国内初、マネージドセキュリティサービスの監視対象に Trend Micro Apex One™ を追加(自社調べ)

SBT
ソフトバンク・テクノロジー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 CEO:阿多 親市、以下 SBT)は、トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン、以下 トレンドマイクロ)の提供する『Trend Micro Apex One™』を、エンドポイントセキュリティ製品の運用監視を行う MSS for EDR に追加し、SBTのセキュリティ専門家による24時間365日体制での運用監視サービスの提供を10月より開始することをお知らせします。マネージドセキュリティサービス(以下 MSS)による Trend Micro Apex One の運用監視は国内初となります。(自社調べ)
■背景
サイバー攻撃が日々巧妙化する昨今、侵入を防御するだけでなく侵害されることを前提とした対策が重要であると考えられています。また働き方改革の取組みの一つとして、テレワークを導入する企業が増加しており、強固なセキュリティに守られた社内ネットワークから切り離されたエンドポイント(端末)が、「危険サイト等へのアクセス」や「IDの乗っ取り」「マルウェア」などの被害に遭う機会が多くなっています。
巧妙化したサイバー攻撃は侵入や被害に気づくことも困難となっており、万が一侵入を許してしまった場合は、高度なスキルを持つ専門家による迅速な原因の特定やインシデント対応を行うことが必須となります。

SBTはトレンドマイクロが提供する Deep Discovery Inspector と Trend Micro Deep Security において MSSによる運用監視サービス提供パートナーとなっています。EDR機能を搭載した Trend Micro Apex One においても、幅広くお客様企業へのタイムリーなインシデントレスポンス支援を行うため、パートナーとしてSBTのセキュリティ専門家による24時間365日の運用監視サービスを提供します。

今回のリリースにあたり、トレンドマイクロ株式会社およびMSS販売パートナーのSB C&S株式会社より以下のコメントをいただいております。


トレンドマイクロ株式会社 取締役副社長 大三川 彰彦
トレンドマイクロはソフトバンク・テクノロジー株式会社が提供するMSS for EDRに「Trend Micro Apex One」が追加されることを歓迎いたします。
ソフトバンク・テクノロジー株式会社は、グローバル監視センターを用いて、海外拠点を持つグローバル企業にもMSSを提供しています。
従来より当社製品によるサーバ・ネットワークの運用監視サービスを提供しているソフトバンク・テクノロジー株式会社がグローバル展開する企業に対してもネットワークからエンドポイントまで当社製品を活用したMSSを提供し、より安全、安心な環境を実現できることを確信しています。

SB C&S株式会社 代表取締役社長 兼 CEO 溝口 泰雄
SB C&S株式会社は、ソフトバンク・テクノロジー株式会社の提供する MSS for EDR に『Trend Micro Apex One™』が追加されることを心より歓迎いたします。今回の追加対応により、お客様企業の幅広いニーズに合わせた高品質なセキュリティサービスの提供ができることを非常に喜ばしく思います。今後もSB C&S株式会社は、ソフトバンク・テクノロジー株式会社と協力してお客様の多様なニーズに応え、お客様のビジネスの成功に貢献してまいります。


SBTは今後も、サイバーレジリエンスの観点から、各種セキュリティ診断サービスや侵入防御ソリューションの提供に加えて、侵入後の検知や対処を可能にするエンドポイント型の対策や、サイバー攻撃を想定した社内体制を強化するCSIRT構築支援まで、お客様の情報資産保護や事業継続をワンストップでサポートいたします。

■Trend Micro Apex One™ について
サイバー攻撃の事前予防(EPP:Endpoint Protection Platform)と事後対処(EDR:Endpoint Detection and Response)を統合し、簡単かつ迅速なインシデント対応を実現する法人向け総合エンドポイントセキュリティ製品です。詳細は下記ページをご覧ください。
https://www.trendmicro.com/ja_jp/business/products/user-protection/sps/endpoint.html

■マネージドセキュリティサービスについて
高度な分析技術と知見を有するSBTのセキュリティアナリストが24時間365日、お客様のセキュリティシステムの運用監視を行います。2018年5月に構築した、SBT独自の脅威検知AIを搭載したログ分析プラットフォームに連携するセキュリティ機器も拡充し、より精度の高い分析や脅威検知のスピード向上などサービスの強化も実施しています。
Trend Micro Apex One における MSS for EDR の詳細は下記ページより順次公開いたします。
https://www.softbanktech.co.jp/service/list/managed-security-service/mss-for-edr/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SBT >
  3. 国内初、マネージドセキュリティサービスの監視対象に Trend Micro Apex One™ を追加(自社調べ)