市立豊中病院運営計画を策定

市立豊中病院は、医療を取り巻く環境が変化する中においても、公立病院、また急性期医療を担う地域の中核病院としての役割を果たすため、診療機能の向上による経常収支の改善に取り組み、持続可能な病院経営をめざします。

市立豊中病院運営計画(令和5年度~令和9年度)の概要

計画策定:令和5年3月
対象期間令和5年度~令和9年度
基本目標:地域医療機関等との連携を一層推進し、地域の中核病院として、急性期医療を
安定的に提供することで地域医療を支えます
取組方針:
Ⅰ.急性期医療を中心とした医療機能の充実
Ⅱ.地域連携の推進
Ⅲ.医療の安全と患者サービスの向上
Ⅳ.安定した経営基盤の確立

◎詳細はホームページをご覧ください。
https://www.city.toyonaka.osaka.jp/hp/shokai/financial/plan/2023-2027.html
 

 


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 豊中市 >
  3. 市立豊中病院運営計画を策定