カラオケ市場シェアNo.1の通信カラオケDAMが発表「平成最後の年末」にカラオケシーンを振り返ろうDAM平成カラオケランキング

~楽曲別1位は「ハナミズキ」、歌手別1位は浜崎あゆみ~

株式会社第一興商は、「平成最後の年末」に合わせて、通信カラオケDAMがサービスを開始した1994年(平成6年)4月から2018年(平成30年)10月までのデータを集計し、「DAM平成カラオケランキング」として発表します。

 

 

 

 

≪Topics≫
■DAM平成カラオケランキング


<楽曲別ランキング TOP50>
 平成で最も歌われた楽曲は、2004年(平成16年)リリースの一青窈「ハナミズキ」となった。徳永英明やMay J.など数多くのアーティストにカバーされており、世代や性別を問わず親しまれている。TOP50のうち、J-POPは39曲、演歌は11曲となった。

<歌手別ランキング TOP10>
 平成で最も歌われた歌手は、“平成の歌姫”こと浜崎あゆみとなった。2位は、ダンス&ヴォーカルグループ・EXILE。なお、“昭和の歌姫”こと美空ひばりは、8位にランクインした。

<年別ランキング1位楽曲リスト(1994年~2018年)>
 坂本冬美の「また君に恋してる」が、2010年(平成22年)に演歌で唯一年別ランキング1位を獲得。2003年(平成15年)と2004年(平成16年)にはSMAP「世界にひとつだけの花」が、2008年(平成20年)と2009年(平成21年)にはGreeeen「キセキ」が、2011年(平成23年)と2012年(平成24年)にはAKB48「ヘビーローテーション」がそれぞれ2年連続1位を獲得した。

<月間1位獲得数ランキング TOP10>
 1994年(平成6年)から2018年(平成30年)の間で、月間ランキング1位になった回数の多い上位10曲を抽出。
 1位に輝いたのはAKB48の「ヘビーローテーション」で、月間1位を22回獲得。

 当ランキングは、当社が提供する通信カラオケDAMの歌唱度数を集計して算出しました。DAMは、全国のカラオケ設置店舗・施設におけるシェアNo.1の業務用通信カラオケ機器です。

■楽曲別ランキング TOP50
調査期間:1994年4月~2018年10月 株式会社第一興商通信カラオケDAM調べ


■歌手別ランキング TOP10
調査期間:1994年4月~2018年10月


■年別ランキング1位楽曲(1994年~2018年)
調査期間:1994年4月~2018年10月
調査方法:通信カラオケDAMにおいて、1994年から2018年までの各年で年間ランキング1位を獲得した楽曲


■月間1位獲得数ランキング TOP10
調査期間:1994年4月~2018年10月
調査方法:1994年4月~2018年10月までの各月月間1位を獲得した回数を集計

 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社第一興商 >
  3. カラオケ市場シェアNo.1の通信カラオケDAMが発表「平成最後の年末」にカラオケシーンを振り返ろうDAM平成カラオケランキング