第93回アカデミー賞®『ノマドランド』が作品賞含め主要3部門、『ソウルフル・ワールド』が長編アニメーション賞含め2部門受賞!

2021年4月25日(米現地時間)に第93回アカデミー賞®の受賞作品が発表され、ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社(本社:東京都港区)が劇場公開中のサーチライト・ピクチャーズの『ノマドランド』が、作品賞、監督賞(クロエ・ジャオ)、主演女優賞(フランシス・マクドーマンド)の主要3部門を受賞いたしました。
また、ディズニー公式動画配信サービス Disney+(ディズニープラス)で配信中のディズニー&ピクサーの『ソウルフル・ワールド』は、長編アニメーション賞、作曲賞(ジョン・バティステ、アッティカス・ロス、トレント・レズナー)の2部門を受賞いたしました。

受賞作品と詳細は以下の通りです。

サーチライト・ピクチャーズの『ノマドランド』は、第78回ゴールデン・グローブ賞で、作品賞(ドラマ部門)、監督賞(映画部門)-クロエ・ジャオの主要2部門の受賞に続き、第93回アカデミー賞®でも、作品賞、監督賞(クロエ・ジャオ)、主演女優賞(フランシス・マクドーマンド)、脚色賞、撮影賞、編集賞の主要6部門にノミネートされ、作品賞、監督賞(クロエ・ジャオ)、主演女優賞(フランシス・マクドーマンド)の合計3部門を受賞いたしました。サーチライト・ピクチャーズとして通算5回目となるアカデミー賞®作品賞の受賞、クロエ・ジャオ監督はアジア人女性として初のアカデミー賞®監督賞受賞となります。

 ディズニープラスで配信中のディズニー&ピクサー最新作『ソウルフル・ワールド』は、息をのむアニメーションの美しさと誰もが胸を打つ物語と音楽で、第78回ゴールデン・グローブ賞で作品賞(アニメーション部門)と音楽賞(映画部門)の2部門を受賞し、第93回アカデミー賞®でも長編アニメーション賞、作曲賞(ジョン・バティステ、アッティカス・ロス、トレント・レズナー)、音響賞(レン・クライス、コーヤ、エリオット、デイヴィッド・パーカー)の3部門にノミネートされ、長編アニメーション賞、作曲賞(ジョン・バティステ、アッティカス・ロス、トレント・レズナー)の2部門で受賞いたしました。これにより、『ソウルフル・ワールド』は、ゴールデン・グローブ賞で作品賞(アニメーション部門)、アニー賞(作品賞)、アカデミー賞®(長編アニメーション賞)と、アニメーション界の主要アワードにて三冠を達成いたしました。

【第93回アカデミー賞® 受賞作品一覧】

© 2021 20th Century Studios. All rights reserved.© 2021 20th Century Studios. All rights reserved.

『ノマドランド』

作品賞
監督賞(クロエ・ジャオ)
主演女優賞(フランシス・マクドーマンド)








 

© 2021 Disney/Pixar© 2021 Disney/Pixar

『ソウルフル・ワールド』(ディズニープラス)
長編アニメーション賞
作曲賞(ジョン・バティステ、アッティカス・ロス、トレント・レズナー)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 >
  3. 第93回アカデミー賞®『ノマドランド』が作品賞含め主要3部門、『ソウルフル・ワールド』が長編アニメーション賞含め2部門受賞!