コミ投稿数をベースに、各県の人気観光施設・観光地Top3を算出したとこと、以下のような結果となりました。
 

※2015年3月1日から2016年2月29日に投稿された外国語の口コミの投稿数・評価点をもとにトリップアドバイザー独自のアルゴリズムで算出。サイト上に掲載されている「観光施設・観光地」を対象とし、ツアーや観光案内所、駅などは除いています。

日本の自然や文化を求める海外の旅行者たち

海外からのユーザーの過去1年間の検索ボリュームをベースに、旅行者がどのようなタイプの観光施設を検索しているかを分析してみたところ、日本の豊かで美しい自然や伝統的な文化、特徴的な名所などについて検索する外国人が多いことが分かりました。

下記のグラフは、各県においてどのようなタイプの観光施設・観光地を海外のユーザーが検索しているかを示しています。全体的には、「自然・アウトドア」、「名所・史跡」、「文化」が楽しめるところを検索する人が多いことが分かります。「ショッピング」について検索している人は総じて少ない状況でした。

中でも岐阜県、石川県の情報を見ている外国人旅行者は、文化的な観光施設に関心を持っていました。茨城県と宮崎県の情報を見ている人は、自然・アウトドアへの関心が抜きんでて高くなっています。富山県の情報を見ている人は、名所・史跡に関心を持っていました。大分県の情報を見ている人は、温泉に特に関心を持っていました。
 

※2015年8月1日から2016年2月29日の半年間にトリップアドバイザーの各県の観光情報ページへの海外ユーザーのセッション数をもとに算出しています。

トリップアドバイザーアジア太平洋地区パートナーシップ ディレクターのアーロン・ハンは次のようにコメントしています。「トリップアドバイザーのインバウンドトレンド調査は、中国人旅行者が今後インバウンド観光の柱になることを再認識するとともに、各県が外国人旅行者にアピールするポイントを発見させてくれます。石川県、茨城県、富山県などへの関心の高まりは、海外の旅行者がもっと日本について知りたいと意欲を持っていることを示しています。外国人旅行者の誘致を強化していきたい県は、自らの県が持つポテンシャルを再認識し、是非トリップアドバイザーを更に活用していただきたいと思います。」


トリップアドバイザーについて
トリップアドバイザーは、旅行者が最高の旅行を計画・予約・実行できるよう、旅のプランニングから予約までをサポートする世界最大*の旅行サイト。何百万もの旅行者のアドバイスと、幅広い旅行の選択肢および数百を超える予約サイトから最安値を検索できるツールとシームレスにつながったプランニング機能を提供しています。世界最大の旅行者のコミュニティとして、世界48の国と地域でサイトを展開し、世界650万軒を超えるホテル、レストラン、観光スポットに対して3億5,000万件以上の口コミ情報を掲載しています。月間ユニークユーザー数は約3億4,000万人**。TripAdvisor, Inc. (本社: 米国マサチューセッツ州ニュートン、NASDAQ:TRIP)は、トリップアドバイザーブランドサイトのほか、以下の24の旅行関連サイトを運営しています: 
http://www.airfarewatchdog.com, http://www.bookingbuddy.com, http://www.cruisecritic.com, http://www.everytrail.com, http://www.familyvacationcritic.com, http://www.flipkey.com, http://www.thefork.com, (含むhttp://www.lafourchette.com, http://www.eltenedor.com, http://www.iens.nl, http://www.besttables.com, http://www.dimmi.com.au) http://www.gateguru.com, http://www.holidaylettings.co.uk,http://www.holidaywatchdog.com,https://www.housetrip.com,http://www.independenttraveler.com, http://www.jetsetter.com, http://www.niumba.com, http://www.onetime.com, http://www.oyster.com, http://www.seatguru.com, http://www.smartertravel.com, http://www.tingo.com, http://www.tripbod.com, http://www.vacationhomerentals.com, http://www.viator.com, http://www.virtualtourist.com
*出典: comScore Media Metrix for TripAdvisor Sites, worldwide, 2016年2月
**出典: TripAdvisor log files, Q1 2016










 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. トリップアドバイザー株式会社 >
  3. トリップアドバイザー「インバウンドトレンド調査」を発表