「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター意見広告シリーズに「男はつらいよ」の車寅次郎(渥美清)が初登場!

 

「NO MUSIC, NO LIFE!」車寅次郎(渥美清)「NO MUSIC, NO LIFE!」車寅次郎(渥美清)

 タワーレコードの「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター意見広告シリーズ最新版に、今年50周年を迎え、年末に新作が公開される映画「男はつらいよ」の主人公である車寅次郎(渥美清)が登場。このポスターは、タワーレコードおよびTOWERmini全店で7月19日(金)から順次掲出します。
▼タワーレコード オンライン「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスターギャラリー
https://tower.jp/nomusicnolife/

タワレコ40周年企画ポスター第3弾
 タワーレコードの40周年企画として、これまで日本のカルチャーに多大な影響を与えてきた方々にフィーチャーした「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスターを制作。植木等、萩原健一に続き、映画「男はつらいよ」の主人公である車寅次郎(渥美清)が3人目の出演者となります。今回のポスターには、映画「男はつらいよ」50周年プロジェクトの中で偶然発見された若かりし頃の車寅次郎の写真を使用。2019年の寅さんのコメントを山田洋次監督自らポスター用に書き下ろしていただきました。
▼タワーレコード日本上陸40周年記念サイト
https://tr40.jp/

タワーレコード40周年記念施策 ポスタータワーレコード40周年記念施策 ポスター


ポスター制作の背景
 山田洋次監督が映画「男はつらいよ」50周年に対し、「第1作のクラインクインから50年を経たこの時代に観客が映画に求めるのは何か、その要求に、あの幸福だった70年代に生まれた寅さんはどう答えればいいのだろうか。それはきっと『なんとかなる、希望を捨てるな、生きていくんだ』という高い位置からの激励の言葉ではなく『ヤレヤレ、こうやって俺たちは日々人生を生きているのさ』という共感の笑い、苦笑、時として哄笑ではないだろうか。」<「男はつらいよ」50周年プロジェクトに寄せて より>と伝えています。音楽もまた同様に「音は世につれ」と、人々の人生に寄り添い続けているものでもあることを、タワーレコードの日本上陸40周年を機に伝えていきたいと思い、このたびの制作に繋がりました。
 年末の映画公開に向け、タワーレコードではコーポレート・ボイスである「NO MUSIC, NO LIFE.」を和モノに落とし込んだマーチャンダイジング・シリーズ「タワレコじゃぱん」のグッズ制作などで「男はつらいよ」とのコラボレーションを予定しています。 

新作映画情報
最新作『男はつらいよ お帰り 寅さん』は12月27日(金)より公開です。
▼「男はつらいよ50周年プロジェクト」展開中
http://tora-san/50th/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. タワーレコード株式会社 >
  3. 「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター意見広告シリーズに「男はつらいよ」の車寅次郎(渥美清)が初登場!