ミュゼプラチナム×テクノーブル共同研究ダマスクバラ花エキスとハイビスカス花発酵液による毛穴周辺の抗炎症作用を確認

皮膚の乾燥などを防ぎ、健全な肌状態を保つことが示唆

 全国に167店舗(※1)のサロンを展開し、売上・店舗数(※2)、総合的な満足度No.1(※3)美容脱毛サロン『ミュゼプラチナム』は、株式会社テクノーブル(以下:「テクノーブル」)と共同でダマスクバラ花エキスとハイビスカス花発酵液による肌への効果について研究を進める中で、インフラマソーム(※4)という新しい炎症メカニズムへの作用が確認されました。すぐれた抗炎症効果により、皮膚のうるおいを保ち、毛穴を小さく目立たなくし、なめらかで美しい肌へ導くことができる一因であることが示唆され、第40回日本美容皮膚科学会(2022年8月6~7日にリアルとオンラインのハイブリット開催)にて研究発表を行いました。

 

オンラインにて発表するコスメ事業部 野瀬寛彦オンラインにて発表するコスメ事業部 野瀬寛彦

【 研究結果 】
 ダマスクバラ花エキスとハイビスカス花発酵液の組み合わせは、in vitro(細胞試験)において今まで確認されていた酸化ストレスなどのダメージ抑制効果に加え、インフラマソーム(※4)という新しい炎症メカニズムへの作用が確認されました。また、優れた抗炎症効果により、毛穴周辺の炎症に起因する乾燥などのトラブルを防ぎ、健全な状態を保つことで、皮膚のうるおいを保ち、毛穴を小さく目立たなくし、なめらかで美しい肌へ導くことができる一因であることが示唆されました。
 

 

  • ダマスクバラ花エキスとハイビスカス花発酵液の組み合わせによる UV-B 誘導カスパーゼ-1活性の抑制効果

 線維芽細胞の培養系に試料を添加して培養後、紫外線照射処理によってインフラマソームの形成を誘導し、その結果活性化されるカスパーゼ-1の活性を測定したところ、ダマスクバラ花エキスとハイビスカス花発酵液の組み合わせは、濃度依存的なカスパーゼ-1活性の抑制効果が認められました。

 

  • ダマスクバラ花エキスとハイビスカス花発酵液の組み合わせによる UV-B 誘導IL-1β、IL-18の抑制効果
     
 線維芽細胞の培養系に試料を添加培養し、紫外線照射後に48時間培養した後、その上清中のIL-1β、 IL-18の量をそれぞれELISAキットを用いて測定しました。どちらの因子も、ダマスクバラ花エキスとハイビスカス花発酵液の組み合わせ添加により、有意に抑制されました。

  • まとめ
 ダマスクバラ花エキスとハイビスカス花発酵液の組み合わせは、カスパーゼ-1の活性抑制やIL-1β、IL-18の放出抑制を観察することができました。カスパーゼ-1、IL-1β、IL-18はインフラマソームという皮膚炎症のメカニズムに関わる因子であるため、これらを制御することで、優れた抗炎症効果が期待できます。

 以上の結果から、このような新しいメカニズムにおける抗炎症効果により、毛穴の目立ち等に関する改善効果を示した可能性が示唆されました。
 
  •  研究の背景
 ミュゼプラチナムは、美容脱毛サロンを通じて会員さまの肌悩みに応えるべく、さまざまな商品の開発や研究を行い、保湿ケアの大切さをお伝えしています。理想の美肌を追求する中で、ミュゼコスメの考える美肌とは「毛穴が目立たない肌」、「うるおいに満ちた肌」、「ストレスに負けない肌」、「キメが整った肌」、「ハリ・弾力のある肌」、「透明感のある肌」、「ムダ毛がない肌」であると考え、この定義を「MUTHOD(ミュソッド)」と名付けました。この「MUTHOD」の考えのもと、天然由来の化粧品原料メーカーの株式会社テクノーブルと、化粧品原料についての研究を進めています。

 2020年にはダマスクバラ花エキス、ハイビスカス花発酵液それぞれ単独での効果の他にも、組み合わせることで紫外線ダメージを抑制または回復することについての相乗効果や糖化抑制に関する相乗効果が確認されました。2021年にはダマスクバラ花エキスとハイビスカス花発酵液を配合したローションを塗布することで、皮膚の保湿・バリア機能の改善が見られ、腕の毛穴の面積および体積が小さくなる傾向が確認され、保湿・バリア機能改善により、皮膚中に水分を保持することで毛穴を小さく目立たなくし、なめらかで美しい肌へ導くことができることが示唆されました。
 
 引き続きダマスクバラ花エキスとハイビスカス花発酵液の相乗効果による研究を続け、多くの方の理想の美肌へ導くべく、製品開発を行ってまいります。
 
  • 株式会社テクノーブル について
 美の探求・美の調和・美の共感を大切に、自社で機能性原料の開発や、地球にも人にも優しい天然由来素材の研究により、安心・安全な未来を届けるための研究開発を自社で行い、世界中の人々の心の「美」を追及している企業。
▶株式会社テクノーブルについてはこちら:https://www.technoble.co.jp/
 
  • 『ミュゼコスメ』について
 ミュゼコスメは、421万人以上(※1)のお客さまの肌と向き合い多くの悩みをご相談いただく中で、サロンだけでなくご自宅でも「キレイを叶えるお手伝いがしたい」という想いから誕生した、サロン品質のコスメブランド。ボディとフェイシャルのスキンケアアイテムを中心に、肌悩みや季節に合わせたさまざまな商品を展開しています。
▶ミュゼコスメ公式サイトはこちら:https://museecosme.com/
 
  • 美容脱毛サロン『ミュゼプラチナム』について
“全ての女性のキレイをお手伝いしたい”との想いを込め、2003年に誕生した、高品質の美容脱毛サロン。多くの女性の支持を受け、現在では全国に 167店舗(※1)を展開しています。
▶ミュゼプラチナムについて:https://musee-pla.com/


(※1) 2022年8月末日時点
(※2)東京商工リサーチ調べ(2022年7月調査時点/美容脱毛売上比率50%以上を専門店と定義)
(※3)株式会社日本能率協会総合研究所調べ 2021年10月時点
(※4)さまざまな刺激によって形成されるタンパク質複合体の一種。構造の中にカスパーゼ-1という分解酵素をもち、インフラマソームを形成することでカスパーゼ-1が活性化し、炎症性刺激伝達物質であるIL-1β、IL-18を分泌させる。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ミュゼプラチナム >
  3. ミュゼプラチナム×テクノーブル共同研究ダマスクバラ花エキスとハイビスカス花発酵液による毛穴周辺の抗炎症作用を確認