地域中小企業支援機関と連携した中小企業の売上拡大プログラムを開始

ビジネスマッチング専門人材の育成による販路拡大支援

中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)関東本部は、地域の中小企業・小規模事業者の売上拡大、販路拡大につなげるための支援を、地域中小企業支援機関と連携して開始します。

地域中小企業支援機関自らが、日本の中小企業と国内大手企業、海外企業をつなぐマッチングサイトである「ジェグテック」の機能を活用することにより、地域中小企業の売上拡大等の支援を行うものです。
具体的には、地域中小企業支援機関が以下を行います。
(1)事業提案サポートやブラッシュアップ
(2)大手企業、海外企業などとのマッチングのコーディネート
(3)ジェグテックへの登録サポートや相談受付 など

中小機構関東本部は、地域中小企業支援機関が「ジェグテック」を使った販路開拓支援を円滑に行えるよう、マッチングの専門人材(ジェグテックマイスター(仮称))を育成する研修を行うとともに、地域中小企業支援機関が取り組む活動をサポートいたします。

第1弾として、6月14日(金曜)、一般社団法人首都圏産業活性化協会(TAMA協会)と業務連携・協力に関する覚書を締結し、地域中小企業支援機関と連携した中小企業の売上拡大プログラムを開始します。

<ジェグテックについて>
ジェグテックは、中小機構が運営する中小企業と国内外の企業をつなぐビジネスマッチングサイトです。優れた製品・技術・サービス等を有する中小企業を、国内大手企業やビジネスパートナーとなりうる海外企業などがウェブ上で効率的に探せる仕組みを提供しています。
(URL:https://jgoodtech.jp/pub/ja/

<一般社団法人首都圏産業活性化協会>
経済産業省の産業クラスター計画を推進する機関として1998年4月に設立しました。オープンイノベーションによる産学連携・企業間連携支援、人材育成等を事業内容として主に活動中(本社は東京都八王子市)です。会員は、営利法人・自治体・大学・金融機関・専門家で構成されています。

<独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)>
中小機構は、日本の中小企業政策の総合的かつ中核的な実施機関として、全国の中小企業への支援をトータルで行う経済産業省所管の独立行政法人です。生産性向上や事業承継など様々な課題を抱える中小企業に対して、販路開拓、海外展開、人材育成、事業引継ぎ、その他経営面での助言、情報提供、並びに共済制度、ファンドを通じた資金提供など多様な支援を実施しています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 中小機構 >
  3. 地域中小企業支援機関と連携した中小企業の売上拡大プログラムを開始