~やっぱり賞金も差し上げます~「第15回オタク川柳」のネ申(大賞)には「胸像」だけでなく、賞金10万円も贈呈決定

新ドメイン(新gTLD)「.moe」、「.osaka」、「.earth」を運営する、インターネットサービスプロバイダーの株式会社インターリンク (東京都豊島区、代表取締役社長:横山正)は、「第15回 あなたが選ぶオタク川柳大賞」(以下、オタク川柳)のネ申(大賞)に、賞金10万円を贈呈することを決定しました。

オタク川柳では、ネ申(大賞)に選ばれた受賞者には賞金10万円を差し上げておりましたが、現在開催中の第15回におきましては、賞金をご用意せず、‟お金よりも名誉“として賞金の代わりに、大賞受賞者の胸像を作って差し上げることにしました。しかし、胸像授与に対するネット上の反応は、「いらねえぇぇぇぇw」、「胸像するなら金をくれw」、「罰ゲーム」、「推しでもなく、第15代にゃこ式部でもなく、ネ申本人の銅像wwwwwww」、「今年は二位狙いが過熱しそうだにゃーw」など、落胆した声が目立ちました。

この状況を憂慮したインターリンクは、例年通り、ネ申には賞金10万円を贈呈することに決定。「未来永劫取返しのつかぬオタクの証となる胸像」と共に、ネ申に差しあげます。第15回オタク川柳は、2020年1月6日まで川柳を募集中です。オタクの気持ち、生き様、悲哀、喜び、怒り、生活、流行、妄想、一般人には理解できない話などを五・七・五のリズムに乗せ、奮ってご応募ください。

【オタク川柳】 https://575.moe/
応募方法等の 詳細は上記サイトをご確認ください。

【作品募集期間】
2020年1月6日まで  ※一般投票期間2020年1月22日~2月20日、各賞発表2020年2月28日

【オタク川柳 各賞】
ネ申賞(大賞)     胸像 + 100,000円 (1名)
天才(優秀賞)       50,000円 (2名)
職人(佳作)                10,000円 (5名)
特別賞                5,000円分のギフト券 (2名)

【オタク川柳大賞】 https://575.moe/
2004年より開始。第4回のネ申de賞「聞いてない 誰もそこまで  聞いてない」(Vmax:30代)を皮切りに、腐級の名作を輩出しています。第10回のネ申de賞「壁ドンを やってくれるの ルンバだけ」を受賞した、ぴんくのかば氏は、テレビやラジオに出演、更に新聞にも取り上げられ、「アニメ観て 泣く俺を見て 母が泣く」で第9回の同賞を受賞した、れおにだす氏は、情報番組の取材によって、自宅、家族、そして自身の部屋までもがテレビで放映されました(モザイク処理あり)。オタク川柳は、受賞をきっかけにネット以外でも熱い視線を注がれています。ツイッターやネット掲示版では、「デュフフコポォ オウフドプフォ フォカヌポウ」(第7回4位)、「納豆は 大豆にはもう 戻れない」(第9回5位)、「二児の父 夜に見るのは 二次の乳」(第10回2位)」、「バレンタイン(笑) 花火大会(笑) クリスマス(笑)」(第10回11位)、「ンゴゴンゴ ンゴゴンゴゴゴ ゴゴゴゴゴ」(第10回14位)等の「ネ申de賞」以外の作品も、未だ色褪せることなく、その存在感を遺憾なく発揮しています。

【会社概要】
株式会社インターリンク https://www.interlink.or.jp/
日本のインターネット黎明期である1995年よりサービスを開始した、今年で24年目を迎えた老舗ISP。2000年よりドメイン名登録事業を開始、2006年10月、日本で8社目のICANN公認レジストラに認定。2014年1月には、Googleの日本におけるレジストラパートナーとして、日本語初の新gTLD「.みんな」を販売中。4月11日より新gTLD「.moe」の運営を開始。2015年10月には取扱ドメイン数が日本最大となる1,000種類を突破(https://www.gonbei.jp/)。オタク川柳大賞(https://575.moe/)や、社会貢献活動「グラジェネ向け無料iPad 教室」(https://www.genki.pro/)を主催。有限責任事業組合フェムト・スタートアップ(https://femto.vc)にて、ベンチャー企業の支援も積極的に取り組んでいます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社インターリンク >
  3. ~やっぱり賞金も差し上げます~「第15回オタク川柳」のネ申(大賞)には「胸像」だけでなく、賞金10万円も贈呈決定