平成30年度鉱害環境情報交換会を開催

 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:細野 哲弘)は9月20日(木)と21日(金)の両日にわたり、岩手県盛岡市および旧松尾鉱山新中和処理施設において平成30年度鉱害環境情報交換会(JOGMEC金属資源セミナーとの共催)を開催しました。
 JOGMECは、鉱害防止事業の実施者等を対象に鉱害防止対策に関する技術支援や情報提供等の業務を行っており、その一環として「鉱害環境情報交換会」を開催しています。同交換会では、鉱害防止技術情報に関する講演会と鉱害防止関係施設等の見学会を実施しており、関係者間で知見と情報を共有する場として大いに活用されています。

 今回の情報交換会では、「発生源対策に係る新たな取り組み」と題して、JOGMECが自然力活用型坑廃水処理の実証化を目指し硫酸還元菌の働きを利用するJOGMECプロセスの技術開発の進展状況、及び休廃止鉱山における地表水・地下水の流れをシミュレーションにより解明し、坑廃水処理場の処理水の減水化などの対策検討を行う地下水制御技術の調査研究の内容を紹介するため、その対象鉱山(旧松尾鉱山)に近接する盛岡での開催となりました。
 全国より101名(国・地方自治体21名、企業・団体・大学80名)の参加があり、盛大な会合となりました。

 9月20日の講演では、主催者を代表し弊構 金属・石炭事業支援本部長 池田の挨拶ののち、以下の講演を行いました。


一般講演
・グリーン・レメディエーションを活用した休廃止鉱山鉱害防止対策に係る国の取組み
 経済産業省 産業保安グループ 鉱山・火薬類監理官付 金属鉱業等鉱害対策官 長尾 憲治

・JOGMEC 金属環境事業部 平成29年度事業報告
 JOGMEC 金属環境事業部 企画課 課長代理 縄田 透

・自然力活用型坑廃水処理に関する研究開発進捗状況について
 JOGMEC 金属環境事業部 調査技術課 課長代理 濱井 昂弥

専門講演
・松尾中和処理場の概要説明
 JOGMEC 松尾管理事務所 所長 佐藤 直樹

・旧松尾鉱山西側の巨大地すべりと地すべり地下水対策
 岩手大学工学部 社会環境工学科地盤工学研究室 准教授 大河原 正文

・地下水制御・管理対策について
 株式会社 地圏環境テクノロジー 取締役・ソリューション事業部長 田原 康博


 翌21日には、旧松尾鉱山の坑内水の涵養源と推定される大長根の地滑り地帯をアスピーテラインより遠望し、その後JOGMECが鉱害防止事業の一環で行っている旧松尾鉱山新中和処理施設の現場を見学したほか、岩手地熱株式会社の地熱発電所の建設工事現場を見学しました。

 参加者からは「鉱山関連知識のない自分でも理解できる内容であったため大変有意義であった」、「松尾鉱山の歴史や現状、問題点のわかるとても良い機会であった」、「新しい技術を知ることができて十分に勉強となった」などの反響がありました。

 JOGMECはこれからも鉱害防止事業を実施する方々のニーズを把握しながら、持てる機能を最大限に発揮して鉱害防止実施者を支援してまいります。
 

経済産業省 鉱山・火薬類監理官付 長尾 対策官の講演経済産業省 鉱山・火薬類監理官付 長尾 対策官の講演

岩手大学 工学部 社会環境工学科 大河原 准教授の講演岩手大学 工学部 社会環境工学科 大河原 准教授の講演

(株) 地圏環境テクノロジー 田原取締役・ソリューション事業部長の講演(株) 地圏環境テクノロジー 田原取締役・ソリューション事業部長の講演

現地見学会(貯泥ダムより八幡平地すべり方面を望む)現地見学会(貯泥ダムより八幡平地すべり方面を望む)

→全文を読む
http://www.jogmec.go.jp/news/release/news_10_000271.html?mid=pr_181012
  1. プレスリリース >
  2. JOGMEC >
  3. 平成30年度鉱害環境情報交換会を開催