日本市場で2つの旅程管理アプリ「一般出張者向け『Trip To Go』」「契約企業向け『B-schedule』」を同時リリース

世界で1000万人がダウンロードした旅程管理アプリWorldMateと提携

JTBグループで、ビジネストラベルマネジメント事業を中心に営業展開している株式会社ジェイティービービジネストラベルソリューションズ(本社:東京都江東区 代表取締役社長:竹中 勉/以下、JTB-CWT)は、世界で最も利用されている旅程管理アプリを開発提供するWorldMate社(本社:イスラエル・テルアビブ CEO:Amir Kirshenboim)と提携し、日本向けに同社と共同開発した2つの新しい旅程管理アプリ「Trip To Go」および「B-schedule」を2015年2月9日(月)に同時リリースします。
旅程管理アプリは、主要な航空会社・ホテル・旅行会社からの予約回答メールを、専用のアドレスにそのまま転送することで、1つの日程表に統合され、簡単に旅行スケジュールの管理ができます。

また、フライトの遅延やゲート変更などが発生した場合に、プッシュ通知でお知らせするリアルタイムな情報配信、モバイルチェックイン、渡航先のローカル情報検索、簡単なホテル手配など、各種のサービス機能によって、快適なビジネスの旅を実現します。

<概要>
1.「Trip To Go」(無料・アプリ内での課金あり)
(1)  勤務先の企業から管理されず、個人で手配をされる海外出張者が対象
(2)手配先から入手した予約回答メールを転送することで、アプリにスケジュール登録が可能
(3)ホテルを始め、レンタカー、海外旅行保険、レンタル通信機器などの手配が可能

2.「B-schedule」(完全無料)
(1)JTB-CWTと、基本契約を締結した顧客企業に勤務される海外出張者が対象(利用者限定)
(2)Trip To Goの全ての機能を無料で利用可能
(3)2015年中には、JTB-CWTの基幹システムとのデータ連動を予定

3.旅程管理アプリの主な機能
(1)旅行スケジュールの管理
   主要な航空会社・ホテル・旅行会社から送られて来た予約回答メールを、専用のメール・アドレスに転送す   るだけで、旅程情報がアプリに取り込まれます(現在1,300以上のサプライヤーに対応)。

(2)パーソナルアシスタンス
  ①フライトアラート(フライト情報をリアルタイムに配信)
  ②モバイルチェックイン
  ③フライトスケジュール検索
  ④家族や友人、同僚との旅程共有
  ⑤カレンダー同期
  ⑥ホテルや訪問先を地図上にプロットしルート検索
  ⑦通貨換算、チップ計算など

(3)予約手配
  ①海外および国内ホテル
    ②海外リムジン
  ③海外旅行傷害保険海外レンタル通信機器(携帯電話、Wi-Fiルーター)

今後さらに、「Trip To Go」での予約機能の拡充、「B-schedule」での危機管理や出張管理機能の追加など、継続的な開発を進めることで、旅程管理アプリをビジネストラベル事業における主要なソリューション・ツールと位置づけ、お客様へのさらなるサービスレベル向上を進めてまいります。


◆株式会社JTBビジネストラベルソリューションズについて
JTBビジネストラベルソリューションズは、出張に関連する業務を包括的に受託するBTM(Business Travel Management)を専門に提供する企業として誕生し、2001年からJTBと世界最大手のBTM旅行会社であるカールソンワゴンリートラベル(CWT)との合弁会社として、営業展開しています。
日本のビジネストラベルにおけるリーディングカンパニーとして、現在600社を超える包括契約企業にサービスを提供しています。
 
◆WorlaMate, Inc. について
WorldMateは、2000年にイスラエルで誕生したITベンチャー企業です。旅程管理アプリの開発と販売を行っており、現在ユーザーは1000万人を超えています。ユーザー数、処理トリップ数ともに旅程管理アプリの業界では最大のプレイヤーです。2012年10月にCWTによって買収され、現在100%子会社となっています。
  1. プレスリリースTOP
  2. 株式会社ジェイティービー
  3. 日本市場で2つの旅程管理アプリ「一般出張者向け『Trip To Go』」「契約企業向け『B-schedule』」を同時リリース