パリ ノートルダム大聖堂の大火災被害に対する再建支援実施について

フランス パリにおいて2019年4月15日(現地時間)に発生した火災により、歴史的建造物であるノートルダム大聖堂の一部が焼失し、高さ90メートル余りのせん塔が焼け落ちたほか、屋根の大部分が崩れ落ちる甚大な被害が出ました。
 ジャルパックでは、この被害状況をふまえ、一日も早いノートルダム大聖堂の再建にむけて、下記のとおり支援を実施させていただくこととしました。一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

                       記

2019年5月1日(水)~7月31日(水)出発、「パリを訪れる個人旅行」コースを対象とし、収益の一部から一人あたり1,000円を支援金として「フランス財団(Fondation de France)」(*)へ寄付します。

URL:http://www.jal.co.jp/intltour/eur/fr/
 





 

 

 

国内旅行、海外旅行のジャルパックは、なによりも「お客さま視点」を大切に、"旅のプロ"としてお客さま・旅行会社のみなさまから常に指名される旅行会社を目指してまいります。また、JALグループの一員としてコンプライアンスを遵守し、社員一同団結して広く社会に貢献するべく努めてまいります。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジャルパック >
  3. パリ ノートルダム大聖堂の大火災被害に対する再建支援実施について