「魚焼きグリル」と「炊飯器」―― 便利な定番調理器具を大活用したレシピ集が登場。スイッチひとつで、おいしい料理が手軽に作れます!

荻野恭子、武蔵裕子共著『NHKまる得マガジンMOOK スイッチひとつでこんなにおいしい! 魚焼きグリル&炊飯器 徹底活用レシピ』がNHK出版より刊行。

暮らしに役立つ“お得な”情報を毎月ワンテーマでお届けしている「NHKまる得マガジン」テキストの人気企画が1冊になりました。焼きグリルと炊飯器は、“簡単”と“おいしい”が同時にかなう、すぐれものです。魚を焼くだけ、白ごはんを炊くだけにしか活用しないなんて、なんともったいない!魚ともに食材をセットしてスイッチを入れれば、ほったらかしでもパパッとごちそうの出来上がり。魚焼きグリルでミックスピザ、ハンバーグ、鶏の柚子こしょうグリル、炊飯器でシーフードパエリヤ、カオマンガイ、ビリヤニなど――定番調理器具を使いこなしてつくる、本格&ヘルシーなレシピをご紹介します。

 

(写真:鈴木泰介)(写真:鈴木泰介)

  • 内容紹介
〇肉も野菜もふっくらジューシー――魚焼きグリル

 

(写真:鈴木泰介)(写真:鈴木泰介)

ご家庭の多くのガスコンロに組み込まれている魚焼きグリル。焼き魚になじみのある日本人ならではの発想で生まれたといえる、日本特有の調理器具です。

実はこの魚焼きグリル、魚はもちろんのこと、肉だって野菜だって食材の持ち味を生かしながらおいしく調理できるうえ、「ヘルシー」「時短」までかなう万能調理器具だということをご存じですか?

魚焼きグリルの最大の特徴は、高温調理ができること。一般的な家庭用電気オーブンの最高温度が約200℃なのに対し、ガスの魚焼きグリルは点火後約20秒で300℃以上になり、最高温度は両面焼きのもので400~ 450℃(片面焼きでも300~ 350℃)。

そのため、焼き上がりまでの時間もスピーディー。長く加熱するとシワシワになってしまう野菜や、かたくなりがちな肉や魚介類もふっくらと焼き上がります。また、鶏肉を焼くと、表面はパリッと、中はふっくらジューシーに。

肉や魚介類を魚焼きグリルの網にのせて焼いた場合、余分な脂が網の下に落ちるため、脂分を程よくカット。フライパンで焼く場合とは異なり、油を使わずに調理ができるのもヘルシーでうれしいところです。

とくに野菜の場合、高温で一気に焼くことでうまみや甘みがグンと凝縮。ゆで野菜に比べ、各種ビタミンなど体に大切な栄養成分を逃しません。

〇家にいながら世界のご飯もの紀行――炊飯器

 

(写真:鈴木泰介)(写真:鈴木泰介)

いまや街のスーパーに行けば、あらゆる食材が手に入る時代。世界各国の料理をつくって食卓に並べてみるのも楽しいものです。

その頼もしいパートナーとしておすすめなのが炊飯器。

日本の食卓に欠かせない米は、世界三大穀物のひとつとされ、世界中で親しまれている食材です。品種もさまざま。食べ方には土地ごとの食文化が反映され、野菜の一種としてサラダに入れたりメインディッシュの付け合わせにしたり、デザートの素材に使う地域もあるなど、実にバラエティー豊かです。

なかでも具と一緒に炊き込んだ「炊き込みご飯」は、各地にさまざまなタイプが存在します。

そこで本誌でご紹介するのが、世界各地の炊き込みご飯を、炊飯器で楽しめるように簡単アレンジしたレシピ。「米を入れる」「具材を入れる」「炊き汁を入れる」の3ステップで、メキシカンライス、リゾット、ビリヤニ、プロフ、ビビンバなど、本場の味を再現した炊き込みご飯をつくっていきます。
 

〇スイッチを入れたら、あとは手間いらず
 

魚焼きグリルと炊飯器のよいところは、材料を入れてスイッチをオンにすれば、あとはほぼほったらかしでOKということ(ただし、魚焼きグリルを使用する際は、ガスコンロから離れないようにしましょう)。

魚焼きグリルや炊飯器にがんばってもらっている間に、ほかの料理の下ごしらえをしたり、スープやサラダといったサイドメニューをつくったりすることもできます(とくに本誌の炊飯器編では、相性バッチリのサイドメニューを豊富に紹介しています)。

これほど優秀な調理器具なのに、魚焼きグリルは魚を焼くだけ、炊飯器は白ごはんを炊くだけと決めつけていたら、なんともったいない!

ぜひ本誌を活用して、料理のレパートリーをどんどん増やしていってください。
  • 著者紹介
Part 1 魚焼きグリル
武蔵裕子〈むさし・ゆうこ〉
料理研究家。三世代の家族の食卓を毎日切り盛りしてきた経験に裏打ちされたレシピは、おいしく栄養豊かなだけでなく、効率よくつくれると幅広い世代に人気。15年以上前から魚焼きグリルを使ったレシピをさまざま考案し、魚焼きグリルの幅広い活用法を雑誌やイベントなどを通して発信し続けている。

Part 2 炊飯器
荻野恭子〈おぎの・きょうこ〉
料理研究家、料理教室主宰。アジア、ヨーロッパ、中南米など60にもおよぶ国と地域を訪れ、食文化を研究。市場へ足を運び、現地の主婦やシェフから料理を学ぶなど、自身の体験を通して生み出される料理にファンが多い。
 
  • 目次
Part 1 魚焼きグリルで肉も野菜も万能調理
 おうちで簡単! 石窯風ピザ ―ミックスピザ/しらすピザ ほか
 パリッ!もジューシー!も 肉料理 ―鶏肉の北京ダック風 ほか
 うまみがギュッと 魚介料理 ―簡単アクアパッツァ風 ほか
 素材の甘さを堪能! 焼き野菜 ―ごちそう焼き野菜プレート ほか
 ご飯ものもおまかせ! ―パエリヤ ほか
 一度にたくさん! 時短メニュー ―一度に朝食セット ほか

Part 2 炊飯器で手軽に世界の炊き込みご飯
 スペイン ―シーフードパエリヤ風炊き込みご飯 ほか
 タイ ―カオマンガイ風炊き込みご飯 ほか
 メキシコ ―メキシカンライス風炊き込みご飯 ほか
 イタリア ―きのこリゾット風炊き込みご飯 ほか
 中国 ―中華おこわ風炊き込みご飯 ほか
 ウズベキスタン ―ウズベキスタンプロフ風炊き込みご飯 ほか
 インド ―さばのビリヤニ風炊き込みご飯 ほか
 韓国 ―ビビンバ風炊き込みご飯 ほか
  • 商品情報

出版社:NHK出版
発売日:2021年11月25日(木)
定価:990円(本体900円)
判型:B5判
ページ数:96ページ
ISBN:978-4-14-199305-6
URL:https://www.nhk-book.co.jp/detail/000061993052021.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社NHK出版 >
  3. 「魚焼きグリル」と「炊飯器」―― 便利な定番調理器具を大活用したレシピ集が登場。スイッチひとつで、おいしい料理が手軽に作れます!