森永乳業の育児ニュース『エンゼル110番レポート第84号』「2019年年間統計」

森永乳業は、時代とともに変化する母親像の理解に役立つことを願い、1993年4月から「エンゼル110番レポート」を発行しています。このレポートでは、育児相談窓口「エンゼル110番*」への相談内容から、育児に関する傾向についてまとめています。

*エンゼル110番とは
「子育て奮闘中のお母さんたちのお役に立ちたい」という思いから、1975年5月に開設した育児相談窓口です。
2020年5月に45周年を迎えます。

今までにお受けした相談件数は約97万件(2019年12月時点)にのぼります。2014年からはフリーダイヤルで相談を受けており、相談者は主にママですが、パパやおじいちゃん、おばあちゃんにも広くご利用いただいています。今回は、2019年の年間統計をもとに、相談の傾向をレポートします。

 

【主な統計結果】
  • 2019年相談件数は13,163件(前年比88.6%)、1ヵ月平均は1,097件。1通話の平均時間は16分5秒。2018年より33秒延びた。
  • エンゼル110番の認知経路は「インターネットで検索」が増加し、55.5%と初めて半数を超えた。
  • 相談内容のうち「相談者自身」だけが、2015年から毎年増加傾向にある。

 

◇エンゼル110番 電話相談運営概要◇
 相談対象:妊娠中~小学校就学前まで

 相談員数:20名(保健師、管理栄養士、心理相談員など)

 ウェブサイト:https://www.angel110.jp/
 

ニュースリリースはこちらより

https://prtimes.jp/a/?f=d21580-20200310-8104.pdf

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 森永乳業株式会社 >
  3. 森永乳業の育児ニュース『エンゼル110番レポート第84号』「2019年年間統計」