ラグビー日本代表テストマッチ 日本vsオーストラリア 10/23(土)生中継・LIVE配信!11月はバーバリアンズvsサモア代表も!

国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局、株式会社ジェイ・スポーツ(本社 東京都江東区、代表取締役社長 長谷 一郎、以下「J SPORTS」 ※1)は、10月23日(土)に昭和電工ドーム大分で開催される「ラグビー日本代表テストマッチ2021 日本 vs. オーストラリア」を生中継いたします。また、11月27日(土)にイングランドのトゥイッケナム・スタジアムで開催される「ラグビー オータム・インターナショナルズ 2021 バーバリアンズ vs. サモア代表」を生中継することも決定いたしました。両試合は、PC、スマホ、タブレットで見られる動画配信サービス「J SPORTSオンデマンド」 ※2 でもLIVE配信いたします。
ラグビーワールドカップ2019™から約2年、オーストラリア代表・ワラビーズとのビッグマッチがいよいよやって来ます。
今年6月に約600日ぶりに実戦を行った日本代表は、その後のヨーロッパ遠征ではブリティッシュ&アイリッシュライオンズ、アイルランドと対戦し善戦を見せ、世界トップレベルのチームと互角に戦えることを証明してくれました。この2戦ではリーチ マイケル選手(東芝ブレイブルーパス東京)、田村優選手(横浜キヤノンイーグルス)、稲垣啓太選手(埼玉ワイルドナイツ)など前回のワールドカップカップを経験したリーダー陣が中心となりチームをまとめ、松島幸太朗選手(ASMクレルモン・オーヴェルニュ)、姫野和樹選手(元ハイランダーズ)の海外組が存在感を遺憾なく発揮し、齋藤直人選手(東京サンゴリアス)、シオサイア・フィフィタ選手(花園近鉄ライナーズ)といった初キャップを獲得した選手の台頭も目立ちました。

対戦相手のオーストラリア代表は、今年のザ・ラグビーチャンピオンシップ(南半球4か国対抗戦)で世界王者・南アフリカに連勝した後、アルゼンチンにも連勝して2位となり、現在世界ランキング3位と好調です。トップリーグでプレーしたマイケル・フーパー選手やサム・ケレビ選手、クエイド・クーパー選手など日本に馴染みのある選手もメンバーに名を連ねており、日本代表は過去5度の対戦で接戦さえ演じることができず完敗した難敵です。ピーター・ラブスカフニ選手(クボタスピアーズ船橋・東京ベイ)がキャプテンに就任した新生日本代表は新旧が融合した“ONE TEAM”で、ラグビーワールドカップ2015ブライトンの南アフリカ戦、2019静岡のアイルランド戦に次ぐアップセットを目指します。

また、11月27日に行われる「ラグビー オータム・インターナショナルズ 2021 バーバリアンズ vs. サモア代表」も必見です。
バーバリアンズは1890年にイングランドで創設され、特定のホームグラウンドやクラブハウスなどを持たず試合時のみ編成される伝統と格式のある世界選抜チームです。バーバリアンズに選出されることは非常に名誉であり、日本人は過去に1992年に林敏之氏、1996年に元木由記雄氏、2014年に田中史朗選手、2015年に藤田慶和選手とホラニ龍コリニアシ氏が選ばれています。今回、日本代表が欧州遠征の翌週ということもあり、日本代表選手が選出される可能性が高く注目が集まります。一方のサモア代表は、ラグビーワールドカップ2023フランス大会で、日本代表と同じプールDを戦います。新型コロナウイルスの影響でサモア代表からチーム変更になる可能性もありますが、実現すれば日本代表のライバルとして、彼らの戦いから目が離せません。

ラグビーワールドカップ2019以来となる日本国内でのテストマッチ、100年以上の伝統と多様性をもつバーバリアンズと、日本のライバル・サモア代表の一戦をJ SPORTSでぜひご覧ください。

 

※1 J SPORTSはJ:COMなど全国のケーブルテレビ、BS放送(スカパー! )で約630万世帯が視聴する国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局です
※2 J SPORTSオンデマンドは有料サービスとなります。詳細は、「J SPORTS オンデマンド」で検索ください

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. J SPORTS >
  3. ラグビー日本代表テストマッチ 日本vsオーストラリア 10/23(土)生中継・LIVE配信!11月はバーバリアンズvsサモア代表も!