スマートニュース、新型コロナワクチンの職域接種を7月2日に開始へ 従業員や関係者と同時に渋谷区内の住民や就業者などへ接種を実施

~渋谷区と連携協定を締結し新型コロナワクチンの接種を推進~

スマートニュース株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:鈴木健)は7月2日、新型コロナワクチンの職域接種を開始します。従業員や取引先企業など関係者だけでなく、渋谷区民や渋谷区就業者の方などの接種を同時に受け入れ、5000名規模で職域接種を実施します。

写真(左から):長谷部健 渋谷区長、浜本階生 スマートニュース 共同創業者 取締役COO

対象者は当社関係者と地域の方々です。当社関係者は、従業員と取引先企業と、それぞれの家族です。多様な家族の形態に配慮し、同居以外の家族・パートナーも対象とします。地域の方々は、渋谷区内に在住の方や就業中の方、在学中の方など広く受け入れます。

当社では、コロナ禍において従業員及び当社関係者の健康維持、そして地域社会への貢献を考え、職域接種の実施を決定しました。特に地域の方々に対しては、「炊き出しの精神」でワクチン接種を希望する方を受け入れ、職域接種を通じて新型コロナウイルス感染症の新たな発生を防ぎ、コロナ禍の収束に向けた一助になりたいと考えています。

地域の方々で接種を希望される方は、事前に予約サイトから予約の上、予約日時に接種券、記入済み予診票、本人確認書類を持参し、接種会場である当社渋谷オフィスへお越しいただくことで、接種をお受けいただけます。接種するワクチンは、政府より配布されるモデルナ社製ワクチンです。接種は、医療法人社団 政松会 西麻布インターナショナルクリニックの協力のもと実施します。

当社の職域接種の趣旨に賛同いただき、本日渋谷区と「新型コロナウイルスワクチン接種に関する連携協定」を締結しました。今回の連携協定について、長谷部健・渋谷区長は以下のように話しています。

「渋谷区には、仕事・飲食・ショッピング等で、昼間人口と呼ばれる渋谷区民でない方々も、多く滞在されています。今回、スマートニュース社が始めた、渋谷区内の方々を広く受け入れて接種いただく方式は、昼間人口の多い渋谷区の個性をとらえていただいた取り組みであり、区としても大変感謝しております。一日でも早いコロナ禍が収束のために、引き続き、渋谷区の企業の皆様、区民の皆様、来街者の皆様に、ご協力をお願いいたします」


●スマートニュース 新型コロナワクチン「職域接種」実施概要
実施日時:
【1回目の接種】
7月2日(金)18:00~22:00
7月3日(土)9:00~19:00
7月9日(金)18:00~22:00
7月10日(土)9:00~19:00
7月16日(金)18:00~22:00
7月17日(土)9:00~19:00

【2回目の接種】※当社で1回目の接種をした方のみ対象です。
7月30日(金)18:00~22:00
7月31日(土)9:00~19:00
8月6日(金)18:00~22:00
8月7日(土)9:00~19:00
8月13日(金)18:00~22:00
8月14日(土)9:00~19:00

接種会場:
当社渋谷オフィス 2Fイベントスペース
東京都渋谷区神宮前6-25-16 いちご神宮前ビル 2F

対象者:
【地域(一般)の方】
渋谷区内に在住の方や就業中の方、在学中の方で接種券をお持ちの18歳以上の方

【当社関係者】
当社従業員、当社取引先企業およびそれぞれの家族・パートナー(同居以外含む)で、18歳以上の方

接種方法:
・予約サイトから接種の希望日時を予約
予約サイト https://coubic.com/mcs/883267

・「新型コロナワクチン予防接種についての説明書」を一読し予診票を印刷して記入
説明書 https://www.mhlw.go.jp/content/000782621.pdf
予診票 https://drive.google.com/file/d/1TeluflZPZ2KpaL-w4b3iDWp07sKKQ7jW/view

・以下を持参し予約日時に接種会場へ来訪
ワクチン接種券 ※当社関係者の方は不要です
予診票(記入済のもの)
本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカードなど顔写真入りのもの)

ワクチン:
モデルナ社製ワクチン(政府より配布)

接種協力:
医療法人社団 政松会 西麻布インターナショナルクリニック

接種規模:
5000名

●スマートニュース「職域接種」に関するよくある質問とお問合せ先(フォーム)
SmartNews ヘルプセンター 「スマートニュースの職域接種について」
https://support.smartnews.com/hc/ja/articles/4402879288985
※職域接種の実施内容に変更が生じた場合は、随時こちらのページでご案内します。

●ニュースアプリ「SmartNews」の新型コロナワクチンに関する取り組み
当社が運営するニュースアプリ「SmartNews」では、利用者へワクチン接種の適切な情報取得をサポートするため、自分がいつどこでワクチンを接種できるかが分かり、接種施設が予約できるかなどをお知らせする新型コロナワクチンチャンネルを4月13日に開設し、各種機能の提供を開始しました。
利用者ごとに大規模接種会場を含む集団接種の予約開始や接種開始時期などをお知らせする「ワクチンアラーム」と、利用者がお住まいの地域の接種施設と予約可否を地図で表示する「ワクチンマップ」の二つの機能について、4月13日に新型コロナワクチンチャンネルで提供を開始してから、利用者数は500万人に達しています。

■スマートニュース株式会社について http://about.smartnews.com/
スマートニュース株式会社は、「世界中の良質な情報を必要な人に送り届ける」をミッションに掲げ、2012年6月15日に設立されました。日米5000万ダウンロード(2019年10月末時点)を超えるニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」を運用しています。世界中の膨大な情報を日夜解析し続けるアルゴリズムと、スマートデバイスに最適化された快適なインターフェースを通じて、世界中から集めた良質な情報を、一人でも多くの人々に届けていきたいと考えています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. スマートニュース株式会社 >
  3. スマートニュース、新型コロナワクチンの職域接種を7月2日に開始へ 従業員や関係者と同時に渋谷区内の住民や就業者などへ接種を実施